日馬富士

今年納めの九州場所中に発覚した横綱日馬富士が巡業先で平幕の貴ノ岩をビール瓶でぶん殴って大暴れして大怪我を負わせた事件。

当初は貴ノ岩の態度に腹を立てた酔っ払ってる日馬富士が思わずぼこっ!とやってしまったと伝わっていました。日馬富士の一生懸命な土俵態度を見る限り、その横綱がこんなに怒り狂うってことはよほどのことがあったんだろうと思いましたが、徐々に詳細が明らかになるにつれ、これは横綱を擁護できる部分がほとんどないわ…と。

スポンサードリンク

【横綱はなんで殴った?】

事件は10月25日の夜、巡業先の鳥取市内で起きました。
翌日に鳥取巡業を控えて、モンゴル人力士たちによる親睦会が宮城野部屋の人気力士・石浦の実家であるちゃんこ屋(石浦関はちゃんこ屋の息子であり相撲の強豪鳥取城北高校の校長の息子であり城北高校相撲部部長の息子でもあります)で一次会が開かれました。

現在、日馬富士が力士会の会長を務めているので日馬富士が白鵬をはじめとしたモンゴル衆をひきつれてでかけた恰好になっているようですね。

現在、関取と呼ばれる十両以上にモンゴル人力士は事件の当事者2人を含めて10人いますが、少なくとも逸ノ城と旭秀鵬は巡業に参加していませんでしたし、玉鷲は付け人と一緒に宿舎にいたということです。

 

一次会では日馬富士も穏やかにしていたのですが、実はこの時点で日馬富士は貴ノ岩が挨拶をしないと感じて快く思ってなかったようです。実際は挨拶はしていたものの日馬富士がそれに気づいてなかったっぽいのですが。

それから一行は二次会の会場に移動します。日馬富士は酒豪で知られますが同時に酒癖の悪さも有名で、一次会はいいけど二次会になるともうダメとのこと。瞬間湯沸かし器のごとく頭に血が上ったらもう手がつけられないと評判だったようです。若手が先輩に酌をしてまわるうちに日馬富士と貴ノ岩の席が近くなりました。

貴ノ岩

二次会では横綱白鵬が「オレももう年だ」と言うと休みがちな横綱鶴竜が「オレは休んでるからもっとダメだ」とみなを笑わせいい感じだったのですが、貴ノ岩と照ノ富士が「これからは若いもんの時代ですか」と言ったところで貴ノ岩に対して先輩に対する態度がなっとらん!と説教が始まります。

その時貴ノ岩がスマホをいじっていたことで日馬富士がぶち切れ。思わず手元のビール瓶で貴ノ岩の頭を殴ってしまったようです。せめて「このぉ~(怒)」とか言いながらビール瓶に手をかけてくれたら周りの力士が止めに入れたのですが相撲と同じ速攻だったため止められなかったとのこと。

それから日馬富士は殴られて倒れた貴ノ岩に馬乗りになってグーやパーでぼこぼこに殴りまくり。止めに入った照ノ富士も巻き添えで何発か食らい、若手に任せられないと白鵬が「いい加減にしろ!」と割って入ろうとしたら「うるさいよ!」と怒鳴って手を払いのけ、挙句には貴ノ岩とは部屋も一門も違う鶴竜に「お前がきちんと指導しないからだ!」。(鶴竜は「なんでオレ?」と思ったに違いない)

日馬富士の怒りはすさまじく、同席した力士衆が「ほんとうに怖かった」と言ってました。お相撲さんが頭から当る立合いは近くで聞いていると頭が割れないのが不思議なほどのものすごい音がするのですが、それに慣れている力士衆ですらビール瓶で殴ったときの音を「あれはヤバイ」と言うくらいですから、本気殴り確定です。

殴られた貴ノ岩は頭から流血していたので自力で病院に行き、残りの巡業も最後まで務め終えましたが九州入りしてから不調を訴えて4日ほど入院。「1脳しんとう、2前頭部裂傷、3右外耳道炎、4右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」という診断書が提出されました。

ぷり子
ぽちゃ関の頭もビール瓶で殴ったら骨折れる?

ぽちゃの山
当たり前じゃないすか!オレ、人間ですよ

スポンサードリンク

【そして横綱は逃げた】

若造が大先輩から説教食らってる時にスマホをいじってるっていうのは、相撲の世界でなくても失礼千万なことではあります。しかし、それを差し引いてもビール瓶という凶器を手にして本気で殴り、さらに素手で殴り続けるというのは常軌を逸しています。

昔から酒席で力士同士がいさかいを起こす話は掃いて捨てるほどありますが、殴った日馬富士は天下の横綱、その上力士会の会長です。一番模範とならなきゃいけない立場にありながらの乱暴狼藉には 仕方がないね…と思うべき部分がどこにも見当たりません。

たぶん一件落着したものと思っていた日馬富士は初日から2連敗して休場。事件が発覚しておおごとになってしまったことに恐れをなしたのかこっそりと東京に帰ってしまいました。印象最悪です。

殴られて大怪我をしたほうの貴ノ岩も九州の宿舎にはいないようです。

数々の不祥事でどの場所も閑古鳥だった頃からやっと連日満員御礼の垂れ幕が下がるほどに人気が回復してきた矢先に横綱が起こした暴力事件。

日馬富士の処分は九州場所後に決まるようですが、世間の目を考えると引退やむなしではないかと見られています。…貴ノ岩は横綱の引退を願っているわけではないと思いますが。こんなに大きなことになって、一番困惑しているのは貴ノ岩かも知れない。

すっかりイヤ~な空気が流れてしまった九州場所ですが、せめて出場しているお相撲さんたちの健闘を見守ろうと思います。

スポンサードリンク

 

