謝罪会見クイズ

ニュースを見ているとどこかの企業なりお役所なりが謝罪会見を開いていて、普段は偉そうにふんぞり返っているであろう壮年のおじさま達が頭を下げているのを毎日目にします。あまりにたくさん見るので、謝罪会見には奇妙なデジャブ感すら持ってしまいますね。

謝って済めば警察は要らん!見飽きた!

というわけで、謝罪会見クイズを作ってみました。全部分かった人は相当なニュース好きだと思います。答えは記事の一番下ですよん。

スポンサードリンク

【記憶に残る食の安全編】

口に入れるものが絡む不祥事は、我が身に直結してくる部分もあるので世間の関心が高く、記憶にも残りやすいですね。

問題1
次の4つの謝罪会見の企業名は何だったでしょう。
(1)
01

苦虫を噛み潰したような顔のメガネ氏の発言が印象的でした。

(2)
02

いままで聞いたこともなかった名前が一躍有名になりました。

(3)
03

これを会見と言っていいのか若干の疑問がありますが。

(4)
04

いまや伝説となった(?)ささやき女将です。

【何がチャンスか分かりません】

問題2

バラエティで活躍中の元サッカー日本代表の前園真聖の謝罪会見です。非常に神妙な面持ちで謝罪会見に臨んだゾノでしたが、ある一言で世間から「ゾノって案外あほの子なんだ…」と思われてしまいました。
ゾノは何と言ったのでしょう。

05

それまでちょっと強面の元日本代表ってポジションでしたが、この謝罪会見を機にアホの子キャラとして認知された感があります。

【あれはいつだったかしら】

問題3

次に挙げる謝罪会見を、古い順に並べ替えてください。

(1)

1-1

 

(2)

1-2

(3)

1-3

(4)

1-4

 

(5)

1-5

(6)

1-6

世間を大いに騒がせた事案ばかりです。謝罪会見とは、おじさんの頭のてっぺんを見るイベントと言ってもいいかも知れません。

 

スポンサードリンク

【答えあわせ】

問題1の答え

(1)ミートホープ
2007年に起きた北海道の食品加工会社による偽装事件です。内部告発によって発覚しました。

調べてみると出るわ出るわ、賞味期限ラベルの貼り換えはもとより、腐った肉を細切れにして少しずつ他の肉に混ぜて出荷したり、牛100%と表示されたミンチに豚肉やパン粉を混ぜて水増ししたりと、日本国内で行なわれていたとは思えない悪行三昧。

会見であくまですっとぼける社長(画像右)の横で たまりかねたように息子の専務(画像左)が「社長、本当のことを言ってください」と発言したことが印象的でした。

(2)リッツカールトン大阪
2013年に発覚したメニュー表示とは異なる食材が使われていた食材偽装問題です。

入手困難なはずの芝エビの代わりに使われていた安価で手に入るバナメイエビが話題に。
今後、バナメイエビが不漁で代わりに芝エビが豊漁なんてことが起きたら、バナメイエビの代わりに芝エビが使われるのでしょうか。

(3)フーズ・フォーラス 焼肉酒家えびす
2011年4月に起きたユッケ集団食中毒事件です。

食中毒発覚当初は強気だった創業者の勘坂氏ですが、死者が相次いで出たことでみるみるやつれてきて、最後にはへろへろになりながらの号泣土下座会見。

ふれでぃ
これがジャンピング土下座の始祖と言われています

tum子
ウソですよー

(4)船場吉兆
2007~2008年に起きた賞味期限偽装・食べ残し料理の使いまわし事件。

いろいろな謝罪会見を目にしますが、吉兆の謝罪会見を越える謝罪会見はもう出てこないんじゃないかという伝説的な会見でした。ささやき女将は現在もご存命であります。

関西では昔から食べ物を無駄にしない「しまつ」の考えが根強くあります。偽装や食べ残しの使い回しを指示した経営陣は骨の髄まで浪速の商人だったんでしょう。

ささやき女将こと湯木佐知子氏はマスコミに対し、「食べ残しゆうのとは違います。手付かずのお料理と言うてください」と言ってましたが、出された側にしてみればどっちでも一緒です はい。

