片岡愛之助

6月に交際中だった熊切あさ美との破局をめぐって意外に冷淡なところを見せた片岡愛之助が、熱愛を噂されていた藤原紀香との交際をブログで公表しました。

それに続くように藤原紀香も交際を宣言。愛之助は熊切あさ美と交際していたときも包み隠したりしませんでしたからラブリンらしいっちゃらしいのですが、このところようやく立ち直った風の熊切あさ美にしてみればたまったもんじゃないかも…。

スポンサードリンク

【藤原紀香とはいつから?】

今年6月の破局騒動、事の発端は愛之助が藤原紀香と半同棲?!というスクープでした。ということは熊切あさ美とは分かれたのか?!と一気に騒ぎになったのですが、熊切あさ美は涙ながらに「別れ話なんか出てません 意味が分かりません」と言う。

一方の片岡愛之助は、「4月にきっちり話をしてます」と熊切あさ美の言い分とは間逆なことを言うため、「熊切あさ美が可哀想!愛之助はずるい!」という棄女サイドの意見が2割、残り8割の「熊切みっともない」という意見に世間がぱっかり分かれたのでありました。

平べったく見れば、ラブラブアピールが過ぎてうんざりされた熊切あさ美が藤原紀香と二股をかけられて負けた図式に見えますが、愛之助がブログで言うには、『ぼくはこれまで同時に二人の女性を好きになったことはない』だそうです。

破局騒動で迷惑をかけてしまい、いろいろ深い話をしているうちにに絆が強まってお互い大切な存在であることに気がついた。とブログには記されています。
というわけで、のりしろの部分はないと、愛之助は言っているので、額面どおりに受け取れば熊切あさ美と破局してから交際スタートということになります。

愛之助と藤原紀香はもとから飲み友達だったようです。で、熊切あさ美と別れたくなった愛之助が、そのことを藤原紀香に相談していたといういきさつが背後にあるそうです。ただ、「友人であった頃以上に体調面、食事面で僕を支えてくれています」とあることを思うと、完全に別れたわけではないうちから女房役をやっていたのでは?と読めてしまうのは深読みしすぎでしょうか。

滋味井平次老人
ある意味男の優しさかも知れんなぁ

tum子
どこがよー!

スポンサードリンク

【なんでわざわざ公表するかね】

今回の交際公表、熊切あさ美との交際も包み隠さずあっけらかんとしていた愛之助らしいっちゃらしいですが、正直なところ わざわざ公表せんでもいいのに…と少し思ってしまう。もし自分が熊切あさ美の立場だったら、やっとこさ傷口にかさぶたが出来かけてきたところなのに べりっとむしりとるようなもんじゃないのかなと。

破局騒動のときの愛之助は、かつてにこやかに「前向きで素敵な女性ですよ」と熊切あさ美を評した人とは思えない冷たさでした。

男って生き物は少しでもこっちに視線があるうちは逃げれば追ってくることもあるけど、気持ちがなくなって背中を向けられたら何してもアウトというのをまざまざと見せ付けられた気がする。

破局騒動からふた月足らずで新恋人を公表するということは、別れた女がどう思おうが知ったこっちゃないということなんでしょう。あからさまな拒絶って感じ。というか、熊切あさ美はそこまで嫌われたということかも知れません。

この交際発表を受けて、遠慮会釈ないから口の番組などが熊切あさ美にコメントを求めるんでしょうね。きっと「もう吹っ切れてますから」と明るく言うものの、本音ははらわたが煮えくり返ってるんじゃないかな。

【藤原紀香との結婚は?】

片岡愛之助43歳、藤原紀香44歳。二人ともいい加減結婚しましょうよ~という年齢です。当然、年内に結婚か?!なんて憶測が出てきているようです。

が、果たしてそんなに簡単な話になるだろうか。

愛之助と熊切あさ美の破局は、愛之助のひいき筋(後援会)が結婚に反対したことが原因の一つとされました。歌舞伎役者はひいき筋にそっぽ向かれると役者生命にかかわるくらいひいき筋の意向が大きな力を持つとされています。

果たして藤原紀香はひいき筋のお眼鏡にかなうのでしょうか。

熊切あさ美と比べれば、藤原紀香の方がいい女だろうとは思います。藤原紀香は色気がだだ漏れ(最近やや衰えは見えてきましたが)の割には、中身はさばさばした男っぽい人だとも聞きますから、変に依存して重荷になることもなさそうです。

でも、歌舞伎って跡取りの問題がついてまわる世界。藤原紀香の年齢は、失礼ながらこれから結婚して子供を…というにはちょっといきすぎてる。
愛之助自身が養子なので、そこらへんは実子にこだわりがないのかも知れませんが。

