お風呂

蒸し暑くて過酷な日本の夏。
それでなくても汗だらだらなのに、お風呂に入ると余計に暑くてうんざりすることがありますが、シャワーで済ますにしても入らないわけにはいきません。
夏向けのボディソープを使って夏のお風呂タイムを楽しみましょう。

スポンサードリンク

【夏でも洗いすぎには注意です】

汗のべたべたとにおい、たまんないですよね。でも洗いすぎには注意してください。夏は汗のせいで肌が潤っているように感じますが、それは表面だけで実際はそれほど潤っているわけではありません。
あんまりがしがし洗いすぎると、秋になってから肘や膝が粉をふいてしまうこともあります。

夏のボディソープは、すっきりした洗い上がりながらつっぱり感がなくお肌のうるおいをとり過ぎないものがベストです。

【夏場のにおいが気になる男性でもOK】


SOC 竹炭ボディソープ

炭系のボディソープや洗顔料は汚れの吸着力に優れています。このSOC竹炭ボディソープは、洗いあがりにぬるつきがなくすっきり洗いあげますがお肌がつっぱることがありません。

香りは墨汁のようとか竹の匂いとか表現されてますが、それほど強くはないので、科学合成ちっくな香りにうんざりしている方でも大丈夫そうです。

なにより、さすが炭系だけあってデオドラント効果が抜群。朝シャワーとともに使えば、1日体臭や汗のにおいを抑えてくれます。そろそろ脂ぎったおじさん臭が強くなってきたお父さんにもお勧めです。

ひとつ注意点。
竹炭が入っているのでタオルがだんだん黒くなります。
気になるようなら、濃い目の色のタオルを使ったほうがいいかもです。

スポンサードリンク

【せっけんボディソープの優れモノは香りがステキ】

ドラッグストアの目立つコーナーに普通に並んでいる比較的お求めやウイお値段のボディソープやシャンプーにはラウリル硫酸Naという界面活性剤が入っていることが多いです。

ラウリル硫酸Naは、洗浄力が高く安価なため『洗う』ことを目的とした商品によく含まれているのですが、洗浄力が高い反面分子構造が小さく皮膚浸透性があり、体内に留まって悪さをするといわれています。

このためアンチラウリル硫酸Naの方が多くいらっしゃるわけですが、マジックソープのシリーズは非常にお勧め。
小さいお子さんがいらっしゃる方も安心して使っていただけます。

ドクターブロナー Dr.Bronner マジックソープ 236mL 【ペパーミント】 [並行輸入品]

オーガニック派の方ご愛用のナチュラルせっけんボディソープです。たくさん種類がありますが、夏に使うならペパーミントの清涼感を堪能できるこちらがお勧め。
界面活性剤・合成香料不使用なので、身体だけじゃなく顔も洗えます

すーすーするのは苦手…という方は、こちらがいいかも。


マジックソープ シトラスオレンジ 944ml

こちらもぬるぬるすることなくさっぱりした洗いあがりです。柑橘系のさわやかな香りが楽しめます。
お風呂タイムを演出する『香り』って大事ですよね。

【スースー系のシーブリーズ最強アイテム】


シーブリーズ スーパークールボディシャンプー 600ml

いやいや やっぱり夏はスースー系でしょ!そんな方ご愛用のシーブリーズシリーズで一番すーすー度が高いのがこちら。

お風呂から上がってお肌がまだ完全に乾く前が涼しくて最高!という声多数です。ただ刺激が強めなので、お肌の弱い方はご注意を。慣れれば病みつきになりますが、大事なところはしっかり泡立ててから使わないと大変らしい…(笑)

ぷり子
えー 刺激的ぃどきどきするぅ

tum子
キンカン塗ってみ 絶叫するよ

【どこか懐かしい香りに癒されます】

こちらはリーズナブル&甘ったるくない香りでわたし的イチオシ商品です。


植物物語 ハーブブレンドボディソープ ヒーリンググリーン(森)の香り ポンプ 580ml

植物物語のシリーズはどこのドラッグストアにもたいていありますが、このヒーリンググリーンは置かれているところがやや少なめ。

泡立ちがよくて洗いあがりはきゅっとする感じです。
お風呂上りにはほのかに香ります。
よく落ちるのに肌に優しいスグレモノです。

この香りは、男性に愛用者が多いようです。妙にお花畑してないあっさりした香りがうけているんでしょうね。私はこれを初めて使ったとき、子供の頃どこかで嗅いだことのある香りだと思いました。
どこだったかなぁ…散髪屋さんかなぁ。

