renbutumisako2

フジ『お義父さんと呼ばせて』で遠藤憲一の28歳年下の恋人役を熱演中の蓮佛美沙子。この人って主人公の恋人役がやたら多い印象があります。『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』では木村拓哉の恋人役やってましたしね。役とは言え木村拓哉の彼女ですってよ うらやましいったら(笑い)

とびきり目を引く美人というわけではないので、世間では「かわいくない!」という辛口の意見も見られますが、ちょっと離れ気味の目とか私は可愛いと思います。しかしさっぱり熱愛の噂が聞こえてきません。これはもしや…

スポンサードリンク

【蓮佛美沙子のあと一歩足りない感はなぜ?】

蓮佛美沙子は2007年に映画『転校生―さよなら あなた』、2008年のNHKドラマ『七瀬ふたたび』で主演を果たしました。この2作品はともに以前大ヒットした作品のリメイクで作品そのものに対してかなり固定されたイメージがありますから、半端な力量で演じると大やけどという怖さがあります。

蓮佛美沙子は主役の恋人役のほかにも、主役か主役級の役が多ですし、ずっと以前からドラマなどで見てるような気がして30歳前後くらい?と漠然と思っていたのですが 実は今年25歳、えっ?思ってたよりずっと若い!デビューが2006年だそうですから、今年が10周年ということになります。

しかし、なんだろう あと一歩何かが足りない感じがして、世間的にどーんとはじけてない印象が強いんですよねぇ…。

この理由は何だろう?とつらつら考えてみたのですが、バラエティへの露出が少なくて、素顔の部分があまり見えてこないからではないかな?と思うのです。たまに出演してもテレビ的優等生な感じがする。

ブレイクのきっかけとなるものの最近の傾向って、「あんな役やってたけど素顔はこうなの?!」「すごいイケメンなのに中身が残念」というような「役と素顔のギャップ」であることって多いです。

蓮佛美沙子にもこういうギャップがあれば、親しみやすい顔立ちもあいまってもっと人気が上昇するんじゃないかなぁと思うのですが。

スポンサードリンク

【熱愛の噂はありませんの?】

女優さんもお年頃になれば熱愛の噂の一つや二つ出てくるのが普通です。それがガセネタだったとしても。

キャリア10年の蓮佛美沙子には今のところそれがありません。これはファンの男性にとっては嬉しいことかも知れません。

昨年主演したドラマ『37.5℃の涙』で共演した成宮寛貴とよく2ショットの写真を撮ってUPしていましたが、「お似合いです!」「恋人同士みたい!」という声は多数あったものの噂にすらならず。スペシャルドラマ『大奥』で再共演を果たしてますが、そのときもこれといった噂にはなりませんでしたよね。

renbutu-narimiya

まあ成宮はゲイだという噂もあるのでそういう対象じゃないという見方もあるかもですが…。(個人的には成宮はゲイではないと思っています。ただ、この人はホンモノのSだと思います)

蓮佛美沙子にはその外見からしとやかなイメージがありますが、実際はどこの現場に行っても「少年っぽいね」と言われるそうです。

滋味井平次老人
それはつまり、色気がないと言うことに相違ないか?

tum子
…そうでしょうなぁ。25歳女子にとってはある意味情ないことではあると思いますが…

【もしやファザコン?】

蓮佛美沙子は鳥取生まれであります。小学校まで徒歩40分かかったということなので、けっこう山の方だったんじゃないかと思われます。蓮佛というちょっと変わった苗字は本名ですが、この苗字は鳥取東部に何軒か集中しています。

蓮佛美沙子の子ども時代は木登りをして遊ぶような活発な子どもだったそうですが、母親がとても厳しかったと述懐していました。そのせいで男性に対してもガードが固い可能性もありますが、もう一つ、父親の側にも原因があるかも知れません。

蓮佛美沙子の父親は教員だそうです。父方の祖父も教員だったそうなので、教員一家と言えるかも知れませんね。

これは鳥取で教員をやっている知人から聞いた話ですが、蓮佛美沙子の父親はものすごいイケメンで、若い頃はそのイケメンぶりが新聞に掲載されたこともあったそうです。

renbutumisako

ドラマではイケメンの父親とはかけ離れた強面の遠藤憲一の恋人を演じていますが、もっとも身近なところにそんなイケメンがいる環境で育ったら、大方の男性がジャガイモに見えるかも知れん…。

ただ、こういう色恋の噂のない女性に熱愛彼氏が出来ると、傍目にはっきり分かる変化があったりします。蓮佛美沙子が以前に比べてずいぶんと色気が出てきれいになったなぁと思われるようになったら、熱愛発覚が近い証拠になるかも知れませんね。

