ギャラクシー街道

10月24日に公開される三谷幸喜監督の新作映画『ギャラクシー街道』。三谷映画らしくいつものように超豪華キャストを揃えて、登場人物全員が宇宙人という突飛な設定のとたばた喜劇です。

ヒットメーカーの三谷監督作品ですから今回も大ヒット間違いなし!…だといいのですが、大きな懸念材料が。ある意味、主演の香取慎吾と三谷監督のバトルと言えるのかも知れません。

スポンサードリンク

【ギャラクシー街道の豪華な布陣】

時は2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーと地球を結ぶ幹線道路「ギャラクシー街道」の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップが舞台です。

一癖もふた癖も三癖もある宇宙人たちが織り成す三谷流スペースファンタジー『ギャラクシー街道』は、三谷映画らしい豪華キャストが勢ぞろいであります。

ギャラクシー街道

主演の香取慎吾は舞台となるハンバーガーショップの店長、その妻を綾瀬はるかが演じます。香取慎吾はこの作品のためにライザップでぎゅぎゅっと身体を絞りこんだとか。芸能界屈指のリバウンダー香取慎吾はいつまで絞ったボディを維持できるんでしょうか。

その他、大竹しのぶ、西田敏行、優香、遠藤憲一、小栗旬、山本耕史、西川貴教、段田安則などなど、そのまんまでも十分個性的な面々が揃っています。

この中で一番ウケたのは、遠藤憲一ふんする強面だけど両性具有のメンデスさんですかね(笑)なにやら子どもを産みそうになってました。見ものです。むちゃくちゃだけど。

三谷監督によると、お話の最後に「誰でも知ってる超人気俳優」がちょこっとだけ出てくるそうです。それが誰なのかは公開されてからじゃないと分からないと思いますが、もしかしたら三谷監督自身が映画の中にも顔を出している、なんてことかも知れません。

tum子
あの監督ならやりそう、言いそう

スポンサードリンク

【三谷監督と香取慎吾がバトル?】

『ギャラクシー街道』では三谷幸喜監督と香取慎吾のバトルが見られそうです。

…といっても、仲たがいしているわけではありません。香取慎吾は三谷監督作品の大河ドラマ『新撰組』でも主役を張ってますし、今年は仲良しの草なぎ剛とともに三谷監督の舞台『burst!~危険なふたり』に出演しています。

三谷監督は役者をまず決めてからその役者のイメージに合わせて台本を書く「当て書き」で執筆することが知られています。映画の宣伝でメディアに出る時にはふざけて見せますが、素顔は非常に神経質で人の好き嫌いがはっきりしている三谷監督ですから、お気に入りじゃなければ何度も主演で起用しないですよね。

mitanikouki2

では、何のバトルかと申しますと…

三谷幸喜と言えば撮る映画が次々大ヒットするヒットメーカーです。これはもう疑いようのないところ。問題は香取慎吾の方にあります。香取慎吾は主演作品がことごとく大コケする闇のフォースの持ち主なのです。

アニメの実写作品がイマイチ振るわないのは香取慎吾の出演に関係なくいつものことなので仕方のないところですが、鳴り物入りだった2010年の『座頭市 THE LAST』や2012年『LOVEまさお君が行く!』は惨憺たる結果で…。

ヒットメーカー対大コケのフォースのバトル、どっちのパワーが勝るのか。香取慎吾にしてみれば、三谷作品に主演して大ヒットを記録できれば、汚名を返上できる絶好のチャンスです。

舞台挨拶で大竹しのぶは、「本当にくだらなくて…何にもない映画」と監督を前にしてえらいことを口走ってました。香取慎吾も「この映画ができて日本のエンターテインメントはどうなってしまうのか?大丈夫か?」と笑いをとってましたが、それくらい頭を空っぽにして観るべきお気楽映画ということなんでしょう。

