毎年なんとなく注目してしまうAKB総選挙。いつもそれなりにドラマがありますが今年はNMB須藤凛々花の突然の結婚宣言という爆弾が投下されてネットは大荒れになっております。なんでよりによって総選挙の時なん?

AKBグループの一員でいたけりゃ恋愛禁止という鉄の掟をすっ飛ばしての結婚宣言は、アイドルってものの世界観が音を立てて崩れていくのを目の当たりにした気分ですが、相手の男性は実は結婚までは考えてないらしいとの話も。

スポンサードリンク

【なぜ総選挙の時に宣言?】

一周まわってニーチェが好きな哲学者志望という須藤凛々花は偏差値67という超お利口さん高校を出て2013年のドラフト会議を経てNMB入りした20歳の才女アイドルでございます。

ドラフト会議前の自己アピール動画を見かけた記憶がありますが、ずいぶん強気なことを言う子だなという印象があってAKBグループにさほど興味のない私ですがなんとなく名前を覚えてました。

3チームが競合した結果NMB48のさや姉が引き当てたとき「さや姉でかした!」と言われてました。これまでにもたびたび炎上する炎上アイドルではあったものの、まさかこれほどの爆弾を投下するとは誰も思わなかったでしょう。

2017年総選挙では直前まで投票を呼びかけて、結果は昨年の初ランクイン44位から大幅に順位を上げての20位入り。投票のためにファンが費やしたお金は1.000万円を下らんだろうと言われます。それに対しての「心から好きな人ができました」「相手います」「須藤凛々花は結婚します」「先のことはNMBの大人と相談します」じゃあ、ファンの方々にしてみれば詐欺だと言いたい気持ちは理解できます。

ぽちゃの山
裏切られたー懸賞金全部つぎ込んで投票したのにー

tum子
りりぽん推しだったのね…

なんでよりによって総選挙の時に発表したのか。

実は須藤凛々花が恋愛禁止の掟を破って同棲中というニュースを文春さんがキャッチしており、本が発売される前に自分の口から報告したのではないかと思われます。

過去には指原が総選挙でまさかの4位入りを果たして喜んだのもつかの間、元カレからの画像流出を含む熱愛暴露という憂き目にあって博多に飛ばされたこともありましたから(指原の場合は結果オーライだったわけですが)、20位おめでとう!の直後に奈落に落とされるようなことは避けたかったということかも知れません。

にしても、総選挙の時じゃなくても良かっただろうにと思うのですが。

スポンサードリンク

【相手は乗り気じゃないって?!】

さて、須藤凛々花が結婚します!と言ったそのお相手ですが、20代半ばの医療関係のお仕事をしている(お医者さんではない)元ファンの男性だそうです。

総選挙のステージ上では司会の徳光さんがむりやり「りりぽん結婚おめでとー!」とみんなに言わせてましたが、当のお相手はこの結婚発言に度肝を抜かれたかも。

文春さんはこのお相手に突撃取材を行なっていますが、そこで聞かされたことはなんとも結婚に対して消極的な言葉で、「経済的にも苦しいし、正直…結婚までは…」

自分の気持ちに嘘をつきたくないと総選挙の場で結婚すると宣言した須藤凛々花より、お相手の男性の方が正直な気がする。

まあ、恋愛経験が乏しい女の子は好きな人が出来ると結婚に直結して考えてしまいがちなところが多々あるものです。しかし、結婚って二人でするものですから、相手の気持ちがまだそこまで追いついてない段階で衆人環視の中で宣言されちゃうと…ものすごーく追い込んじゃうんじゃないかなぁ…。


【アイドル世界観の崩壊】

須藤凛々花の結婚宣言の瞬間、渡辺麻友は見てはならないものを目にしたような表情をしてました。この人は誰よりAKB的アイドル像を守ることに厳しいですから、こういう顔になるのも無理はない。

うら若きお嬢さん方がたくさん集まったAKBグループにはご存知のとおり恋愛禁止の鉄の掟があります。

恋に恋するお年頃のお嬢さん方に恋愛するなってのは人権問題だ!という意見もあるようですが、アイドルという存在が特定の誰かのものであってはならないというアイドル世界観を厳格に守ろうと思えばそーゆう掟があってもいいかも知れない。

ルールは破るためにあると昔誰かが言ってましたが、須藤凛々花に限らず実はちゃっかり…というメンバーは他にもいるんでしょう。女癖悪と書いてテゴシと読みたいNEWS手越拓也とのスキー&お泊りスキャンダルの発覚以来、どことなーく影が薄くなった柏木由紀もいたしね。

ただ、柏木由紀は火遊びだったかも知れないけど、結婚ってことになると誰かのものになっちゃうわけで、これはもうAKB的アイドルの定義から完全に外れてしまいます。

須藤凛々花の結婚宣言には肯定的な意見もありますが、揺れるサイリウムを前に歌い踊り、「ファンのみんなが恋人だよー!」と叫んでる子が実は誰かと同棲してて結婚を考えてるかも…と思ったら大枚はたいて応援する気がしなくなる人がぞろぞろ出そう。

アイドルという存在そのものが進化しているのかも知れませんが、夢を売るという点については恒久的に変わらないものであるべきじゃないかと思います。ファンのみんなは好きだけど、一番好きなのは彼氏だよーと内心では思ってる子たちから買う夢ってなんか美しくない。恋愛がしたけりゃアイドル辞めてからしたらいいじゃんと思うのですがね。

