登坂淳一アナ

年が明けてぼちぼち異動の二文字が聞こえてきてますが、一部アナウンサーウォッチャー女子の間で『麿』の愛称で絶大な人気を誇っていたNHKの登坂淳一アナが1月11日付けで退職だそうです。なにやら退職後は民放フジでニュース番組を持つのでは?との噂も。

白髪染めをやめたとたんにみるみる増えた白髪のせいでぱっと見定年間近みたいに見えますが実はまだ46歳。次期エースと目されていた実力の持ち主なのに早々と退職してしまう背景には、無理もないわなぁ…と思ってしまう理由があるようです。

スポンサードリンク

【東京に戻れない?】

登坂淳一 1971年6月10日 東京出身

NHKの人気男性アナウンサー武田真一アナとどうかすれば人気を二分するんじゃないかという有名アナであります。落ち着いた声で定時ニュースを読んでいた頃のりりしい眼差しの素敵だったことったら。

1997年に入局して和歌山放送局を皮切りに大阪→東京アナウンス室→札幌→大阪→鹿児島と各地を点々としているので、全国ネットでそのお顔を拝見できたのは東京時代だけで、2010年3月からは地方局勤務なのですが、それでも人気が衰えないところがある意味すごいわと思ってしまいますな。

報道のNHKで全国ネットで連日ニュースを読んでるってこと自体が実力の証ですから、地方に行って箔をつけてから中央に戻ってNHKの看板アナ確実と見られていたのです。

しかし、聞くところによると2010年に単身赴任した札幌で女性問題を起こしてしまったために東京に戻るのが遅れ、次の赴任地の大阪でももててもてて困るわ状態だったために、これは戻せんなぁ…ということになってしまったのだとか。

スポンサードリンク

【NHKの出世コース】

NHKは全国に放送局があるため、どこに行くことになるか分かりません。新人時代に数年間地方局で「修行」して、そこで力をつけた人が全国ネットの東京アナウンス室に配属されます。

時おり「地方局のてこ入れ」といういことで全国ネットで人気が出てきた中堅どころがごそっと地方に回ることもあるので、地方に異動になったからと言って必ずしも左遷ではありません(本人の希望で地方に行くこともある)。

ただ、登坂アナの場合は札幌の次が大阪でさぁ東京アナウンス室に異動だ!と期待したのに鹿児島に行ってしまったところを見ると、こればかりは左遷と見ざるを得ないかな…と。

定時ニュースを読めるアナは出世コースに乗ってると見ることができますが、NHKの中でホントに出世したなぁと言われるのは夜7時のニュースと夜9時のニュース9、連続する番組のキャスター、大河ドラマのナレーション担当だそうです。

2011年の震災の折に、登坂アナは一時東京に呼び戻されて、特別編成の報道メンバーに加わってニュースを読んでいました。伝える力があるからこその呼び戻しでした。

にも関わらず東京アナウンス室に戻れる気配もない。非常にプライドが高いといわれる『麿』にとっては、鹿児島への左遷は屈辱だったかも知れません。

登坂アナの早期退局は、この先NHKにいても出世の道がないと見切ったからではないかと思われます。

【春からはフジの顔?】

災害報道で地方にいる登坂アナの現場リポートが放映されるとネットが大騒ぎになるほど、『麿』ウォッチャーの皆さんの麿欠乏症は深刻でしたが、春からはフジテレビの夕方のニュース番組を担当するらしいという話が伝わってきました。

フジテレビはずいぶん前から視聴率不振にあえいでおり、あれやこれやと手を打って必死の挽回策を考えています。そんな中での『麿』起用。

…麿ウォッチャーの皆さんは、『NHKの麿』が好きだったのか、それとも どこにいようと麿が好きなのか。

噂では大好きな人と大嫌いな人の両方を多く抱える宮根誠司アナを抜擢しようとしたものの文春さんにすっぱ抜かれてご破算になってしまったため、二の矢として登坂アナと交渉を重ねていたのだとか。なんかもぅ、使えるモノは親でも使えという言葉を思い出してしまった(苦笑)

