自動車保険

車を持っている以上は入っておかなくちゃならない自動車保険。もしものときの備えとは言え、できれば少しでも保険料を安く抑えたいと通販型(ダイレクト型)の保険に人気が集まっています。ただ、いざ!って時に本当に安心なのかどうか若干不安でもあったり。

自動車保険の保険料を安く抑える別の方法として長期契約型というのもあります。通販型と長期契約のメリットとデメリットは?

スポンサードリンク

【代理店型は高い されど…】

保険のプロを通じて手続きをしてもらう代理店型と通販型、補償内容は大差ないのに保険料の金額の差に唖然とします。

代理店型が高いのは人件費分が保険料に上乗せされているからなので、無事故でつつがなく過ごした後で「安いほうに切り替えとけばよかった…」とちょっと後悔してしまうこともあるでしょう。

しかしながら、代理店型は高いだけで何のメリットもないってわけではありません。自動車保険は使わないに越したことはありませんが、いざ使わなくちゃならなくなったときはほぼ丸投げで完了してくれるので事故を起こした(遭った)以外のわずらわしさがありません。

また、補償内容や特約について納得いくまで相談できるのも代理店型の利点といえます。私は説明を聞くまで年齢限定特約は家族以外にも適用されるものだと思っていたなど、勘違いしていることがたくさんありました。

代理店型は通販型に比べると割高感が確かにあります。でも、いざ!ってときに余計なことを考えずに済む安心感代かなという気もします。

スポンサードリンク

【通販型のメリットとデメリット】

メリット

・保険料が安い 手続きのための人件費がカットされている分保険料が安くなります。しっかり見直した結果、年間数万円もの差が出ました!なんてこともありようです。

・気軽に見積がたくさん取れる オンラインの自動見積を使えば複数の会社の保険比較が簡単に出来ちゃいます。

デメリット 

・保険を使うときの手続きを自分でしなくちゃならない 大手保険会社だと通販型でも担当者がやってくれるところもありますが、事故証明の申請などを自分でしなくてはならないことが多いです。手続き方法などはオペレーターの指示に従うことになりますが、当たりハズレがあるという話も耳にしますね。

・ある程度の保険知識がないと上手く組めない 補償内容や特約を足したり引いたりすることを保険を組むといいますが、よく分からないままこれくらいでいいだろと適当に組んでしまうといざと言うときに使えない保険になってしまう恐れがあります。

・後から代理店型に切り替えができないことがある 通販型の対応に不満があったなどの理由で代理店型に切り替えようと思っても断られることがあるようです。

・事故後にもめた時に相談できる人がいない 事故後に修理費のことでトラブルになることがあります。周囲に車の保険に詳しい人がいれば別ですが、いない場合は途方に暮れるかもしれません。

●どんな人が通販型に向いている?●

通販型への加入が一番向いているのは、運転するのが時々で近距離しか乗らず、これまで事故を起こしたことがないような人です。米倉涼子の台詞じゃないけど「わたし、失敗しないんで」という絶対の自信がある人は迷わず通販型ですね。


【長期契約型のメリットとデメリット】

自動車保険の多くは1年契約で毎年更新なり切り替えなりの手続きをする必要がありますが、2年、3年という長期契約を結ぶタイプの保険もあります。

メリット

・1年型に比べて少し保険料が安い 長期割引があるため少し安くなります。

・更新手続きを忘れない 毎年の更新手続きはけっこうめんどくさいものですが、長期契約型なら契約期間内は放置でOKです。

・保険を使っても翌年の保険料が上がらない 1年契約の保険は保険金請求すると翌年の保険料が上がりますが、長期契約型は2年、3年目の保険料が初年度に決まっているので保険料が上がりません。

デメリット

・保険期間内は等級が上がらない 車の保険は無事故が続けばノンフリート等級が1年ごとに上がりますが、長期契約型の保険では契約期間内は等級が据え置きになります。

・保険を使いすぎて後で焦ることも 翌年の保険料に影響しないため、長期契約型の加入者は保険請求が多くなる傾向があるようです。しかし、保険会社は保険金を支払いたくてうずうずしているわけではないので、保険金請求が多い高リスク契約者という扱いになって、更新や新規契約を断られるケースもよくあるようです。