スポンサードリンク

NMB須藤凛々花なぜ総選挙で結婚宣言?相手はその気なし?AKB世界観の崩壊が始まったhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/06/sutoririko.jpg?fit=496%2C334https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/06/sutoririko.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物熱愛・結婚結婚,須藤凛々花
毎年なんとなく注目してしまうAKB総選挙。いつもそれなりにドラマがありますが今年はNMB須藤凛々花の突然の結婚宣言という爆弾が投下されてネットは大荒れになっております。なんでよりによって総選挙の時なん? AKBグループの一員でいたけりゃ恋愛禁止という鉄の掟をすっ飛ばしての結婚宣言は、アイドルってものの世界観が音を立てて崩れていくのを目の当たりにした気分ですが、相手の男性は実は結婚までは考えてないらしいとの話も。 スポンサードリンク 【なぜ総選挙の時に宣言?】 一周まわってニーチェが好きな哲学者志望という須藤凛々花は偏差値67という超お利口さん高校を出て2013年のドラフト会議を経てNMB入りした20歳の才女アイドルでございます。 ドラフト会議前の自己アピール動画を見かけた記憶がありますが、ずいぶん強気なことを言う子だなという印象があってAKBグループにさほど興味のない私ですがなんとなく名前を覚えてました。 3チームが競合した結果NMB48のさや姉が引き当てたとき「さや姉でかした!」と言われてました。これまでにもたびたび炎上する炎上アイドルではあったものの、まさかこれほどの爆弾を投下するとは誰も思わなかったでしょう。 2017年総選挙では直前まで投票を呼びかけて、結果は昨年の初ランクイン44位から大幅に順位を上げての20位入り。投票のためにファンが費やしたお金は1.000万円を下らんだろうと言われます。それに対しての「心から好きな人ができました」「相手います」「須藤凛々花は結婚します」「先のことはNMBの大人と相談します」じゃあ、ファンの方々にしてみれば詐欺だと言いたい気持ちは理解できます。 なんでよりによって総選挙の時に発表したのか。 実は須藤凛々花が恋愛禁止の掟を破って同棲中というニュースを文春さんがキャッチしており、本が発売される前に自分の口から報告したのではないかと思われます。 過去には指原が総選挙でまさかの4位入りを果たして喜んだのもつかの間、元カレからの画像流出を含む熱愛暴露という憂き目にあって博多に飛ばされたこともありましたから(指原の場合は結果オーライだったわけですが)、20位おめでとう!の直後に奈落に落とされるようなことは避けたかったということかも知れません。 にしても、総選挙の時じゃなくても良かっただろうにと思うのですが。 スポンサードリンク 【相手は乗り気じゃないって?!】 さて、須藤凛々花が結婚します!と言ったそのお相手ですが、20代半ばの医療関係のお仕事をしている(お医者さんではない)元ファンの男性だそうです。 総選挙のステージ上では司会の徳光さんがむりやり「りりぽん結婚おめでとー!」とみんなに言わせてましたが、当のお相手はこの結婚発言に度肝を抜かれたかも。 文春さんはこのお相手に突撃取材を行なっていますが、そこで聞かされたことはなんとも結婚に対して消極的な言葉で、「経済的にも苦しいし、正直…結婚までは…」 自分の気持ちに嘘をつきたくないと総選挙の場で結婚すると宣言した須藤凛々花より、お相手の男性の方が正直な気がする。 まあ、恋愛経験が乏しい女の子は好きな人が出来ると結婚に直結して考えてしまいがちなところが多々あるものです。しかし、結婚って二人でするものですから、相手の気持ちがまだそこまで追いついてない段階で衆人環視の中で宣言されちゃうと…ものすごーく追い込んじゃうんじゃないかなぁ…。 【アイドル世界観の崩壊】 須藤凛々花の結婚宣言の瞬間、渡辺麻友は見てはならないものを目にしたような表情をしてました。この人は誰よりAKB的アイドル像を守ることに厳しいですから、こういう顔になるのも無理はない。 うら若きお嬢さん方がたくさん集まったAKBグループにはご存知のとおり恋愛禁止の鉄の掟があります。 恋に恋するお年頃のお嬢さん方に恋愛するなってのは人権問題だ!という意見もあるようですが、アイドルという存在が特定の誰かのものであってはならないというアイドル世界観を厳格に守ろうと思えばそーゆう掟があってもいいかも知れない。 ルールは破るためにあると昔誰かが言ってましたが、須藤凛々花に限らず実はちゃっかり…というメンバーは他にもいるんでしょう。女癖悪と書いてテゴシと読みたいNEWS手越拓也とのスキー&お泊りスキャンダルの発覚以来、どことなーく影が薄くなった柏木由紀もいたしね。 ただ、柏木由紀は火遊びだったかも知れないけど、結婚ってことになると誰かのものになっちゃうわけで、これはもうAKB的アイドルの定義から完全に外れてしまいます。 須藤凛々花の結婚宣言には肯定的な意見もありますが、揺れるサイリウムを前に歌い踊り、「ファンのみんなが恋人だよー!」と叫んでる子が実は誰かと同棲してて結婚を考えてるかも…と思ったら大枚はたいて応援する気がしなくなる人がぞろぞろ出そう。 アイドルという存在そのものが進化しているのかも知れませんが、夢を売るという点については恒久的に変わらないものであるべきじゃないかと思います。ファンのみんなは好きだけど、一番好きなのは彼氏だよーと内心では思ってる子たちから買う夢ってなんか美しくない。恋愛がしたけりゃアイドル辞めてからしたらいいじゃんと思うのですがね。 スポンサードリンク