女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKYO山口達也が事件が報じられた翌日に会見を行ない、自身に対する処分などの報告がありました。

検察による聴取などを控えているため、詳細については同席していたジャニーズ事務所の顧問弁護士より詳しくは話せない旨の釘刺しがありましたが、山口達也は涙をこらえ震えながらながら一生懸命自分の言葉で謝罪の「言葉とTOKYOのメンバーへの思いを語りました。

スポンサードリンク

【処分は無期限謹慎】

山口達也の会見の冒頭、顧問弁護士より無期限の活動停止の処分が下ったことが発表されました。

個人での番組の他にTOKYOとしての番組や福島県の応援、2020東京五輪のフラッグツアーのスペシャルアンバサダなどを務めていましたから、各方面への影響は膨大です。

福島県ではたくさん貼られていたポスターをはがしていた高齢の女性が「福島を本当によく応援してくれていたのに残念だ」と語ってました。誠実なイメージが強かっただけに残念感がすごすぎる。

【事件前に入院していた】

会見で分ったことは、事件が起きたのは2月12日の夜のことだそうです。山口達也は1月15日から飲みすぎが原因で肝臓の数値が高くなってしまっていたことで入院しており、事件当日に退院したばかりでした。

帰宅して入院していたときの荷物の片づけをしていて、一区切りついたのでちょっとお酒を飲み始めたところすっかり酔っ払ってしまい、そこで被害者女性に電話をかけて呼び出したようです。被害者女性らが到着した頃には酩酊状態だったと語りました。

ん~お酒が過ぎて体壊してたのになんで退院するなり酩酊ほど飲むかね。集まった記者からアルコール依存があるのではないかと質問が飛びましたが、本人はアルコール依存はないと思うと言ってますが、疑いはかなり濃厚ではないかと。

これまでも夜のお街で大酒飲んでいる姿がたびたび目撃されており、すぐに酩酊してあまりいい酔い方ではないと言われていたようです。

被害にあった女性に対して、「誘われて断れなかったのかも知れないし、大人の男性が怖かったのかも知れない。警察で聞かれたくないことを聞かれ、1ヶ月以上もつらい思いをさせていたかと思うと本当に申し訳ない」と謝罪しました。

スポンサードリンク

【事件については覚えてない?】

会見中、被害者女性の親御さんからの手紙が読み上げられました。

それによると、非常に許せない気持ちでいるけれど、このことで山口達也のすべてが失われてしまうことは望んでいない 今後はそっとしておいて欲しい とのことでした。

いろいろ質問が投げかけられましたが、山口達也が語るにはほとんど覚えてないとのこと。目が覚めたら女の子たちはいなくなっていたと言ってます。というわけで、被害女性が怖くなって母親に電話をかけたことも親御さんが迎えに来たことも覚えてないと。

捜査中であまり喋れないのだとは思いますが、本当にほぼすべてを覚えてないとしたら肝臓の数値云々以前の問題ではなかろうか。

事件は2月12日に起きましたが、山口達也本人が捜査の対象になっていることを知ったのは3月の末で、事務所に報告があったのは4月のはじめだったそうです。

報告が遅れたことについて、内容が内容なので怖かった。誰に相談していいか分らず、誰にも相談できずにいて遅くなってしまったと釈明しました。

【TOKYOメンバーへの思い】

記者団からTOKYOメンバーへの思いを聞かれたとき、山口達也はメンバー一人ひとりの名前をあげて心からの謝罪と、もし許されるなら、自分の居場所があるならいつかまたTOKYOとして活動したいと率直な気持ちを語りました。

この時山口達也は額から大粒の汗を流し涙を流してましたから、メンバーに対する申し訳なさはかなり大きかったと思います。

4月26日朝の番組で国分太一が山口達也とは連絡がとれていないと語りましたが、TOKYOとしては連帯責任という気持ちがあるようです。

山口達也は会見で連絡が来ているとは思うが見られない、テレビなども見ていないと言ってました。連絡はすべての処分が決まってから改めてするつもりでいるようです。

TOKYOメンバーからもTOKYOとしての謝罪コメントが寄せられました。4人それぞれがコメントしており、山口達也と特に仲が良かった城島リーダーのコメントは情けなさと怒りがにじんでいてちょっと胸がつまった…。

会見を見た限りでは、山口達也は心底反省して後悔して途方に暮れているように見えました。

酔っていたとはいえ、山口達也がやらかしてしまったことは見過ごせることでは決してありません。それでもいつか、TOKYOとして5人揃った姿を見たいと思うのは甘いでしょうか。

