柿谷

内田篤人、武藤嘉紀と相次いでサッカー欧州組のイケメンが結婚してしまう中、今んところまだ結婚してないイケメン柿谷曜一朗。スイスリーグのFCバーゼル所属であります。

華々しく送り出されたはいいけれど、海を渡った後の活躍がさっぱり聞こえこず、現在絶賛伸び悩み中。古巣のセレッソ大阪から帰ってこ~いコールがありそうとの噂もあります。そんな中、ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドに倣ったか柿谷曜一朗も香水をプロデュースいたしました。いやいや、香水じゃなくて試合に出て欲しいんだよ。

スポンサードリンク

【柿谷曜一朗の香水の名前が…】

柿谷曜一朗プロデュースの香水が発売されたのは10月27日。柿谷の華やかな閃きをバラの花の香りで表現したとされるこの香水の名前は『GENIUS ROSE BY YOICHIRO KAKITANI』 バラ色の天才 だそーです。

tum子
男性でバラ色とか聞くと薔薇族を連想してしまう…

ふれでぃ
薔薇族はボクもよく読んでいたよ

ぷり子
そういう話は今はいいです

トップアスリートが香水のプロデュースをするのは珍しいことではなくて、日本の海外組では本田圭佑も『ロードダイヤモンド』という香水を出してます。

スポンサードリンク

ただ、スイスに行ったはいいけど前監督に嫌われて試合に出られず、監督が交代したら今度はケガで出られずの柿谷が天才の名を冠した香水を今出すって言うのは…案の定「そんなことしてる場合じゃないだろ!」とブーイング多数。

まあ、試合に出られないから香水出したわけではないでしょうが、ちょっとタイミングが悪かったなと思います。

香水を出したことについてはブーイングが起きていますが、『GENIUS ROSE BY YOICHIRO KAKITANI』自体の香水としての評価は悪くありません。バラというよりむしろ柑橘系、そこにフルーティな甘さの加わったユニセックスな香りです。

柑橘系のトップノートは早く香りが飛んでしまいますが、ミドル~ラストノートはほんのり甘く、うっすら香る感じ。嫌味がなくて使いやすい香りに仕上がっています。この香りが男性からしてきたら思わずクラっときちゃう というレビューもありましたから、モテ香水系ということでしょうか。さすがイケメン部長プロデュース。

 

【セレッソ復帰の可能性は?】

スイスリーグにおける柿谷曜一朗は、ベンチにも入れない、ベンチに入っても試合に出られないということが続いています。海外で修行したくてもなかなか思うに任せていません。

日本のJリーグはもうすぐシーズンが終わりますが、古巣のJ2セレッソ大阪が柿谷カムバーックを模索しているという噂が出てきました。確かに古巣のセレッソであれば必要とされてる感を持って試合に臨めるだろうとは思います。

ただ、柿谷とFCバーゼルの契約期間は2014年~2018年の4年間。まだ契約期間が残っているため、ここで移籍という話になると違約金の問題が出てきます。セレッソとしては、期限付き移籍や違約金の値引き交渉などを検討しているようです。

この1年の不遇さに早く移籍したほうがいいとあちこちから勧められていたという柿谷自身はまだ何も意思表示をしていませんが、セレッソ大阪は11月25日現在でJ2の4位。入れ替え戦を勝ちあがらないとJ1復帰が叶いません。もし戻るとしてもJ1復帰が条件になるかもなぁ…と見られているようです。

セレ女のみなさんはセレッソ復帰を願っているかもしれませんが、チームがどこであれ、ピッチで輝く柿谷曜一朗の姿を早く見たいものです。

スポンサードリンク

柿谷曜一朗香水は出したけど試合には出られずセレッソから帰還要請も?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/11/kakitani.jpg?fit=468%2C291https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/11/kakitani.jpg?resize=150%2C150アイーダ人物サッカー,柿谷曜一朗
内田篤人、武藤嘉紀と相次いでサッカー欧州組のイケメンが結婚してしまう中、今んところまだ結婚してないイケメン柿谷曜一朗。スイスリーグのFCバーゼル所属であります。 華々しく送り出されたはいいけれど、海を渡った後の活躍がさっぱり聞こえこず、現在絶賛伸び悩み中。古巣のセレッソ大阪から帰ってこ~いコールがありそうとの噂もあります。そんな中、ベッカムやクリスティアーノ・ロナウドに倣ったか柿谷曜一朗も香水をプロデュースいたしました。いやいや、香水じゃなくて試合に出て欲しいんだよ。 スポンサードリンク 【柿谷曜一朗の香水の名前が…】 柿谷曜一朗プロデュースの香水が発売されたのは10月27日。柿谷の華やかな閃きをバラの花の香りで表現したとされるこの香水の名前は『GENIUS ROSE BY YOICHIRO KAKITANI』 バラ色の天才 だそーです。 トップアスリートが香水のプロデュースをするのは珍しいことではなくて、日本の海外組では本田圭佑も『ロードダイヤモンド』という香水を出してます。 スポンサードリンク ただ、スイスに行ったはいいけど前監督に嫌われて試合に出られず、監督が交代したら今度はケガで出られずの柿谷が天才の名を冠した香水を今出すって言うのは…案の定「そんなことしてる場合じゃないだろ!」とブーイング多数。 まあ、試合に出られないから香水出したわけではないでしょうが、ちょっとタイミングが悪かったなと思います。 香水を出したことについてはブーイングが起きていますが、『GENIUS ROSE BY YOICHIRO KAKITANI』自体の香水としての評価は悪くありません。バラというよりむしろ柑橘系、そこにフルーティな甘さの加わったユニセックスな香りです。 柑橘系のトップノートは早く香りが飛んでしまいますが、ミドル~ラストノートはほんのり甘く、うっすら香る感じ。嫌味がなくて使いやすい香りに仕上がっています。この香りが男性からしてきたら思わずクラっときちゃう というレビューもありましたから、モテ香水系ということでしょうか。さすがイケメン部長プロデュース。   【セレッソ復帰の可能性は?】 スイスリーグにおける柿谷曜一朗は、ベンチにも入れない、ベンチに入っても試合に出られないということが続いています。海外で修行したくてもなかなか思うに任せていません。 日本のJリーグはもうすぐシーズンが終わりますが、古巣のJ2セレッソ大阪が柿谷カムバーックを模索しているという噂が出てきました。確かに古巣のセレッソであれば必要とされてる感を持って試合に臨めるだろうとは思います。 ただ、柿谷とFCバーゼルの契約期間は2014年~2018年の4年間。まだ契約期間が残っているため、ここで移籍という話になると違約金の問題が出てきます。セレッソとしては、期限付き移籍や違約金の値引き交渉などを検討しているようです。 この1年の不遇さに早く移籍したほうがいいとあちこちから勧められていたという柿谷自身はまだ何も意思表示をしていませんが、セレッソ大阪は11月25日現在でJ2の4位。入れ替え戦を勝ちあがらないとJ1復帰が叶いません。もし戻るとしてもJ1復帰が条件になるかもなぁ…と見られているようです。 セレ女のみなさんはセレッソ復帰を願っているかもしれませんが、チームがどこであれ、ピッチで輝く柿谷曜一朗の姿を早く見たいものです。 スポンサードリンク