菜々緒

今や悪女役といえばこの人というくらい怖い女が板についてきた菜々緒。背ぇは高いし足は長いし美人だしで完璧すぎることから整形疑惑が絶えません。

阪神の金本監督にそっくりな卒アルが流出して整形疑惑に拍車がかかりましたが、よーく比べてみるとこれはメイクの勝利で思ったほどいじってないような…。

現在ドラマ『サイレーン』で演じている最強の悪女が怖すぎる!と好評ですが、その悪女っぷりからは菜々緒本人の心の闇が透けて見えるようです。だから余計に怖いんだけど。

スポンサードリンク

【菜々緒の整形疑惑】

多くの女優さんや女性タレントのデビュー前ってのは、言われないとわかりませんなレベルの普通~普通以下だったりするものですが、菜々緒の場合も例外ではなかったようです。

菜々緒-卒アル

現在と目元が違いすぎる!ということで菜々緒整形説が真実味を帯びて語られるようになりました。

確かにノーメイクだとは言え、現在の菜々緒の目元とは別人ですわな。女装の金本だといわれたら信じる。

スポンサードリンク

この卒アルと現在の菜々緒の最大の違いは、目と眉の間隔です。ここがやたら離れているからうすらぼんやりな顔つきになっているようです。

nanao3

卒アルの目元ではまぶたが腫れぼったく上まぶたが直線的な一重または奥二重でしたが、現在はぱっちりと弧を描いた二重まぶたなので、この部分だけは多少いじってるんだろうと思います。ただ、目頭はもとから切れ込みが深いので切開はしてない模様。

以前は上の前歯2本が大きく若干出ていたようですが、これはキレイに矯正しているようです。

菜々緒のメイクは目頭までしっかりアイラインを引いて上まぶたの弧を強調し、マツエクで長さを出したまつげをしっかりビューラーで上げてより目が大きくなるように手がかけられています。カラコンを入れて黒目を大きくはっきり見せてもいますね。

さらに、よーく見ると菜々緒の眉、特に目頭付近はは自前の眉よりだいぶ下に描かれています。自前の眉の下のラインがメイク眉の上のラインになるように整えられているみたいですね。こうやって目と眉を近づけて見せることでより目を大きく見せる効果を出しているようです。

しげしげと見ていて非常に勉強になりましたが、この人は世間で思われているほどは整形してないんじゃないかな。

足が長く身長172センチの長身は、モデルになるために生まれてきたような体型ですよね。モデルは自分の身体が商売道具ですから、最大限生かすためなら多少カスタマイズしてもいいじゃん?と私は思います。

tum子
私もプチでいいから整形したいんだわ

ぷり子
どこをプチ整形したいのよ

tum子
目と鼻と歯並びと…おでこに丸みを出したいしほっぺたの脂肪もとりたいし…

ぷり子
それプチじゃなくて総とっかえって言います

【菜々緒って闇が深い?】

このところ演じる役がどれもこれも腹黒・陰湿といったネガティブな形容動詞に飾られた役ばかりの菜々緒ですが、今回『サイレーン』ではさらに冷酷というオプション付きの最強最悪な殺人鬼 橘カラを演じています。

『主に泣いています』では出会った人がみんな自分に惚れてしまうことに悩む美女を演じていましたが、あの役をやってるときから心優しき悩める美女には見えなかったので、もともと悪女役がはまってるということなんでしょう。

nanao

キレイだけど怖い顔よねー。

主役の松坂桃李を食う勢いの菜々緒ですが、演じている姿が楽しそうというか何と言うか。共演している木村文乃がどこか諦めたようなどS心をくすぐる顔つきなので菜々緒のどS悪女っぷりが際立っているように思います。

ただ、私は思うのですが、演じるという作業は自分の中にないものはひねり出せないと思うのです。名優と呼ばれる人たちは経験がなくても作り出す力量がありますが、菜々緒がそうかと言うとこれは疑問符。

『サイレーン』の狂気じみたあの演技からは、何か叩き壊したいものがあって、それを演技にぶつけているように見えてきます。

菜々緒のインスタには「私きれいでしょ」アピールが過ぎる!と一部で不評なくらい自撮り画像が並んでいます。卒アル画像の頃とは別人のキレイになった自分に満足してるんだろうなと思います。

この人、ぱっとしなかった過去の自分を叩き壊したいんじゃないかなぁ…。

過去の自分に対する感情を演技にぶつけているとしたら、その感情は憎悪と名がつくんじゃなかろうかと思いますが、少なくとも素顔の菜々緒も虫も殺さぬという形容詞は似合わない人なんだろうなと思ってしまうわけで。

悪女役イメージが定着してしまうと他のタイプの役が難しくなってしまいそうですが、これからどんな活躍を見せていくか成長が楽しみです。

スポンサードリンク

 