スポンサードリンク

TOKYO山口達也の会見で無期限謹慎を発表アルコール依存の疑いが濃厚?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2018/04/yamagutikun.jpg?fit=400%2C272https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2018/04/yamagutikun.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物山口達也  女子高生に対する強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKYO山口達也が事件が報じられた翌日に会見を行ない、自身に対する処分などの報告がありました。 検察による聴取などを控えているため、詳細については同席していたジャニーズ事務所の顧問弁護士より詳しくは話せない旨の釘刺しがありましたが、山口達也は涙をこらえ震えながらながら一生懸命自分の言葉で謝罪の「言葉とTOKYOのメンバーへの思いを語りました。 スポンサードリンク 【処分は無期限謹慎】 山口達也の会見の冒頭、顧問弁護士より無期限の活動停止の処分が下ったことが発表されました。 個人での番組の他にTOKYOとしての番組や福島県の応援、2020東京五輪のフラッグツアーのスペシャルアンバサダなどを務めていましたから、各方面への影響は膨大です。 福島県ではたくさん貼られていたポスターをはがしていた高齢の女性が「福島を本当によく応援してくれていたのに残念だ」と語ってました。誠実なイメージが強かっただけに残念感がすごすぎる。 【事件前に入院していた】 会見で分ったことは、事件が起きたのは2月12日の夜のことだそうです。山口達也は1月15日から飲みすぎが原因で肝臓の数値が高くなってしまっていたことで入院しており、事件当日に退院したばかりでした。 帰宅して入院していたときの荷物の片づけをしていて、一区切りついたのでちょっとお酒を飲み始めたところすっかり酔っ払ってしまい、そこで被害者女性に電話をかけて呼び出したようです。被害者女性らが到着した頃には酩酊状態だったと語りました。 ん~お酒が過ぎて体壊してたのになんで退院するなり酩酊ほど飲むかね。集まった記者からアルコール依存があるのではないかと質問が飛びましたが、本人はアルコール依存はないと思うと言ってますが、疑いはかなり濃厚ではないかと。 これまでも夜のお街で大酒飲んでいる姿がたびたび目撃されており、すぐに酩酊してあまりいい酔い方ではないと言われていたようです。 被害にあった女性に対して、「誘われて断れなかったのかも知れないし、大人の男性が怖かったのかも知れない。警察で聞かれたくないことを聞かれ、1ヶ月以上もつらい思いをさせていたかと思うと本当に申し訳ない」と謝罪しました。 スポンサードリンク 【事件については覚えてない?】 会見中、被害者女性の親御さんからの手紙が読み上げられました。 それによると、非常に許せない気持ちでいるけれど、このことで山口達也のすべてが失われてしまうことは望んでいない 今後はそっとしておいて欲しい とのことでした。 いろいろ質問が投げかけられましたが、山口達也が語るにはほとんど覚えてないとのこと。目が覚めたら女の子たちはいなくなっていたと言ってます。というわけで、被害女性が怖くなって母親に電話をかけたことも親御さんが迎えに来たことも覚えてないと。 捜査中であまり喋れないのだとは思いますが、本当にほぼすべてを覚えてないとしたら肝臓の数値云々以前の問題ではなかろうか。 事件は2月12日に起きましたが、山口達也本人が捜査の対象になっていることを知ったのは3月の末で、事務所に報告があったのは4月のはじめだったそうです。 報告が遅れたことについて、内容が内容なので怖かった。誰に相談していいか分らず、誰にも相談できずにいて遅くなってしまったと釈明しました。 【TOKYOメンバーへの思い】 記者団からTOKYOメンバーへの思いを聞かれたとき、山口達也はメンバー一人ひとりの名前をあげて心からの謝罪と、もし許されるなら、自分の居場所があるならいつかまたTOKYOとして活動したいと率直な気持ちを語りました。 この時山口達也は額から大粒の汗を流し涙を流してましたから、メンバーに対する申し訳なさはかなり大きかったと思います。 4月26日朝の番組で国分太一が山口達也とは連絡がとれていないと語りましたが、TOKYOとしては連帯責任という気持ちがあるようです。 山口達也は会見で連絡が来ているとは思うが見られない、テレビなども見ていないと言ってました。連絡はすべての処分が決まってから改めてするつもりでいるようです。 TOKYOメンバーからもTOKYOとしての謝罪コメントが寄せられました。4人それぞれがコメントしており、山口達也と特に仲が良かった城島リーダーのコメントは情けなさと怒りがにじんでいてちょっと胸がつまった…。 会見を見た限りでは、山口達也は心底反省して後悔して途方に暮れているように見えました。 酔っていたとはいえ、山口達也がやらかしてしまったことは見過ごせることでは決してありません。それでもいつか、TOKYOとして5人揃った姿を見たいと思うのは甘いでしょうか。 スポンサードリンク世の中のあれこれについて好きなことを言ってます