ぽちゃの山
高級料亭の料理を残すとか バカじゃねーの?あり得ねー!

tum子
そこに食いつくか普通

問題2の答え

「どろよい」

2013年10月に飲みすぎて酔っ払った挙句にタクシーの運転手に暴行をはたらいたかどで逮捕されてしまった前園真聖。謝罪会見で「泥酔(でいすい)」を「どろよい」と発言。

確かにどろよいってよく聞きますが、こういう席で使うべき言葉ではありません。しかしゾノはそれを知らなかった模様(涙)アホの子確定。

問題3の答え

(2)(3)(1)(5)(6)(4)の順

(2)は1997年の山一證券の謝罪会見。
利益供与や巨額の損失隠しが明るみに出て、当時日本の四大証券会社の一角を担っていた山一證券は自主廃業に追い込まれたのですが、会見の席で野澤正平社長は「社員は悪くありませんから」と号泣。

山一證券の廃業で北海道拓殖銀行がとばっちりを食って経営破たんしてしまいました。

(3)は2011年11月に起きた大王製紙の巨額融資カジノ事件。
大王製紙の御曹司である井川意高会長が、カジノで遊ぶために複数の子会社から巨額の融資を受けていたことが明らかになった呆れた事件でした。てめ、金持ちだからって何してもいいと思うなよ。
大王製紙2

カジノで遊んで勝ちゃあまだいいけど106億円も負けてどうすんだって話です。
この件で会長を辞任した井川氏は、芸能界とも深いつながりがあったそうで、獄中から発表された懺悔録『熔ける』には酒池肉林のとーーーっても豪華な交友関係が実名入りで書かれていると話題になりました。

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

実は、大王製紙は2008年に古紙偽装事件でも謝罪会見を行なっています。このときの謝罪会見には井川意高氏も深々と頭を下げてました。皮肉なもんです。

(1)は理研の「STAP細胞はありまぁす」に対する論文撤回の謝罪会見です。2014年3月。STAP細胞論文事件そのものは2014年2月に発生しました。

夢の若返り細胞発見!のニュースは小じわに悩むわたくしの心をうきうきと躍らせてくれましたが、まことに残念な結末でありました。

(5)は2014年7月のベネッセコーポレーションの個人情報大量流出事件。
2070万件に及ぶ個人情報が社内に出入りしていた人物によって持ち出されたこの事件は、ベネッセという会社の性格上主な顧客情報が就学前~の子どもであることで世のパパさんママさんの不安を大いにあおりました。

(6)は2015年7月の東芝の不適切な会計処理問題。
2009年3月~2014年12月までの間に合計1518億円もの利益の水増しが行われていたことが第三者委員会により報告され発覚しました。これにより社長・前社長・前々社長が芋づる式に辞任しています。社訓に『不正の励行』が掲げられているといわれても仕方がないですね。

9月に臨時の株主総会が開かれましたがそこでも会計報告が出来ず、「天下の東芝がなんという有様だ!」と怒号が飛んだそうです。確か20年くらい前は、一番いいPCは東芝製って時代があったと思うのですが、今やこの体たらく。

(4)は2015年10月、連日ニュースをにぎわしている旭化成のマンション傾斜問題の謝罪会見です。

ずれた手すりが映っている動画を見ていて「この手すり 見たことある…」と思ったのですが、震災の影響でずれたことになってたと聞いてなるほどと思いました。

保障内容が破格だと海外では話題になっているようですが、そーゆう問題ではないような気がします。私は土木工学はさっぱり分かりませんが、杭1本にどれだけの負荷がかかるか、なんてことは当然計算されていたと思います。てことは、万一杭が支持層に届いてないとどうなるかも分かってたんだろうなと。

届いてないのを承知でマンション建てたわけじゃないとは思いますが、人生で一番大きな買い物といわれる「家」を買うためにいろいろ精査してここなら!と信頼して買われたご家庭の気持を思うと なんとも言えない気分になってしまいますね。

謝罪会見をたくさん集めたクイズ、いくつ分かりましたか?

