kiyohara1

3月17日夕刻、身元引受人が決まらないと報じられていた清原和博が44日目にやっとこさ保釈されました。拘留されていた警視庁本部前はマスコミでごった返しになってましたが、黒いカーテンの向こうの清原の姿は見えず。肉声コメントが出されるかと期待されましたが建物の構造上アブナイということでこれもなし。

釈放後の清原が持病の治療のために向かった病院はどこ?更生を誓うコメントを発表してましたが、非常に難しいかもといわざるをえないような。

スポンサードリンク

【身元引受人は誰?】

逮捕以来、身内に身元を引き受けられそうな人が見当たらないことでなかなか保釈申請が出せなかった清原和博。3月16日にやっとこさ申請が出されて保釈と相成りました。保釈金は500万円だそうです。

母親は認知症を患い父親は闘病中、実弟とは絶縁状態なため、担当弁護士が身元引受人になって保釈後すぐに入院させるのではないかと言われていましたが、父親が「自分が責任をもちます」と引き受けたとのこと。ただ、保釈された清原を実家がある岸和田に連れて帰ったらえらい騒ぎになることは火を見るより明らかですし、さりとて上京して清原の傍で監督するのも病身では難しいので保釈後持病の治療のために即入院という形になったものと思われます。

【入院先と退院後は?】

3月17日の保釈後、糖尿病治療を受ける清原を乗せたワンボックスカーが向かったのは千葉西総合病院です。

tibanisi

当然っちゃ当然ですが大きな病院ですね。清原はここの指紋認証つきスイートルーム級特別室入ってVIP待遇で治療を受けるものと思われます。病院名が早々と判明したので病院のサイトがダウンしてしまったそうです。こちらの病院のセキュリティは万全で、他の入院患者の見舞いを装って院内に入れたとしても清原が入院している部屋にはまず近づけそうにないとか。

インスリン注射が日に3本必要とか言われてますから、糖尿病の程度としては重いほうだと思います。拘置所内では逮捕直後は食欲がなかった時期もあったようですが、そのうち食べられるようになって3人分食べてもまだ足りないとか言っていたようなので、なんで糖尿なったん?と聞かれれば食べすぎだからやと答えるしかないでしょう(苦笑)

ここでの治療がいつ頃までなのかは分かりませんが、千葉西総合病院を退院した後はあのASKAさんも入院していた下総精神医療センターで薬物依存の治療を本格的に開始するものと見られています。

スポンサードリンク

【清原の更生は難しい?】

保釈に際して清原はこのようなコメントを発表しました。

皆様へこのたびは、私の犯した罪により、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを、心よりおわび申し上げます。

本来であれば、保釈された直後にも、皆様の面前でおわび申し上げたいと考えておりました。しかし、警視庁から、周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにとご指導をいただきました。

そのため、周辺道路の交通妨害とならないよう、警視庁内から直接自動車で目的地へ向かいますが、持病の糖尿病等の検査・治療のためにしばらく入院させていただく予定であり、皆様に謝罪するための特別な機会を設けることができないことを、ご理解いただければ幸いです。

今は、皆様を裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、これまで応援してくださった皆様のお気持ちに報いるためにも、一から出直し、必ず更生することを決意しています。必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております。いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています

直筆の文面ではなかったためこれは清原本人が書いたものじゃないだろ臭がしてますが、ま、とにかく、必ず更生して人の役い立つ人間になりたいと誓いを立てております。

しかし、正直なところかなり難しいんじゃないかと。

治療のためには同じ境遇の仲間と励ましあうことも有効だといわれます。館山ダルクが「いつでも来てくださいね」と声をかけてくれています。

kiyohara2

しかし、この人は高校生の頃からずっと特別扱いでちやほやされてきた人です。でかい図体にいかつい顔に圧倒的なオーラ。拘留中も特別扱いされていた人が「お薬依存の治療中」という共通項だけで一般の人と自分を同列に感じて「ともに頑張ろう!」と言うには、球界のスーパースターだったプライドをぶっ壊さなければならないでしょう。

さらに、お薬依存の治療は周囲の人の協力も不可欠と言われます。しかし、清原にはきちんと目を光らせて管理監督してくれる人が見当たりません。

疑惑が持ち上がってからくしの歯が抜けるように古くからの友人知人が離れたり自分から距離を置いてしまったりしているので、身元引受人が見つかりませんと報じられても誰一人声を上げてくれませんでした。現在ついている弁護士だって国選弁護士のようですし。

逮捕前の清原が仲良ししていたのは、今後付き合ってはならない人たちばかりだったんじゃないかと思います。

お薬依存の治療を受けた人のブログに、以前の自分とは何もかも違う自分を演じて生きていかなくてはならない空しさについて書かれていました。清原はお薬に依存するようになった原因の一つとして寂しかったからというようなことを供述していましたが、これからはこれまでとは比べ物にならないくらいの孤独を味わうことになるかも知れません。