横綱日馬富士の貴ノ岩暴行事件は詳細を知れば知るほど擁護ができないhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/11/harumahuji8.jpg?fit=489%2C356https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/11/harumahuji8.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース日馬富士,相撲
今年納めの九州場所中に発覚した横綱日馬富士が巡業先で平幕の貴ノ岩をビール瓶でぶん殴って大暴れして大怪我を負わせた事件。 当初は貴ノ岩の態度に腹を立てた酔っ払ってる日馬富士が思わずぼこっ!とやってしまったと伝わっていました。日馬富士の一生懸命な土俵態度を見る限り、その横綱がこんなに怒り狂うってことはよほどのことがあったんだろうと思いましたが、徐々に詳細が明らかになるにつれ、これは横綱を擁護できる部分がほとんどないわ…と。 スポンサードリンク 【横綱はなんで殴った?】 事件は10月25日の夜、巡業先の鳥取市内で起きました。 翌日に鳥取巡業を控えて、モンゴル人力士たちによる親睦会が宮城野部屋の人気力士・石浦の実家であるちゃんこ屋(石浦関はちゃんこ屋の息子であり相撲の強豪鳥取城北高校の校長の息子であり城北高校相撲部部長の息子でもあります)で一次会が開かれました。 現在、日馬富士が力士会の会長を務めているので日馬富士が白鵬をはじめとしたモンゴル衆をひきつれてでかけた恰好になっているようですね。 現在、関取と呼ばれる十両以上にモンゴル人力士は事件の当事者2人を含めて10人いますが、少なくとも逸ノ城と旭秀鵬は巡業に参加していませんでしたし、玉鷲は付け人と一緒に宿舎にいたということです。   一次会では日馬富士も穏やかにしていたのですが、実はこの時点で日馬富士は貴ノ岩が挨拶をしないと感じて快く思ってなかったようです。実際は挨拶はしていたものの日馬富士がそれに気づいてなかったっぽいのですが。 それから一行は二次会の会場に移動します。日馬富士は酒豪で知られますが同時に酒癖の悪さも有名で、一次会はいいけど二次会になるともうダメとのこと。瞬間湯沸かし器のごとく頭に血が上ったらもう手がつけられないと評判だったようです。若手が先輩に酌をしてまわるうちに日馬富士と貴ノ岩の席が近くなりました。 二次会では横綱白鵬が「オレももう年だ」と言うと休みがちな横綱鶴竜が「オレは休んでるからもっとダメだ」とみなを笑わせいい感じだったのですが、貴ノ岩と照ノ富士が「これからは若いもんの時代ですか」と言ったところで貴ノ岩に対して先輩に対する態度がなっとらん!と説教が始まります。 その時貴ノ岩がスマホをいじっていたことで日馬富士がぶち切れ。思わず手元のビール瓶で貴ノ岩の頭を殴ってしまったようです。せめて「このぉ~(怒)」とか言いながらビール瓶に手をかけてくれたら周りの力士が止めに入れたのですが相撲と同じ速攻だったため止められなかったとのこと。 それから日馬富士は殴られて倒れた貴ノ岩に馬乗りになってグーやパーでぼこぼこに殴りまくり。止めに入った照ノ富士も巻き添えで何発か食らい、若手に任せられないと白鵬が「いい加減にしろ!」と割って入ろうとしたら「うるさいよ!」と怒鳴って手を払いのけ、挙句には貴ノ岩とは部屋も一門も違う鶴竜に「お前がきちんと指導しないからだ!」。(鶴竜は「なんでオレ?」と思ったに違いない) 日馬富士の怒りはすさまじく、同席した力士衆が「ほんとうに怖かった」と言ってました。お相撲さんが頭から当る立合いは近くで聞いていると頭が割れないのが不思議なほどのものすごい音がするのですが、それに慣れている力士衆ですらビール瓶で殴ったときの音を「あれはヤバイ」と言うくらいですから、本気殴り確定です。 殴られた貴ノ岩は頭から流血していたので自力で病院に行き、残りの巡業も最後まで務め終えましたが九州入りしてから不調を訴えて4日ほど入院。「1脳しんとう、2前頭部裂傷、3右外耳道炎、4右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」という診断書が提出されました。 スポンサードリンク 【そして横綱は逃げた】 若造が大先輩から説教食らってる時にスマホをいじってるっていうのは、相撲の世界でなくても失礼千万なことではあります。しかし、それを差し引いてもビール瓶という凶器を手にして本気で殴り、さらに素手で殴り続けるというのは常軌を逸しています。 昔から酒席で力士同士がいさかいを起こす話は掃いて捨てるほどありますが、殴った日馬富士は天下の横綱、その上力士会の会長です。一番模範とならなきゃいけない立場にありながらの乱暴狼藉には 仕方がないね…と思うべき部分がどこにも見当たりません。 たぶん一件落着したものと思っていた日馬富士は初日から2連敗して休場。事件が発覚しておおごとになってしまったことに恐れをなしたのかこっそりと東京に帰ってしまいました。印象最悪です。 殴られて大怪我をしたほうの貴ノ岩も九州の宿舎にはいないようです。 数々の不祥事でどの場所も閑古鳥だった頃からやっと連日満員御礼の垂れ幕が下がるほどに人気が回復してきた矢先に横綱が起こした暴力事件。 日馬富士の処分は九州場所後に決まるようですが、世間の目を考えると引退やむなしではないかと見られています。…貴ノ岩は横綱の引退を願っているわけではないと思いますが。こんなに大きなことになって、一番困惑しているのは貴ノ岩かも知れない。 すっかりイヤ~な空気が流れてしまった九州場所ですが、せめて出場しているお相撲さんたちの健闘を見守ろうと思います。 スポンサードリンク