日馬富士引退

横審から「厳しい処分が求められる」と言われていた横綱日馬富士が、11月29日に引退届けを協会に提出して受理され、引退会見を開きました。

16歳で来日してから17年、まさかこんな形で土俵を去ることになるとは思いもしなかっただろう横綱は最後まで無念そうな表情を崩さず涙を見せることはありませんでした。

日馬富士の貴ノ岩への思いは?会見で事件の真相は語られたのでしょうか。

スポンサードリンク

【日馬富士に後悔はない?】

九州場所の宿舎となっている太宰府天満宮で午後2時から開催された横綱日馬富士の引退会見は、定刻を少し遅れてスタートしました。席には日馬富士と伊勢ヶ濱親方がつきましたが、部屋の呼び出しの照矢さんも随行していました。

日馬富士 引退

日馬富士は「貴ノ岩に怪我を負わせたことで多くの迷惑をかけた。横綱の責任として本日をもって引退させていただきます。」と深く一礼。

それからまずNHKを代表質問者として質疑応答が始まりました。

記者:今の気持ちは?

日馬富士:自分のことで騒がせて迷惑かけて心から申し訳ないと思っています。

記者:なぜ今引退を発表するのか?

日馬富士:親方と話をして、横綱としてやってはいけないことをしてしまった。

記者:何があったのか

日馬富士:貴ノ岩の態度を正してやろうと叱ったことで傷をつけてしまった。

日本語がネイティブじゃないからか、捜査中でストレートに言えないからなのかどっちかは分かりませんが、ちょびっと的を外したコメントをしていた日馬富士。その口からは繰り返し「横綱の責任」という言葉が出ました。

そこには、自分は横綱として後輩を指導するという正しいことをした。という思いが色濃くにじんでいて、その点においての後悔はまったくないように見受けられました。

日馬富士は、酒を飲んでいたから、という問題ではないとはっきり言いました。会見を見る限り、報道の「暴行した」という表現と「横綱の品格に欠ける」といわれることに納得できていないように感じました。

「暴行」じゃないんだよ 白鵬がみんなに向けて話してる時にスマホいじってた貴ノ岩に、彼のために「礼儀礼節」を教えてやろうとしたんだ。横綱として間違ってないよ。結果としてやりすぎになってしまっただけなんだ。翌日貴ノ岩が謝りにきて、「きちんと指導してくれるお兄さんがいることを感謝しろよ」と和解したばずだったのに、と。

スポンサードリンク

【伊勢ヶ濱親方の涙】

会見は親方の挨拶から始まりましたが、席についたときから涙を拭きふき鼻が真っ赤。涙声でコメントを読んでました。

伊勢ヶ濱 引退会見

最初のコメントによると、日馬富士は事件が明るみに出てからかなり早い段階で周りに迷惑をかけるから引退したいと言っていたそうです。

親方は日馬富士が酒乱の傾向があると報じられていることに対して、自分はそんな話は聞いたことがない、社会貢献に熱心な珍しいタイプのお相撲さんだったと語りました。

その言葉通り日馬富士はモンゴルに学校を設立したり心臓病を抱える子どもたちの支援活動をしたりしていました。

後輩に対して強くしてやろうという気持ちも強く持っていましたし、帰化の意思はないと見られていましたが最近では帰化して親方となり後輩を育てていきたい気持ちもあったようです。

親方としては日馬富士の気持ちがよく分かるでしょうから、こんな形で弟子を引退させなくてはならなくて悔しい気持ちでいっぱいだったでしょうね。

【貴ノ岩に対しての思いは?】

意に沿わない引退でありながら涙を見せなかった日馬富士でしたが、貴ノ岩に対して思うことは何かという質問にこう答えてました。

日馬富士:(ちょっと考えてから)怪我を負わせてしまって心も傷ついたと思います。これから礼儀礼節にちゃんとしたいい力士になるように頑張って欲しいです。

…土俵の上でものすごい音立てて当っても壊れない力士の頭がぱっくり割れるほどぶん殴ってしまった横綱ですが、最後まで貴ノ岩本人に対しての反省や謝罪はありませんでした

日馬富士という力士は、ものすごーーーく古いタイプのお相撲さんだったんだなと改めて思いました。

会見の終盤は各社記者からの質問が寄せられましたが、先に出た質問と重複したり答えにくい質問は親方が仕切って制してました。親心だなぁと感じました。

ただ、こういうところが隠蔽体質だといわれてしまうことに繋がるんだってことが分かってないあたり、親方が古~い体質の持ち主なんだとかいま見えた気がします。(なにしろ親方が現役時代は 怪我は土俵に上って治せの時代ですから)

本当は辞めたくないのでは?や今後角界に関わっていきたい気持ちは?といった質問にはっきりとは答えなかった日馬富士。

あれは擁護しきれないから仕方がないけど、可哀想だなというのが本音です。鳥取での二次会に参加してなければ来場所の番付けにも載っていたのに。気合が入ったときに見せる地を這うような仕切りがもう見られないのはなんとも寂しいです。