スポンサードリンク

蓮佛美沙子かわいくないことないのに熱愛の噂が出ない原因は父親?https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/renbutumisako2.jpg?fit=500%2C348https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/renbutumisako2.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物女優,蓮佛美沙子
フジ『お義父さんと呼ばせて』で遠藤憲一の28歳年下の恋人役を熱演中の蓮佛美沙子。この人って主人公の恋人役がやたら多い印象があります。『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』では木村拓哉の恋人役やってましたしね。役とは言え木村拓哉の彼女ですってよ うらやましいったら(笑い) とびきり目を引く美人というわけではないので、世間では「かわいくない!」という辛口の意見も見られますが、ちょっと離れ気味の目とか私は可愛いと思います。しかしさっぱり熱愛の噂が聞こえてきません。これはもしや… スポンサードリンク 【蓮佛美沙子のあと一歩足りない感はなぜ?】 蓮佛美沙子は2007年に映画『転校生―さよなら あなた』、2008年のNHKドラマ『七瀬ふたたび』で主演を果たしました。この2作品はともに以前大ヒットした作品のリメイクで作品そのものに対してかなり固定されたイメージがありますから、半端な力量で演じると大やけどという怖さがあります。 蓮佛美沙子は主役の恋人役のほかにも、主役か主役級の役が多ですし、ずっと以前からドラマなどで見てるような気がして30歳前後くらい?と漠然と思っていたのですが 実は今年25歳、えっ?思ってたよりずっと若い!デビューが2006年だそうですから、今年が10周年ということになります。 しかし、なんだろう あと一歩何かが足りない感じがして、世間的にどーんとはじけてない印象が強いんですよねぇ…。 この理由は何だろう?とつらつら考えてみたのですが、バラエティへの露出が少なくて、素顔の部分があまり見えてこないからではないかな?と思うのです。たまに出演してもテレビ的優等生な感じがする。 ブレイクのきっかけとなるものの最近の傾向って、「あんな役やってたけど素顔はこうなの?!」「すごいイケメンなのに中身が残念」というような「役と素顔のギャップ」であることって多いです。 蓮佛美沙子にもこういうギャップがあれば、親しみやすい顔立ちもあいまってもっと人気が上昇するんじゃないかなぁと思うのですが。 スポンサードリンク 【熱愛の噂はありませんの?】 女優さんもお年頃になれば熱愛の噂の一つや二つ出てくるのが普通です。それがガセネタだったとしても。 キャリア10年の蓮佛美沙子には今のところそれがありません。これはファンの男性にとっては嬉しいことかも知れません。 昨年主演したドラマ『37.5℃の涙』で共演した成宮寛貴とよく2ショットの写真を撮ってUPしていましたが、「お似合いです!」「恋人同士みたい!」という声は多数あったものの噂にすらならず。スペシャルドラマ『大奥』で再共演を果たしてますが、そのときもこれといった噂にはなりませんでしたよね。 まあ成宮はゲイだという噂もあるのでそういう対象じゃないという見方もあるかもですが…。(個人的には成宮はゲイではないと思っています。ただ、この人はホンモノのSだと思います) 蓮佛美沙子にはその外見からしとやかなイメージがありますが、実際はどこの現場に行っても「少年っぽいね」と言われるそうです。 【もしやファザコン?】 蓮佛美沙子は鳥取生まれであります。小学校まで徒歩40分かかったということなので、けっこう山の方だったんじゃないかと思われます。蓮佛というちょっと変わった苗字は本名ですが、この苗字は鳥取東部に何軒か集中しています。 蓮佛美沙子の子ども時代は木登りをして遊ぶような活発な子どもだったそうですが、母親がとても厳しかったと述懐していました。そのせいで男性に対してもガードが固い可能性もありますが、もう一つ、父親の側にも原因があるかも知れません。 蓮佛美沙子の父親は教員だそうです。父方の祖父も教員だったそうなので、教員一家と言えるかも知れませんね。 これは鳥取で教員をやっている知人から聞いた話ですが、蓮佛美沙子の父親はものすごいイケメンで、若い頃はそのイケメンぶりが新聞に掲載されたこともあったそうです。 ドラマではイケメンの父親とはかけ離れた強面の遠藤憲一の恋人を演じていますが、もっとも身近なところにそんなイケメンがいる環境で育ったら、大方の男性がジャガイモに見えるかも知れん…。 ただ、こういう色恋の噂のない女性に熱愛彼氏が出来ると、傍目にはっきり分かる変化があったりします。蓮佛美沙子が以前に比べてずいぶんと色気が出てきれいになったなぁと思われるようになったら、熱愛発覚が近い証拠になるかも知れませんね。 スポンサードリンク