・期間内に免許の色がゴールドになっても保険料が安くならない ゴールド免許割引というのが多くの自動車保険にありますが、保険期間内に免許の更新を迎えても保険料はあらかじめ決まっているのでちょっと損した気がします。

●どんな人が長期契約型に向いている?●

やたら忙しくて更新手続きを忘れそうな人にとっては保険期間が長いタイプの方がうっかり保険を切ってしまったぁ(涙)ということにならなくて良いです。

自動車保険は満期後7日以内であれば以前の等級を引き継いで契約ができますが、それを過ぎてしまうと初めて自動車保険に加入するときの6等級からのスタートになってしまいます。私は17等級だった保険の満期日を間違えていたため振り出しに戻して泣いたことがあります。新たに入った保険の保険料を見たとき、己の不覚を呪いたくなりました(苦笑)

【車両保険が要らない車】

車の保険って車両保険をつけるかつけないかで保険料に大きな差があります。安いほうがありがたいけど、自分の車が事故って壊れたときのためを思ってかけなきゃいけないものかと思ってました。

ところが、わたくし 車両保険について大きな勘違いをしておりました。

車両保険は対象の車の査定額以上には出ないんですね。ということは、愛着があって大事に乗っている10年落ちの車が事故を起こして修理に50万円かかるとしても、その車の査定額が5万円であれば保険から支払われるのは5万円が限度で残りは自分で払う必要があるってことです。車両保険に入っておけば全部面倒見てもらえるものかと思ってた…。

今乗っている車が古い年式ならば、いっそ車両保険を外して保険料を抑えるという選択もアリです。

自動車保険は安く入って使わずに過ごすのがなによりですが、万一ってヤツはどこに転がっているかわかりません。賢く入って快適なカーライフを送りましょう。

スポンサードリンク

 