スポンサードリンク

連日の謝罪会見の多さにうんざりしたのでクイズを作ってさしあげたわ!https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/10/c8dee91ca4d56c058a640cd2cd6e9920.jpg?fit=500%2C308https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/10/c8dee91ca4d56c058a640cd2cd6e9920.jpg?resize=150%2C150アイーダニュースおじさん,多い,謝罪会見
ニュースを見ているとどこかの企業なりお役所なりが謝罪会見を開いていて、普段は偉そうにふんぞり返っているであろう壮年のおじさま達が頭を下げているのを毎日目にします。あまりにたくさん見るので、謝罪会見には奇妙なデジャブ感すら持ってしまいますね。 謝って済めば警察は要らん!見飽きた! というわけで、謝罪会見クイズを作ってみました。全部分かった人は相当なニュース好きだと思います。答えは記事の一番下ですよん。 スポンサードリンク 【記憶に残る食の安全編】 口に入れるものが絡む不祥事は、我が身に直結してくる部分もあるので世間の関心が高く、記憶にも残りやすいですね。 問題1 次の4つの謝罪会見の企業名は何だったでしょう。 (1) 苦虫を噛み潰したような顔のメガネ氏の発言が印象的でした。 (2) いままで聞いたこともなかった名前が一躍有名になりました。 (3) これを会見と言っていいのか若干の疑問がありますが。 (4) いまや伝説となった(?)ささやき女将です。 【何がチャンスか分かりません】 問題2 バラエティで活躍中の元サッカー日本代表の前園真聖の謝罪会見です。非常に神妙な面持ちで謝罪会見に臨んだゾノでしたが、ある一言で世間から「ゾノって案外あほの子なんだ…」と思われてしまいました。 ゾノは何と言ったのでしょう。 それまでちょっと強面の元日本代表ってポジションでしたが、この謝罪会見を機にアホの子キャラとして認知された感があります。 【あれはいつだったかしら】 問題3 次に挙げる謝罪会見を、古い順に並べ替えてください。 (1)   (2) (3) (4)   (5) (6) 世間を大いに騒がせた事案ばかりです。謝罪会見とは、おじさんの頭のてっぺんを見るイベントと言ってもいいかも知れません。   スポンサードリンク 【答えあわせ】 問題1の答え (1)ミートホープ 2007年に起きた北海道の食品加工会社による偽装事件です。内部告発によって発覚しました。 調べてみると出るわ出るわ、賞味期限ラベルの貼り換えはもとより、腐った肉を細切れにして少しずつ他の肉に混ぜて出荷したり、牛100%と表示されたミンチに豚肉やパン粉を混ぜて水増ししたりと、日本国内で行なわれていたとは思えない悪行三昧。 会見であくまですっとぼける社長(画像右)の横で たまりかねたように息子の専務(画像左)が「社長、本当のことを言ってください」と発言したことが印象的でした。 (2)リッツカールトン大阪 2013年に発覚したメニュー表示とは異なる食材が使われていた食材偽装問題です。 入手困難なはずの芝エビの代わりに使われていた安価で手に入るバナメイエビが話題に。 今後、バナメイエビが不漁で代わりに芝エビが豊漁なんてことが起きたら、バナメイエビの代わりに芝エビが使われるのでしょうか。 (3)フーズ・フォーラス 焼肉酒家えびす 2011年4月に起きたユッケ集団食中毒事件です。 食中毒発覚当初は強気だった創業者の勘坂氏ですが、死者が相次いで出たことでみるみるやつれてきて、最後にはへろへろになりながらの号泣土下座会見。 (4)船場吉兆 2007~2008年に起きた賞味期限偽装・食べ残し料理の使いまわし事件。 いろいろな謝罪会見を目にしますが、吉兆の謝罪会見を越える謝罪会見はもう出てこないんじゃないかという伝説的な会見でした。ささやき女将は現在もご存命であります。 関西では昔から食べ物を無駄にしない「しまつ」の考えが根強くあります。偽装や食べ残しの使い回しを指示した経営陣は骨の髄まで浪速の商人だったんでしょう。 