Ashley Madison

『人生一度。不倫をしましょう』
倫理観ゼロの衝撃的なキャッチコピーで知られる世界的不倫パートナー紹介サイトのアシュレイ・マディソンから流出した利用者データが、とうとうネット上に公開されたというニュースが流れてきました。

全世界に3800万人以上の登録者をもち、日本会員は170万人とも180万人とも言われるアシュレイ・マディソンは、2013年6月の日本上陸時にはメディアに取り上げられたこともあり興味本位で登録してみた人もいるかも知れませんが、退会したつもりでもデータが残っているケースがかなりあるようです
面白半分で登録してみたというあなた、大丈夫ですか?

スポンサードリンク

【流出から公開まで】

今年7月、カナダに本社を置く世界最大手既婚者向け出会いサイトのアシュレイ・マディソンはハッカー集団によって登録者データを盗まれ、「不倫はよくないからサイトと関連SNSを閉鎖すべし。聞き入れられない場合はデータを公開する」という通告を受けました。流出した情報には、会員の住所・氏名・クレジットカード情報などが含まれているようです(性的趣味嗜好も含まれているという話もあります。それはイヤ過ぎる!)。

公開された情報の中にはアメリカの政府関係者やイギリスの政治家のものと思われるアドレスも含まれているとの情報もあります。日本の政治家のセンセーの情報もあったりなんかして…(あながち冗談では済まなさそうなところが怖い)

アシュレイ・マディソン側はそれを聞き入れず情報流出後もサイトの運営を続けたため、「時間切れです」と情報を公開されてしまった。今回公開された情報は盗まれた情報の一部とのことですが、3800万件のうち3600万件を公開されちゃっているので、それって一部言わんやんっ!という感じです。
公開された情報データは約10Gbという巨大なサイズですが、BitTorrentという転送用プロトコルに置かれていて誰でもダウンロードできるとのこと。ダウンロード用のURLがあっという間に拡散してしまったようです。

参考:情報が流出したかどうかを確認できるチェッカー
Ashley Madison email checker

【退会できてないかも…】

どこの国の出会い系も女性側の金銭的負担が少ないシステムになっていますが、アシュレイ・マディソンに関しては男女ともに登録データを完全に抹消するのに1900円くらいの課金があります。

この、データの抹消が有料ということは、利用規約に明確には書かれていないようでクレームの対象になっているようなのですが、そもそも退会方法が非常に分かりにくく、アカウント削除=データ削除ではないのが問題。アカウントを削除したからデータも消えてると思ってる人がかなりの数いるんじゃなかろうか。1900円払った覚えがない方は、データが漏れた可能性があります。
払っていても漏れていることが判明しました。詳しくはこちらの記事で

本人はもう使わないからとアカウントを削除しても、登録者としてのデータは残ったままですから「登録者数」にはカウントされます。そのため見かけ上は女性登録者の割合が高く見えるようになっているんです。

tum子
男性はばっかみたいにお金がかかる仕組みみたいね

滋味井平次老人
出会えねぇよ!って思うまでにけっこうな額を使っちまったよ

スポンサードリンク

【今でも稼動してますけど?】

これだけ大規模で漏れてもらっちゃ困るデータを流出させ、さらには公開までされてしまったアシュレイ・マディソン、私がコレ書いてる今でもサイトを閉じるでもなく稼動してます。いい度胸だ。

既婚者にターゲットをしぼり情報は完全に守られていますと高らかに謳っておきながらこの始末。保障に関してはまだ何も発表されていません。というか、ともすれば人生を大きく狂わせかねない情報を「公開」までされてしまった責任をどう取るんでしょう。

今後facebookのアカウントが大量に消されるようなら、それは多分アシュレイ・マディソンのせいです(苦笑)
世界的に離婚が増加するようなことがあれば、アシュレイ・マディソン離婚という新語が生まれてくるかも知れません。

