amari3

ニュースに連日登場している甘利明経済再生相。何か悪いことをしたからではなくてきれいにまとまるわけがないTPP交渉のニュースですが、甘利大臣の頭が気になって仕方がありません。

ちょっと前まで黒髪だったと思うのですが、まあいつの間にこんなに白くなっちゃって!交渉が毎度毎度難航することの心労がたたったのね…と思っておりましたが、どうやらそればっかりでもなさそうです。
甘利大臣辞任か?!

スポンサードリンク

【甘利さんって世襲議員なのね】

現在の国会には数えるのが面倒なほど世襲議員がいます。最近とみに独裁者臭がしてきた首相の安倍さん、英語は達者でも日本語が若干不自由なローゼン閣下こと麻生さん、噛んで含めるような口ぶりとどこ見てるのか分からない石破さんetc…

で、甘利さんは、父上が元衆議院議員の甘利正氏だそうです。
甘利さんはソニーに勤務していた時期がありますから一応会社員だったという経歴もあります。

しかし、会社員やってましたと言ってもわずか2年で退職して父上の秘書を9年くらい務めた後、父上の地盤を引き継いで議員さんになったので、一般サラリーマンの気持ちはおよそ分かるまいと思います。

父上は大臣職にはつけませんでしたから、労働大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣なんてのを歴任している甘利さんは父上より出世したということになりましょう。

世襲議員については、出馬制限をかけるべきだという意見もあってあまり好意的に見られてない部分もあります。
確かにゼロスタートで政治家を目指す人から見れば「きったねぇ~」と思ってしまうところもあろうかと思いますが、個人的にはきちんと政治をやってくれれば世襲だろうがぽっと出だろうが一向に構わんと思います。

世襲制限をかけることによって、小泉進次郎自民党イケメン部長のような若くてイキがよくてやり手の議員が減り、代わりに「うっひょ~」の杉村太蔵くんみたいなのが増えても それはそれで困る。

リリコ
BBAが偉そうに政治語ってるよ

tum子
政治家は顔でしょ やっぱり

スポンサードリンク

【甘利さんの頭はどうしたこと?!】

衆議院議員 甘利明の公式サイトです。ポピュリズムに走らない覚悟と信念とビジョンで、プロフェッショナルな政治家としてメッセージを発信し続けます。

甘利明で検索して最初に出てくる甘利明公式サイトの文言。
カタカナ多いな~。政治家ってなんでこんなにカタカナ言葉使いたがるんかな。

甘利さんの顔をよくニュースで見るようになったのは、2013年の環太平洋連携協定(TPP)の頃からじゃないかと思います。
この時、連日深夜に及ぶ日米交渉は紛糾に紛糾を重ねて甘利さんもうへろへろ(涙)

やっとこさ妥結して協議が終わったとき、甘利さんはこう吐き捨てるように言いました。

「もう二度とやりたくない」

この頃の甘利さんはこんな感じでした。

甘利明

そもそも甘利さんっていくつくらいなのかと思ったら、現在65歳。
あ、意外にご高齢でいらっしゃる。
髪が黒々してるからもう少し若く見えますね。

2年前「二度とやりたくない」と言った甘利さんは、今年再びTPP交渉に臨みました。
…適材適所でこの任を負っているのか、はたまた誰もやりたがらないから貧乏くじを引かされたのか。

甘利明

もうすっかりおじいちゃんですよ(涙)
たったの2年でこんなに老け込んじゃって…

これはどうやら、白髪染めをやめた結果こうなったもののようで、心労ばかりと言うわけでもない模様です。で、ついでに髪型も少し変わっています。サイドを以前より短く仕上げてあります。
お陰で眉から上がやけに長いのが目立っちゃいましたが、とりあえず気がつかないことにしておきます。

この頭、見てる側にすればやつれてるように見えてしまいますが、本人的にはまんざらでもないらしく、番組の企画で鈴木奈々の突撃インタビューを受けた際に、甘利さん 髪型についてこう言ってました。

「ジョージクルーニーみたいでしょ♪」

ジョージクルーニー

ぷり子
いくら何でも言いすぎだよねぇ

Tum子
髪の色以外なに一つ共通点がないじゃん

意外におちゃめな一面もある甘利大臣。
2013年の日米交渉時には初期の舌癌が見つかったこともあり、病気が心配なお年頃であります。
諸国との交渉役という難儀なお役目、お疲れ様です。