起用される番組名など詳細は明らかにされていませんが、登坂アナの起用に起死回生を託しているのかもしれません。

ただ、民放に出るようになった登坂アナがすっかりはじけてNHK時代の暴露話なんか始めるようだと、それはそれでこんなん麿じゃない!と思ってしまいそうではありますが。

スポンサードリンク

NHK登坂淳一アナ白髪の『麿』がフジのニュースに起用?早期退職に納得の理由とは?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2018/01/tosaka.jpg?fit=497%2C347https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2018/01/tosaka.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物NHK,アナウンサー,登坂淳一年が明けてぼちぼち異動の二文字が聞こえてきてますが、一部アナウンサーウォッチャー女子の間で『麿』の愛称で絶大な人気を誇っていたNHKの登坂淳一アナが1月11日付けで退職だそうです。なにやら退職後は民放フジでニュース番組を持つのでは?との噂も。 白髪染めをやめたとたんにみるみる増えた白髪のせいでぱっと見定年間近みたいに見えますが実はまだ46歳。次期エースと目されていた実力の持ち主なのに早々と退職してしまう背景には、無理もないわなぁ…と思ってしまう理由があるようです。 スポンサードリンク 【東京に戻れない?】 登坂淳一 1971年6月10日 東京出身 NHKの人気男性アナウンサー武田真一アナとどうかすれば人気を二分するんじゃないかという有名アナであります。落ち着いた声で定時ニュースを読んでいた頃のりりしい眼差しの素敵だったことったら。 1997年に入局して和歌山放送局を皮切りに大阪→東京アナウンス室→札幌→大阪→鹿児島と各地を点々としているので、全国ネットでそのお顔を拝見できたのは東京時代だけで、2010年3月からは地方局勤務なのですが、それでも人気が衰えないところがある意味すごいわと思ってしまいますな。 報道のNHKで全国ネットで連日ニュースを読んでるってこと自体が実力の証ですから、地方に行って箔をつけてから中央に戻ってNHKの看板アナ確実と見られていたのです。 しかし、聞くところによると2010年に単身赴任した札幌で女性問題を起こしてしまったために東京に戻るのが遅れ、次の赴任地の大阪でももててもてて困るわ状態だったために、これは戻せんなぁ…ということになってしまったのだとか。 スポンサードリンク 【NHKの出世コース】 NHKは全国に放送局があるため、どこに行くことになるか分かりません。新人時代に数年間地方局で「修行」して、そこで力をつけた人が全国ネットの東京アナウンス室に配属されます。 時おり「地方局のてこ入れ」といういことで全国ネットで人気が出てきた中堅どころがごそっと地方に回ることもあるので、地方に異動になったからと言って必ずしも左遷ではありません(本人の希望で地方に行くこともある)。 ただ、登坂アナの場合は札幌の次が大阪でさぁ東京アナウンス室に異動だ!と期待したのに鹿児島に行ってしまったところを見ると、こればかりは左遷と見ざるを得ないかな…と。 定時ニュースを読めるアナは出世コースに乗ってると見ることができますが、NHKの中でホントに出世したなぁと言われるのは夜7時のニュースと夜9時のニュース9、連続する番組のキャスター、大河ドラマのナレーション担当だそうです。 2011年の震災の折に、登坂アナは一時東京に呼び戻されて、特別編成の報道メンバーに加わってニュースを読んでいました。伝える力があるからこその呼び戻しでした。 にも関わらず東京アナウンス室に戻れる気配もない。非常にプライドが高いといわれる『麿』にとっては、鹿児島への左遷は屈辱だったかも知れません。 登坂アナの早期退局は、この先NHKにいても出世の道がないと見切ったからではないかと思われます。 【春からはフジの顔?】 災害報道で地方にいる登坂アナの現場リポートが放映されるとネットが大騒ぎになるほど、『麿』ウォッチャーの皆さんの麿欠乏症は深刻でしたが、春からはフジテレビの夕方のニュース番組を担当するらしいという話が伝わってきました。 フジテレビはずいぶん前から視聴率不振にあえいでおり、あれやこれやと手を打って必死の挽回策を考えています。そんな中での『麿』起用。 …麿ウォッチャーの皆さんは、『NHKの麿』が好きだったのか、それとも どこにいようと麿が好きなのか。 噂では大好きな人と大嫌いな人の両方を多く抱える宮根誠司アナを抜擢しようとしたものの文春さんにすっぱ抜かれてご破算になってしまったため、二の矢として登坂アナと交渉を重ねていたのだとか。なんかもぅ、使えるモノは親でも使えという言葉を思い出してしまった(苦笑) 起用される番組名など詳細は明らかにされていませんが、登坂アナの起用に起死回生を託しているのかもしれません。 ただ、民放に出るようになった登坂アナがすっかりはじけてNHK時代の暴露話なんか始めるようだと、それはそれでこんなん麿じゃない!と思ってしまいそうではありますが。 スポンサードリンク世の中のあれこれについて好きなことを言ってます