菜々緒の金本似の卒アルは整形なしでも今の顔?サイレーンの悪女ぶりに闇がみえるhttps://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/12/nanao2.jpg?fit=500%2C345https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/12/nanao2.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物サイレーン,整形,菜々緒
今や悪女役といえばこの人というくらい怖い女が板についてきた菜々緒。背ぇは高いし足は長いし美人だしで完璧すぎることから整形疑惑が絶えません。 阪神の金本監督にそっくりな卒アルが流出して整形疑惑に拍車がかかりましたが、よーく比べてみるとこれはメイクの勝利で思ったほどいじってないような…。 現在ドラマ『サイレーン』で演じている最強の悪女が怖すぎる!と好評ですが、その悪女っぷりからは菜々緒本人の心の闇が透けて見えるようです。だから余計に怖いんだけど。 スポンサードリンク 【菜々緒の整形疑惑】 多くの女優さんや女性タレントのデビュー前ってのは、言われないとわかりませんなレベルの普通~普通以下だったりするものですが、菜々緒の場合も例外ではなかったようです。 現在と目元が違いすぎる!ということで菜々緒整形説が真実味を帯びて語られるようになりました。 確かにノーメイクだとは言え、現在の菜々緒の目元とは別人ですわな。女装の金本だといわれたら信じる。 スポンサードリンク この卒アルと現在の菜々緒の最大の違いは、目と眉の間隔です。ここがやたら離れているからうすらぼんやりな顔つきになっているようです。 卒アルの目元ではまぶたが腫れぼったく上まぶたが直線的な一重または奥二重でしたが、現在はぱっちりと弧を描いた二重まぶたなので、この部分だけは多少いじってるんだろうと思います。ただ、目頭はもとから切れ込みが深いので切開はしてない模様。 以前は上の前歯2本が大きく若干出ていたようですが、これはキレイに矯正しているようです。 菜々緒のメイクは目頭までしっかりアイラインを引いて上まぶたの弧を強調し、マツエクで長さを出したまつげをしっかりビューラーで上げてより目が大きくなるように手がかけられています。カラコンを入れて黒目を大きくはっきり見せてもいますね。 さらに、よーく見ると菜々緒の眉、特に目頭付近はは自前の眉よりだいぶ下に描かれています。自前の眉の下のラインがメイク眉の上のラインになるように整えられているみたいですね。こうやって目と眉を近づけて見せることでより目を大きく見せる効果を出しているようです。 しげしげと見ていて非常に勉強になりましたが、この人は世間で思われているほどは整形してないんじゃないかな。 足が長く身長172センチの長身は、モデルになるために生まれてきたような体型ですよね。モデルは自分の身体が商売道具ですから、最大限生かすためなら多少カスタマイズしてもいいじゃん?と私は思います。 // 【菜々緒って闇が深い?】 このところ演じる役がどれもこれも腹黒・陰湿といったネガティブな形容動詞に飾られた役ばかりの菜々緒ですが、今回『サイレーン』ではさらに冷酷というオプション付きの最強最悪な殺人鬼 橘カラを演じています。 『主に泣いています』では出会った人がみんな自分に惚れてしまうことに悩む美女を演じていましたが、あの役をやってるときから心優しき悩める美女には見えなかったので、もともと悪女役がはまってるということなんでしょう。 キレイだけど怖い顔よねー。 主役の松坂桃李を食う勢いの菜々緒ですが、演じている姿が楽しそうというか何と言うか。共演している木村文乃がどこか諦めたようなどS心をくすぐる顔つきなので菜々緒のどS悪女っぷりが際立っているように思います。 ただ、私は思うのですが、演じるという作業は自分の中にないものはひねり出せないと思うのです。名優と呼ばれる人たちは経験がなくても作り出す力量がありますが、菜々緒がそうかと言うとこれは疑問符。 『サイレーン』の狂気じみたあの演技からは、何か叩き壊したいものがあって、それを演技にぶつけているように見えてきます。 菜々緒のインスタには「私きれいでしょ」アピールが過ぎる!と一部で不評なくらい自撮り画像が並んでいます。卒アル画像の頃とは別人のキレイになった自分に満足してるんだろうなと思います。 この人、ぱっとしなかった過去の自分を叩き壊したいんじゃないかなぁ…。 過去の自分に対する感情を演技にぶつけているとしたら、その感情は憎悪と名がつくんじゃなかろうかと思いますが、少なくとも素顔の菜々緒も虫も殺さぬという形容詞は似合わない人なんだろうなと思ってしまうわけで。 悪女役イメージが定着してしまうと他のタイプの役が難しくなってしまいそうですが、これからどんな活躍を見せていくか成長が楽しみです。 スポンサードリンク