スポンサードリンク

甘利明経済再生相の白髪はTPP交渉の心労のせいだけではないらしいhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/amari3.jpg?fit=500%2C339https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/08/amari3.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物TPP,政治,甘利明,白髪,議員
  ニュースに連日登場している甘利明経済再生相。何か悪いことをしたからではなくてきれいにまとまるわけがないTPP交渉のニュースですが、甘利大臣の頭が気になって仕方がありません。 ちょっと前まで黒髪だったと思うのですが、まあいつの間にこんなに白くなっちゃって!交渉が毎度毎度難航することの心労がたたったのね…と思っておりましたが、どうやらそればっかりでもなさそうです。 ⇒甘利大臣辞任か?! スポンサードリンク 【甘利さんって世襲議員なのね】 現在の国会には数えるのが面倒なほど世襲議員がいます。最近とみに独裁者臭がしてきた首相の安倍さん、英語は達者でも日本語が若干不自由なローゼン閣下こと麻生さん、噛んで含めるような口ぶりとどこ見てるのか分からない石破さんetc… で、甘利さんは、父上が元衆議院議員の甘利正氏だそうです。 甘利さんはソニーに勤務していた時期がありますから一応会社員だったという経歴もあります。 しかし、会社員やってましたと言ってもわずか2年で退職して父上の秘書を9年くらい務めた後、父上の地盤を引き継いで議員さんになったので、一般サラリーマンの気持ちはおよそ分かるまいと思います。 父上は大臣職にはつけませんでしたから、労働大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣なんてのを歴任している甘利さんは父上より出世したということになりましょう。 世襲議員については、出馬制限をかけるべきだという意見もあってあまり好意的に見られてない部分もあります。 確かにゼロスタートで政治家を目指す人から見れば「きったねぇ~」と思ってしまうところもあろうかと思いますが、個人的にはきちんと政治をやってくれれば世襲だろうがぽっと出だろうが一向に構わんと思います。 世襲制限をかけることによって、小泉進次郎自民党イケメン部長のような若くてイキがよくてやり手の議員が減り、代わりに「うっひょ~」の杉村太蔵くんみたいなのが増えても それはそれで困る。 スポンサードリンク 【甘利さんの頭はどうしたこと?!】 衆議院議員 甘利明の公式サイトです。ポピュリズムに走らない覚悟と信念とビジョンで、プロフェッショナルな政治家としてメッセージを発信し続けます。 甘利明で検索して最初に出てくる甘利明公式サイトの文言。 カタカナ多いな~。政治家ってなんでこんなにカタカナ言葉使いたがるんかな。 甘利さんの顔をよくニュースで見るようになったのは、2013年の環太平洋連携協定(TPP)の頃からじゃないかと思います。 この時、連日深夜に及ぶ日米交渉は紛糾に紛糾を重ねて甘利さんもうへろへろ(涙) やっとこさ妥結して協議が終わったとき、甘利さんはこう吐き捨てるように言いました。 「もう二度とやりたくない」 この頃の甘利さんはこんな感じでした。 そもそも甘利さんっていくつくらいなのかと思ったら、現在65歳。 あ、意外にご高齢でいらっしゃる。 髪が黒々してるからもう少し若く見えますね。 2年前「二度とやりたくない」と言った甘利さんは、今年再びTPP交渉に臨みました。 …適材適所でこの任を負っているのか、はたまた誰もやりたがらないから貧乏くじを引かされたのか。 もうすっかりおじいちゃんですよ(涙) たったの2年でこんなに老け込んじゃって… これはどうやら、白髪染めをやめた結果こうなったもののようで、心労ばかりと言うわけでもない模様です。で、ついでに髪型も少し変わっています。サイドを以前より短く仕上げてあります。 お陰で眉から上がやけに長いのが目立っちゃいましたが、とりあえず気がつかないことにしておきます。 この頭、見てる側にすればやつれてるように見えてしまいますが、本人的にはまんざらでもないらしく、番組の企画で鈴木奈々の突撃インタビューを受けた際に、甘利さん 髪型についてこう言ってました。 「ジョージクルーニーみたいでしょ♪」 意外におちゃめな一面もある甘利大臣。 2013年の日米交渉時には初期の舌癌が見つかったこともあり、病気が心配なお年頃であります。 諸国との交渉役という難儀なお役目、お疲れ様です。 スポンサードリンク