毎日入るお風呂って、人生の中ではけっこう長時間です。
快適に過ごせるアイテムを選びたいですね。

スポンサードリンク

夏のお風呂タイムにお勧めのさっぱり系ボディソープを集めてみたhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/07/ohuro1.jpg?fit=500%2C296https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/07/ohuro1.jpg?resize=150%2C150アイーダ生活お風呂,ボディソープ,臭い
蒸し暑くて過酷な日本の夏。 それでなくても汗だらだらなのに、お風呂に入ると余計に暑くてうんざりすることがありますが、シャワーで済ますにしても入らないわけにはいきません。 夏向けのボディソープを使って夏のお風呂タイムを楽しみましょう。 スポンサードリンク 【夏でも洗いすぎには注意です】 汗のべたべたとにおい、たまんないですよね。でも洗いすぎには注意してください。夏は汗のせいで肌が潤っているように感じますが、それは表面だけで実際はそれほど潤っているわけではありません。 あんまりがしがし洗いすぎると、秋になってから肘や膝が粉をふいてしまうこともあります。 夏のボディソープは、すっきりした洗い上がりながらつっぱり感がなくお肌のうるおいをとり過ぎないものがベストです。 【夏場のにおいが気になる男性でもOK】 SOC 竹炭ボディソープ 炭系のボディソープや洗顔料は汚れの吸着力に優れています。このSOC竹炭ボディソープは、洗いあがりにぬるつきがなくすっきり洗いあげますがお肌がつっぱることがありません。 香りは墨汁のようとか竹の匂いとか表現されてますが、それほど強くはないので、科学合成ちっくな香りにうんざりしている方でも大丈夫そうです。 なにより、さすが炭系だけあってデオドラント効果が抜群。朝シャワーとともに使えば、1日体臭や汗のにおいを抑えてくれます。そろそろ脂ぎったおじさん臭が強くなってきたお父さんにもお勧めです。 ひとつ注意点。 竹炭が入っているのでタオルがだんだん黒くなります。 気になるようなら、濃い目の色のタオルを使ったほうがいいかもです。 スポンサードリンク 【せっけんボディソープの優れモノは香りがステキ】 ドラッグストアの目立つコーナーに普通に並んでいる比較的お求めやウイお値段のボディソープやシャンプーにはラウリル硫酸Naという界面活性剤が入っていることが多いです。 ラウリル硫酸Naは、洗浄力が高く安価なため『洗う』ことを目的とした商品によく含まれているのですが、洗浄力が高い反面分子構造が小さく皮膚浸透性があり、体内に留まって悪さをするといわれています。 このためアンチラウリル硫酸Naの方が多くいらっしゃるわけですが、マジックソープのシリーズは非常にお勧め。 小さいお子さんがいらっしゃる方も安心して使っていただけます。 ドクターブロナー Dr.Bronner マジックソープ 236mL 【ペパーミント】 オーガニック派の方ご愛用のナチュラルせっけんボディソープです。たくさん種類がありますが、夏に使うならペパーミントの清涼感を堪能できるこちらがお勧め。 界面活性剤・合成香料不使用なので、身体だけじゃなく顔も洗えます。 すーすーするのは苦手…という方は、こちらがいいかも。 マジックソープ シトラスオレンジ 944ml こちらもぬるぬるすることなくさっぱりした洗いあがりです。柑橘系のさわやかな香りが楽しめます。 お風呂タイムを演出する『香り』って大事ですよね。 【スースー系のシーブリーズ最強アイテム】 シーブリーズ スーパークールボディシャンプー 600ml いやいや やっぱり夏はスースー系でしょ!そんな方ご愛用のシーブリーズシリーズで一番すーすー度が高いのがこちら。 お風呂から上がってお肌がまだ完全に乾く前が涼しくて最高!という声多数です。ただ刺激が強めなので、お肌の弱い方はご注意を。慣れれば病みつきになりますが、大事なところはしっかり泡立ててから使わないと大変らしい…(笑) 【どこか懐かしい香りに癒されます】 こちらはリーズナブル&甘ったるくない香りでわたし的イチオシ商品です。 植物物語 ハーブブレンドボディソープ ヒーリンググリーン(森)の香り ポンプ 580ml 植物物語のシリーズはどこのドラッグストアにもたいていありますが、このヒーリンググリーンは置かれているところがやや少なめ。 泡立ちがよくて洗いあがりはきゅっとする感じです。 お風呂上りにはほのかに香ります。 よく落ちるのに肌に優しいスグレモノです。 この香りは、男性に愛用者が多いようです。妙にお花畑してないあっさりした香りがうけているんでしょうね。私はこれを初めて使ったとき、子供の頃どこかで嗅いだことのある香りだと思いました。 どこだったかなぁ…散髪屋さんかなぁ。 毎日入るお風呂って、人生の中ではけっこう長時間です。 快適に過ごせるアイテムを選びたいですね。 スポンサードリンク