スポンサードリンク

不倫サイトのアシュレイ・マディソン利用者情報を公開され退会できてない人が青ざめる?https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/ashurei-1.jpg?fit=496%2C319https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/ashurei-1.jpg?resize=150%2C150アイーダニュースアシュレイ・マディソン,不倫,個人情報,公開
『人生一度。不倫をしましょう』 倫理観ゼロの衝撃的なキャッチコピーで知られる世界的不倫パートナー紹介サイトのアシュレイ・マディソンから流出した利用者データが、とうとうネット上に公開されたというニュースが流れてきました。 全世界に3800万人以上の登録者をもち、日本会員は170万人とも180万人とも言われるアシュレイ・マディソンは、2013年6月の日本上陸時にはメディアに取り上げられたこともあり興味本位で登録してみた人もいるかも知れませんが、退会したつもりでもデータが残っているケースがかなりあるようです。 面白半分で登録してみたというあなた、大丈夫ですか? スポンサードリンク 【流出から公開まで】 今年7月、カナダに本社を置く世界最大手既婚者向け出会いサイトのアシュレイ・マディソンはハッカー集団によって登録者データを盗まれ、「不倫はよくないからサイトと関連SNSを閉鎖すべし。聞き入れられない場合はデータを公開する」という通告を受けました。流出した情報には、会員の住所・氏名・クレジットカード情報などが含まれているようです(性的趣味嗜好も含まれているという話もあります。それはイヤ過ぎる!)。 公開された情報の中にはアメリカの政府関係者やイギリスの政治家のものと思われるアドレスも含まれているとの情報もあります。日本の政治家のセンセーの情報もあったりなんかして…(あながち冗談では済まなさそうなところが怖い) アシュレイ・マディソン側はそれを聞き入れず情報流出後もサイトの運営を続けたため、「時間切れです」と情報を公開されてしまった。今回公開された情報は盗まれた情報の一部とのことですが、3800万件のうち3600万件を公開されちゃっているので、それって一部言わんやんっ!という感じです。 公開された情報データは約10Gbという巨大なサイズですが、BitTorrentという転送用プロトコルに置かれていて誰でもダウンロードできるとのこと。ダウンロード用のURLがあっという間に拡散してしまったようです。 参考:情報が流出したかどうかを確認できるチェッカー Ashley Madison email checker 【退会できてないかも…】 どこの国の出会い系も女性側の金銭的負担が少ないシステムになっていますが、アシュレイ・マディソンに関しては男女ともに登録データを完全に抹消するのに1900円くらいの課金があります。 この、データの抹消が有料ということは、利用規約に明確には書かれていないようでクレームの対象になっているようなのですが、そもそも退会方法が非常に分かりにくく、アカウント削除=データ削除ではないのが問題。アカウントを削除したからデータも消えてると思ってる人がかなりの数いるんじゃなかろうか。1900円払った覚えがない方は、データが漏れた可能性があります。 払っていても漏れていることが判明しました。詳しくはこちらの記事で 本人はもう使わないからとアカウントを削除しても、登録者としてのデータは残ったままですから「登録者数」にはカウントされます。そのため見かけ上は女性登録者の割合が高く見えるようになっているんです。 スポンサードリンク 【今でも稼動してますけど?】 これだけ大規模で漏れてもらっちゃ困るデータを流出させ、さらには公開までされてしまったアシュレイ・マディソン、私がコレ書いてる今でもサイトを閉じるでもなく稼動してます。いい度胸だ。 既婚者にターゲットをしぼり情報は完全に守られていますと高らかに謳っておきながらこの始末。保障に関してはまだ何も発表されていません。というか、ともすれば人生を大きく狂わせかねない情報を「公開」までされてしまった責任をどう取るんでしょう。 今後facebookのアカウントが大量に消されるようなら、それは多分アシュレイ・マディソンのせいです(苦笑) 世界的に離婚が増加するようなことがあれば、アシュレイ・マディソン離婚という新語が生まれてくるかも知れません。 スポンサードリンク