ともあれ、超がつくビッグカップルの今後の行方は気になるところです。

スポンサードリンク

片岡愛之助いまブログで藤原紀香と交際宣言で熊切あさ美をコケにする?https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/ainosuke2.jpg?fit=500%2C343https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/ainosuke2.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物俳優,女優,熱愛,片岡愛之助,藤原紀香
6月に交際中だった熊切あさ美との破局をめぐって意外に冷淡なところを見せた片岡愛之助が、熱愛を噂されていた藤原紀香との交際をブログで公表しました。 それに続くように藤原紀香も交際を宣言。愛之助は熊切あさ美と交際していたときも包み隠したりしませんでしたからラブリンらしいっちゃらしいのですが、このところようやく立ち直った風の熊切あさ美にしてみればたまったもんじゃないかも…。 スポンサードリンク 【藤原紀香とはいつから?】 今年6月の破局騒動、事の発端は愛之助が藤原紀香と半同棲?!というスクープでした。ということは熊切あさ美とは分かれたのか?!と一気に騒ぎになったのですが、熊切あさ美は涙ながらに「別れ話なんか出てません 意味が分かりません」と言う。 一方の片岡愛之助は、「4月にきっちり話をしてます」と熊切あさ美の言い分とは間逆なことを言うため、「熊切あさ美が可哀想!愛之助はずるい!」という棄女サイドの意見が2割、残り8割の「熊切みっともない」という意見に世間がぱっかり分かれたのでありました。 平べったく見れば、ラブラブアピールが過ぎてうんざりされた熊切あさ美が藤原紀香と二股をかけられて負けた図式に見えますが、愛之助がブログで言うには、『ぼくはこれまで同時に二人の女性を好きになったことはない』だそうです。 破局騒動で迷惑をかけてしまい、いろいろ深い話をしているうちにに絆が強まってお互い大切な存在であることに気がついた。とブログには記されています。 というわけで、のりしろの部分はないと、愛之助は言っているので、額面どおりに受け取れば熊切あさ美と破局してから交際スタートということになります。 愛之助と藤原紀香はもとから飲み友達だったようです。で、熊切あさ美と別れたくなった愛之助が、そのことを藤原紀香に相談していたといういきさつが背後にあるそうです。ただ、「友人であった頃以上に体調面、食事面で僕を支えてくれています」とあることを思うと、完全に別れたわけではないうちから女房役をやっていたのでは?と読めてしまうのは深読みしすぎでしょうか。 スポンサードリンク 【なんでわざわざ公表するかね】 今回の交際公表、熊切あさ美との交際も包み隠さずあっけらかんとしていた愛之助らしいっちゃらしいですが、正直なところ わざわざ公表せんでもいいのに…と少し思ってしまう。もし自分が熊切あさ美の立場だったら、やっとこさ傷口にかさぶたが出来かけてきたところなのに べりっとむしりとるようなもんじゃないのかなと。 破局騒動のときの愛之助は、かつてにこやかに「前向きで素敵な女性ですよ」と熊切あさ美を評した人とは思えない冷たさでした。 男って生き物は少しでもこっちに視線があるうちは逃げれば追ってくることもあるけど、気持ちがなくなって背中を向けられたら何してもアウトというのをまざまざと見せ付けられた気がする。 破局騒動からふた月足らずで新恋人を公表するということは、別れた女がどう思おうが知ったこっちゃないということなんでしょう。あからさまな拒絶って感じ。というか、熊切あさ美はそこまで嫌われたということかも知れません。 この交際発表を受けて、遠慮会釈ないから口の番組などが熊切あさ美にコメントを求めるんでしょうね。きっと「もう吹っ切れてますから」と明るく言うものの、本音ははらわたが煮えくり返ってるんじゃないかな。 【藤原紀香との結婚は?】 片岡愛之助43歳、藤原紀香44歳。二人ともいい加減結婚しましょうよ~という年齢です。当然、年内に結婚か?!なんて憶測が出てきているようです。 が、果たしてそんなに簡単な話になるだろうか。 愛之助と熊切あさ美の破局は、愛之助のひいき筋(後援会)が結婚に反対したことが原因の一つとされました。歌舞伎役者はひいき筋にそっぽ向かれると役者生命にかかわるくらいひいき筋の意向が大きな力を持つとされています。 果たして藤原紀香はひいき筋のお眼鏡にかなうのでしょうか。 熊切あさ美と比べれば、藤原紀香の方がいい女だろうとは思います。藤原紀香は色気がだだ漏れ(最近やや衰えは見えてきましたが)の割には、中身はさばさばした男っぽい人だとも聞きますから、変に依存して重荷になることもなさそうです。 でも、歌舞伎って跡取りの問題がついてまわる世界。藤原紀香の年齢は、失礼ながらこれから結婚して子供を…というにはちょっといきすぎてる。 愛之助自身が養子なので、そこらへんは実子にこだわりがないのかも知れませんが。 ともあれ、超がつくビッグカップルの今後の行方は気になるところです。 スポンサードリンク