自動車保険料が安い通販型は大丈夫?長期契約のメリットとデメリットは?https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/08/kurumanohoken.jpg?fit=500%2C330https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/08/kurumanohoken.jpg?resize=150%2C150アイーダ生活自動車保険
車を持っている以上は入っておかなくちゃならない自動車保険。もしものときの備えとは言え、できれば少しでも保険料を安く抑えたいと通販型(ダイレクト型)の保険に人気が集まっています。ただ、いざ!って時に本当に安心なのかどうか若干不安でもあったり。 自動車保険の保険料を安く抑える別の方法として長期契約型というのもあります。通販型と長期契約のメリットとデメリットは? スポンサードリンク 【代理店型は高い されど…】 保険のプロを通じて手続きをしてもらう代理店型と通販型、補償内容は大差ないのに保険料の金額の差に唖然とします。 代理店型が高いのは人件費分が保険料に上乗せされているからなので、無事故でつつがなく過ごした後で「安いほうに切り替えとけばよかった…」とちょっと後悔してしまうこともあるでしょう。 しかしながら、代理店型は高いだけで何のメリットもないってわけではありません。自動車保険は使わないに越したことはありませんが、いざ使わなくちゃならなくなったときはほぼ丸投げで完了してくれるので事故を起こした(遭った)以外のわずらわしさがありません。 また、補償内容や特約について納得いくまで相談できるのも代理店型の利点といえます。私は説明を聞くまで年齢限定特約は家族以外にも適用されるものだと思っていたなど、勘違いしていることがたくさんありました。 代理店型は通販型に比べると割高感が確かにあります。でも、いざ!ってときに余計なことを考えずに済む安心感代かなという気もします。 スポンサードリンク 【通販型のメリットとデメリット】 メリット ・保険料が安い 手続きのための人件費がカットされている分保険料が安くなります。しっかり見直した結果、年間数万円もの差が出ました!なんてこともありようです。 ・気軽に見積がたくさん取れる オンラインの自動見積を使えば複数の会社の保険比較が簡単に出来ちゃいます。 デメリット  ・保険を使うときの手続きを自分でしなくちゃならない 大手保険会社だと通販型でも担当者がやってくれるところもありますが、事故証明の申請などを自分でしなくてはならないことが多いです。手続き方法などはオペレーターの指示に従うことになりますが、当たりハズレがあるという話も耳にしますね。 ・ある程度の保険知識がないと上手く組めない 補償内容や特約を足したり引いたりすることを保険を組むといいますが、よく分からないままこれくらいでいいだろと適当に組んでしまうといざと言うときに使えない保険になってしまう恐れがあります。 ・後から代理店型に切り替えができないことがある 通販型の対応に不満があったなどの理由で代理店型に切り替えようと思っても断られることがあるようです。 ・事故後にもめた時に相談できる人がいない 事故後に修理費のことでトラブルになることがあります。周囲に車の保険に詳しい人がいれば別ですが、いない場合は途方に暮れるかもしれません。 ●どんな人が通販型に向いている?● 通販型への加入が一番向いているのは、運転するのが時々で近距離しか乗らず、これまで事故を起こしたことがないような人です。米倉涼子の台詞じゃないけど「わたし、失敗しないんで」という絶対の自信がある人は迷わず通販型ですね。 【長期契約型のメリットとデメリット】 自動車保険の多くは1年契約で毎年更新なり切り替えなりの手続きをする必要がありますが、2年、3年という長期契約を結ぶタイプの保険もあります。 メリット ・1年型に比べて少し保険料が安い 長期割引があるため少し安くなります。 ・更新手続きを忘れない 毎年の更新手続きはけっこうめんどくさいものですが、長期契約型なら契約期間内は放置でOKです。 ・保険を使っても翌年の保険料が上がらない 1年契約の保険は保険金請求すると翌年の保険料が上がりますが、長期契約型は2年、3年目の保険料が初年度に決まっているので保険料が上がりません。 デメリット ・保険期間内は等級が上がらない 車の保険は無事故が続けばノンフリート等級が1年ごとに上がりますが、長期契約型の保険では契約期間内は等級が据え置きになります。 ・保険を使いすぎて後で焦ることも 翌年の保険料に影響しないため、長期契約型の加入者は保険請求が多くなる傾向があるようです。しかし、保険会社は保険金を支払いたくてうずうずしているわけではないので、保険金請求が多い高リスク契約者という扱いになって、更新や新規契約を断られるケースもよくあるようです。 ・期間内に免許の色がゴールドになっても保険料が安くならない ゴールド免許割引というのが多くの自動車保険にありますが、保険期間内に免許の更新を迎えても保険料はあらかじめ決まっているのでちょっと損した気がします。 ●どんな人が長期契約型に向いている?● やたら忙しくて更新手続きを忘れそうな人にとっては保険期間が長いタイプの方がうっかり保険を切ってしまったぁ(涙)ということにならなくて良いです。 自動車保険は満期後7日以内であれば以前の等級を引き継いで契約ができますが、それを過ぎてしまうと初めて自動車保険に加入するときの6等級からのスタートになってしまいます。私は17等級だった保険の満期日を間違えていたため振り出しに戻して泣いたことがあります。新たに入った保険の保険料を見たとき、己の不覚を呪いたくなりました(苦笑) 【車両保険が要らない車】 車の保険って車両保険をつけるかつけないかで保険料に大きな差があります。安いほうがありがたいけど、自分の車が事故って壊れたときのためを思ってかけなきゃいけないものかと思ってました。 ところが、わたくし 車両保険について大きな勘違いをしておりました。 車両保険は対象の車の査定額以上には出ないんですね。ということは、愛着があって大事に乗っている10年落ちの車が事故を起こして修理に50万円かかるとしても、その車の査定額が5万円であれば保険から支払われるのは5万円が限度で残りは自分で払う必要があるってことです。車両保険に入っておけば全部面倒見てもらえるものかと思ってた…。 今乗っている車が古い年式ならば、いっそ車両保険を外して保険料を抑えるという選択もアリです。 自動車保険は安く入って使わずに過ごすのがなによりですが、万一ってヤツはどこに転がっているかわかりません。賢く入って快適なカーライフを送りましょう。 スポンサードリンク