スポンサードリンク

日馬富士の引退会見は本人の涙なし無念さにじませ語った貴ノ岩への思いとはhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/11/harumaintai1.jpg?fit=500%2C346https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/11/harumaintai1.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース引退,日馬富士,相撲
横審から「厳しい処分が求められる」と言われていた横綱日馬富士が、11月29日に引退届けを協会に提出して受理され、引退会見を開きました。 16歳で来日してから17年、まさかこんな形で土俵を去ることになるとは思いもしなかっただろう横綱は最後まで無念そうな表情を崩さず涙を見せることはありませんでした。 日馬富士の貴ノ岩への思いは?会見で事件の真相は語られたのでしょうか。 スポンサードリンク 【日馬富士に後悔はない?】 九州場所の宿舎となっている太宰府天満宮で午後2時から開催された横綱日馬富士の引退会見は、定刻を少し遅れてスタートしました。席には日馬富士と伊勢ヶ濱親方がつきましたが、部屋の呼び出しの照矢さんも随行していました。 日馬富士は「貴ノ岩に怪我を負わせたことで多くの迷惑をかけた。横綱の責任として本日をもって引退させていただきます。」と深く一礼。 それからまずNHKを代表質問者として質疑応答が始まりました。 記者:今の気持ちは? 日馬富士:自分のことで騒がせて迷惑かけて心から申し訳ないと思っています。 記者:なぜ今引退を発表するのか? 日馬富士:親方と話をして、横綱としてやってはいけないことをしてしまった。 記者:何があったのか 日馬富士:貴ノ岩の態度を正してやろうと叱ったことで傷をつけてしまった。 日本語がネイティブじゃないからか、捜査中でストレートに言えないからなのかどっちかは分かりませんが、ちょびっと的を外したコメントをしていた日馬富士。その口からは繰り返し「横綱の責任」という言葉が出ました。 そこには、自分は横綱として後輩を指導するという正しいことをした。という思いが色濃くにじんでいて、その点においての後悔はまったくないように見受けられました。 日馬富士は、酒を飲んでいたから、という問題ではないとはっきり言いました。会見を見る限り、報道の「暴行した」という表現と「横綱の品格に欠ける」といわれることに納得できていないように感じました。 「暴行」じゃないんだよ 白鵬がみんなに向けて話してる時にスマホいじってた貴ノ岩に、彼のために「礼儀礼節」を教えてやろうとしたんだ。横綱として間違ってないよ。結果としてやりすぎになってしまっただけなんだ。翌日貴ノ岩が謝りにきて、「きちんと指導してくれるお兄さんがいることを感謝しろよ」と和解したばずだったのに、と。 スポンサードリンク 【伊勢ヶ濱親方の涙】 会見は親方の挨拶から始まりましたが、席についたときから涙を拭きふき鼻が真っ赤。涙声でコメントを読んでました。 最初のコメントによると、日馬富士は事件が明るみに出てからかなり早い段階で周りに迷惑をかけるから引退したいと言っていたそうです。 親方は日馬富士が酒乱の傾向があると報じられていることに対して、自分はそんな話は聞いたことがない、社会貢献に熱心な珍しいタイプのお相撲さんだったと語りました。 その言葉通り日馬富士はモンゴルに学校を設立したり心臓病を抱える子どもたちの支援活動をしたりしていました。 後輩に対して強くしてやろうという気持ちも強く持っていましたし、帰化の意思はないと見られていましたが最近では帰化して親方となり後輩を育てていきたい気持ちもあったようです。 親方としては日馬富士の気持ちがよく分かるでしょうから、こんな形で弟子を引退させなくてはならなくて悔しい気持ちでいっぱいだったでしょうね。 【貴ノ岩に対しての思いは?】 意に沿わない引退でありながら涙を見せなかった日馬富士でしたが、貴ノ岩に対して思うことは何かという質問にこう答えてました。 日馬富士:(ちょっと考えてから)怪我を負わせてしまって心も傷ついたと思います。これから礼儀礼節にちゃんとしたいい力士になるように頑張って欲しいです。 …土俵の上でものすごい音立てて当っても壊れない力士の頭がぱっくり割れるほどぶん殴ってしまった横綱ですが、最後まで貴ノ岩本人に対しての反省や謝罪はありませんでした。 日馬富士という力士は、ものすごーーーく古いタイプのお相撲さんだったんだなと改めて思いました。 会見の終盤は各社記者からの質問が寄せられましたが、先に出た質問と重複したり答えにくい質問は親方が仕切って制してました。親心だなぁと感じました。 ただ、こういうところが隠蔽体質だといわれてしまうことに繋がるんだってことが分かってないあたり、親方が古~い体質の持ち主なんだとかいま見えた気がします。(なにしろ親方が現役時代は 怪我は土俵に上って治せの時代ですから) 本当は辞めたくないのでは?や今後角界に関わっていきたい気持ちは?といった質問にはっきりとは答えなかった日馬富士。 あれは擁護しきれないから仕方がないけど、可哀想だなというのが本音です。鳥取での二次会に参加してなければ来場所の番付けにも載っていたのに。気合が入ったときに見せる地を這うような仕切りがもう見られないのはなんとも寂しいです。 スポンサードリンク