ただ、どたばたモノを演じると、独特のわざとらしさを感じさせてしまう香取慎吾の演技が、お話全体で浮いてなければいいのですが。とにかく 公開が楽しみです。

スポンサードリンク

三谷幸喜の新作映画ギャラクシー街道は香取慎吾との大バトル必至?https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/10/gyara.jpg?fit=500%2C310https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/10/gyara.jpg?resize=150%2C150アイーダ番組・映画三谷幸喜,俳優,映画,香取慎吾
10月24日に公開される三谷幸喜監督の新作映画『ギャラクシー街道』。三谷映画らしくいつものように超豪華キャストを揃えて、登場人物全員が宇宙人という突飛な設定のとたばた喜劇です。 ヒットメーカーの三谷監督作品ですから今回も大ヒット間違いなし!…だといいのですが、大きな懸念材料が。ある意味、主演の香取慎吾と三谷監督のバトルと言えるのかも知れません。 スポンサードリンク 【ギャラクシー街道の豪華な布陣】 時は2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーと地球を結ぶ幹線道路「ギャラクシー街道」の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップが舞台です。 一癖もふた癖も三癖もある宇宙人たちが織り成す三谷流スペースファンタジー『ギャラクシー街道』は、三谷映画らしい豪華キャストが勢ぞろいであります。 主演の香取慎吾は舞台となるハンバーガーショップの店長、その妻を綾瀬はるかが演じます。香取慎吾はこの作品のためにライザップでぎゅぎゅっと身体を絞りこんだとか。芸能界屈指のリバウンダー香取慎吾はいつまで絞ったボディを維持できるんでしょうか。 その他、大竹しのぶ、西田敏行、優香、遠藤憲一、小栗旬、山本耕史、西川貴教、段田安則などなど、そのまんまでも十分個性的な面々が揃っています。 この中で一番ウケたのは、遠藤憲一ふんする強面だけど両性具有のメンデスさんですかね(笑)なにやら子どもを産みそうになってました。見ものです。むちゃくちゃだけど。 三谷監督によると、お話の最後に「誰でも知ってる超人気俳優」がちょこっとだけ出てくるそうです。それが誰なのかは公開されてからじゃないと分からないと思いますが、もしかしたら三谷監督自身が映画の中にも顔を出している、なんてことかも知れません。 スポンサードリンク 【三谷監督と香取慎吾がバトル?】 『ギャラクシー街道』では三谷幸喜監督と香取慎吾のバトルが見られそうです。 …といっても、仲たがいしているわけではありません。香取慎吾は三谷監督作品の大河ドラマ『新撰組』でも主役を張ってますし、今年は仲良しの草なぎ剛とともに三谷監督の舞台『burst!~危険なふたり』に出演しています。 三谷監督は役者をまず決めてからその役者のイメージに合わせて台本を書く「当て書き」で執筆することが知られています。映画の宣伝でメディアに出る時にはふざけて見せますが、素顔は非常に神経質で人の好き嫌いがはっきりしている三谷監督ですから、お気に入りじゃなければ何度も主演で起用しないですよね。 では、何のバトルかと申しますと… 三谷幸喜と言えば撮る映画が次々大ヒットするヒットメーカーです。これはもう疑いようのないところ。問題は香取慎吾の方にあります。香取慎吾は主演作品がことごとく大コケする闇のフォースの持ち主なのです。 アニメの実写作品がイマイチ振るわないのは香取慎吾の出演に関係なくいつものことなので仕方のないところですが、鳴り物入りだった2010年の『座頭市 THE LAST』や2012年『LOVEまさお君が行く!』は惨憺たる結果で…。 ヒットメーカー対大コケのフォースのバトル、どっちのパワーが勝るのか。香取慎吾にしてみれば、三谷作品に主演して大ヒットを記録できれば、汚名を返上できる絶好のチャンスです。 舞台挨拶で大竹しのぶは、「本当にくだらなくて…何にもない映画」と監督を前にしてえらいことを口走ってました。香取慎吾も「この映画ができて日本のエンターテインメントはどうなってしまうのか?大丈夫か?」と笑いをとってましたが、それくらい頭を空っぽにして観るべきお気楽映画ということなんでしょう。 ただ、どたばたモノを演じると、独特のわざとらしさを感じさせてしまう香取慎吾の演技が、お話全体で浮いてなければいいのですが。とにかく 公開が楽しみです。 スポンサードリンク