清原和博の初公判は5月17日に予定されています。かつて一緒にボールを追いかけた誰かが情状酌量証人として法廷に立ってくれるのでしょうか。

スポンサードリンク

清原和博引受人が決まり保釈後は入院でも更生は困難?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/kiyohara1.jpg?fit=500%2C313https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/kiyohara1.jpg?resize=150%2C150アイーダ雑記清原和博
3月17日夕刻、身元引受人が決まらないと報じられていた清原和博が44日目にやっとこさ保釈されました。拘留されていた警視庁本部前はマスコミでごった返しになってましたが、黒いカーテンの向こうの清原の姿は見えず。肉声コメントが出されるかと期待されましたが建物の構造上アブナイということでこれもなし。 釈放後の清原が持病の治療のために向かった病院はどこ?更生を誓うコメントを発表してましたが、非常に難しいかもといわざるをえないような。 スポンサードリンク 【身元引受人は誰?】 逮捕以来、身内に身元を引き受けられそうな人が見当たらないことでなかなか保釈申請が出せなかった清原和博。3月16日にやっとこさ申請が出されて保釈と相成りました。保釈金は500万円だそうです。 母親は認知症を患い父親は闘病中、実弟とは絶縁状態なため、担当弁護士が身元引受人になって保釈後すぐに入院させるのではないかと言われていましたが、父親が「自分が責任をもちます」と引き受けたとのこと。ただ、保釈された清原を実家がある岸和田に連れて帰ったらえらい騒ぎになることは火を見るより明らかですし、さりとて上京して清原の傍で監督するのも病身では難しいので保釈後持病の治療のために即入院という形になったものと思われます。 【入院先と退院後は?】 3月17日の保釈後、糖尿病治療を受ける清原を乗せたワンボックスカーが向かったのは千葉西総合病院です。 当然っちゃ当然ですが大きな病院ですね。清原はここの指紋認証つきスイートルーム級特別室入ってVIP待遇で治療を受けるものと思われます。病院名が早々と判明したので病院のサイトがダウンしてしまったそうです。こちらの病院のセキュリティは万全で、他の入院患者の見舞いを装って院内に入れたとしても清原が入院している部屋にはまず近づけそうにないとか。 インスリン注射が日に3本必要とか言われてますから、糖尿病の程度としては重いほうだと思います。拘置所内では逮捕直後は食欲がなかった時期もあったようですが、そのうち食べられるようになって3人分食べてもまだ足りないとか言っていたようなので、なんで糖尿なったん?と聞かれれば食べすぎだからやと答えるしかないでしょう(苦笑) ここでの治療がいつ頃までなのかは分かりませんが、千葉西総合病院を退院した後はあのASKAさんも入院していた下総精神医療センターで薬物依存の治療を本格的に開始するものと見られています。 スポンサードリンク 【清原の更生は難しい?】 保釈に際して清原はこのようなコメントを発表しました。 皆様へこのたびは、私の犯した罪により、関係者の皆様、ファンの皆様をはじめ、たくさんの方々にご迷惑とご心配をおかけしてしまったことを、心よりおわび申し上げます。 本来であれば、保釈された直後にも、皆様の面前でおわび申し上げたいと考えておりました。しかし、警視庁から、周辺道路の安全を確保する必要があり、そのような振る舞いは差し控えるようにとご指導をいただきました。 そのため、周辺道路の交通妨害とならないよう、警視庁内から直接自動車で目的地へ向かいますが、持病の糖尿病等の検査・治療のためにしばらく入院させていただく予定であり、皆様に謝罪するための特別な機会を設けることができないことを、ご理解いただければ幸いです。 今は、皆様を裏切ってしまったことを深く後悔するとともに、これまで応援してくださった皆様のお気持ちに報いるためにも、一から出直し、必ず更生することを決意しています。必ず人の役に立つ人間になることを心に誓っております。いつか機会をいただき、直接皆様に謝罪したいと切に願っています 直筆の文面ではなかったためこれは清原本人が書いたものじゃないだろ臭がしてますが、ま、とにかく、必ず更生して人の役い立つ人間になりたいと誓いを立てております。 しかし、正直なところかなり難しいんじゃないかと。 治療のためには同じ境遇の仲間と励ましあうことも有効だといわれます。館山ダルクが「いつでも来てくださいね」と声をかけてくれています。 しかし、この人は高校生の頃からずっと特別扱いでちやほやされてきた人です。でかい図体にいかつい顔に圧倒的なオーラ。拘留中も特別扱いされていた人が「お薬依存の治療中」という共通項だけで一般の人と自分を同列に感じて「ともに頑張ろう!」と言うには、球界のスーパースターだったプライドをぶっ壊さなければならないでしょう。 さらに、お薬依存の治療は周囲の人の協力も不可欠と言われます。しかし、清原にはきちんと目を光らせて管理監督してくれる人が見当たりません。 疑惑が持ち上がってからくしの歯が抜けるように古くからの友人知人が離れたり自分から距離を置いてしまったりしているので、身元引受人が見つかりませんと報じられても誰一人声を上げてくれませんでした。現在ついている弁護士だって国選弁護士のようですし。 逮捕前の清原が仲良ししていたのは、今後付き合ってはならない人たちばかりだったんじゃないかと思います。 お薬依存の治療を受けた人のブログに、以前の自分とは何もかも違う自分を演じて生きていかなくてはならない空しさについて書かれていました。清原はお薬に依存するようになった原因の一つとして寂しかったからというようなことを供述していましたが、これからはこれまでとは比べ物にならないくらいの孤独を味わうことになるかも知れません。 清原和博の初公判は5月17日に予定されています。かつて一緒にボールを追いかけた誰かが情状酌量証人として法廷に立ってくれるのでしょうか。 スポンサードリンク