ささやき女将こと湯木佐知子氏はマスコミに対し、「食べ残しゆうのとは違います。手付かずのお料理と言うてください」と言ってましたが、出された側にしてみればどっちでも一緒です はい。 問題2の答え 「どろよい」 2013年10月に飲みすぎて酔っ払った挙句にタクシーの運転手に暴行をはたらいたかどで逮捕されてしまった前園真聖。謝罪会見で「泥酔(でいすい)」を「どろよい」と発言。 確かにどろよいってよく聞きますが、こういう席で使うべき言葉ではありません。しかしゾノはそれを知らなかった模様(涙)アホの子確定。 問題3の答え (2)(3)(1)(5)(6)(4)の順 (2)は1997年の山一證券の謝罪会見。 利益供与や巨額の損失隠しが明るみに出て、当時日本の四大証券会社の一角を担っていた山一證券は自主廃業に追い込まれたのですが、会見の席で野澤正平社長は「社員は悪くありませんから」と号泣。 山一證券の廃業で北海道拓殖銀行がとばっちりを食って経営破たんしてしまいました。 (3)は2011年11月に起きた大王製紙の巨額融資カジノ事件。 大王製紙の御曹司である井川意高会長が、カジノで遊ぶために複数の子会社から巨額の融資を受けていたことが明らかになった呆れた事件でした。てめ、金持ちだからって何してもいいと思うなよ。 カジノで遊んで勝ちゃあまだいいけど106億円も負けてどうすんだって話です。 この件で会長を辞任した井川氏は、芸能界とも深いつながりがあったそうで、獄中から発表された懺悔録『熔ける』には酒池肉林のとーーーっても豪華な交友関係が実名入りで書かれていると話題になりました。 熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 実は、大王製紙は2008年に古紙偽装事件でも謝罪会見を行なっています。このときの謝罪会見には井川意高氏も深々と頭を下げてました。皮肉なもんです。 (1)は理研の「STAP細胞はありまぁす」に対する論文撤回の謝罪会見です。2014年3月。STAP細胞論文事件そのものは2014年2月に発生しました。 夢の若返り細胞発見!のニュースは小じわに悩むわたくしの心をうきうきと躍らせてくれましたが、まことに残念な結末でありました。 (5)は2014年7月のベネッセコーポレーションの個人情報大量流出事件。 2070万件に及ぶ個人情報が社内に出入りしていた人物によって持ち出されたこの事件は、ベネッセという会社の性格上主な顧客情報が就学前~の子どもであることで世のパパさんママさんの不安を大いにあおりました。 (6)は2015年7月の東芝の不適切な会計処理問題。 2009年3月~2014年12月までの間に合計1518億円もの利益の水増しが行われていたことが第三者委員会により報告され発覚しました。これにより社長・前社長・前々社長が芋づる式に辞任しています。社訓に『不正の励行』が掲げられているといわれても仕方がないですね。 9月に臨時の株主総会が開かれましたがそこでも会計報告が出来ず、「天下の東芝がなんという有様だ!」と怒号が飛んだそうです。確か20年くらい前は、一番いいPCは東芝製って時代があったと思うのですが、今やこの体たらく。 (4)は2015年10月、連日ニュースをにぎわしている旭化成のマンション傾斜問題の謝罪会見です。 ずれた手すりが映っている動画を見ていて「この手すり 見たことある…」と思ったのですが、震災の影響でずれたことになってたと聞いてなるほどと思いました。 保障内容が破格だと海外では話題になっているようですが、そーゆう問題ではないような気がします。私は土木工学はさっぱり分かりませんが、杭1本にどれだけの負荷がかかるか、なんてことは当然計算されていたと思います。てことは、万一杭が支持層に届いてないとどうなるかも分かってたんだろうなと。 届いてないのを承知でマンション建てたわけじゃないとは思いますが、人生で一番大きな買い物といわれる「家」を買うためにいろいろ精査してここなら!と信頼して買われたご家庭の気持を思うと なんとも言えない気分になってしまいますね。 謝罪会見をたくさん集めたクイズ、いくつ分かりましたか? スポンサードリンク