松田聖子

大御所の卒業やこの人が落選?!なんでこの人が出るの?!と話題に事欠かない今年の紅白歌合戦、松田聖子は記念すべき20回目の出場を果たします。

昨年の紅白では大トリを務めて往年の名曲『赤いスイートピー』を歌いましたが放送事故級の出来で、よくあれで大トリを引き受けたなとけっこう手厳しい意見が聞かれました。今年歌う新曲で昨年のリベンジが期待されますが、万全とは言い難いかも知れません。

スポンサードリンク

【松田聖子だから歌える新曲?】

今年の紅白で松田聖子が歌うのは9月に出た新曲の『薔薇のように咲いて桜のように散って』です。X-JapanのYOSHIKIが作詞作曲を担当しました。

まみりん
薔薇のように咲いて桜のように散るって、さざんかの歌?

ぷり子
あんたってまともな 恋愛経験値が致命的に足らんのね

今年の芸能ニュースは「不倫」の二文字でお腹いっぱいって感じでしたが、郷ひろみとの破局後1ヶ月で神田正輝と婚約し、既婚側の不倫、略奪側の不倫どっちも経験済みで現在進行形とも噂されている恋多き松田聖子がこういう別れた恋人を切なく思い出す女心を歌うと情感がにじみ出る感じですな。

【ジェフくんとの恋愛】

松田聖子の不倫といって思い出すのはアメリカ人の恋人ジェフ・ニコルスでしょうか。1990年代に海外進出を目指した折の語学教師だったジェフくんと恋に落ちた松田聖子。神田正輝との夫婦関係がほぼ破綻していた中での不倫で、ジェフくん曰く「結婚の約束までしていた」とのことでした。

ジェフくんとの交際は3年で終りましたが、ジェフくんは1994年に「真実の愛」、1995年に「壊れた愛」と相次いで暴露本を出します。プライベートな写真を含むなかなかあけすけな内容で、松田聖子がジェフくん宛てに出した熱烈なラブレターなんかも公開されました。

別れた後でこんなもん出されたらたまらんわ…。

これらの本が出た当時、ジェフくんはよくインタビューに答えてましたが、「SEIKOはこう言った」「SEIKOと僕は本当に愛し合っていた」と言うのになんか違和感がありました。なんでSEIKOなん?

松田聖子って芸名ですよね。恋愛っていわば魂削るような作業だから、素の『蒲池法子』でするもんじゃないのかと。ベッキーと川谷絵音がえりちゃんけんちゃんと呼び合ったように。

まあジェフくんとの交際に重なる形で、結婚前からの知り合いだったダンサーのアラン・リードという男性ともラブラブしていたようですから、松田聖子が「松田聖子」のままで付き合っていたのならばジェフくんが思うほどの大恋愛ではなかったのかも知れません。一つ言えることは、ジェフくんは未練がましいオトコだったよなってことでしょうか。

スポンサードリンク

【今年の紅白は大丈夫?】

昨年の紅白で松田聖子は『赤いスイートピー』で大トリを飾ったのですが、これがまことに残念な出来で酷評されておりました。しっとりとしたスローテンポの編曲が歌詞にそぐわないばかりか、つややかに伸びなくちゃならん高音は息も絶え絶えという印象で正直なところ大トリにふさわしい歌いっぷりとは言い難かったです。

今年は若い頃の歌ではなく新曲を引っさげて出場するのですが、不安材料がなくなったわけではありません。

 

松田聖子は世間的な50代半ばに比べれば尋常じゃなく美を保っています。注射打ったり引っ張り上げたりいろいろ工作しているそうなと言われてはいますが、芸能人は見た目が商売道具ですから財力が許すなら商売道具のメンテをするのは仕方がなかろうと思います。しかし、それでも油断するとこんな風にあちこちに老いを感じさせるモノが出てきてしまいます。

matudaseiko7

松田聖子は今年も高額チケットで知られる毎年恒例のクリスマスディナーショーをあちこちで行なったわけですが、五十路を過ぎてから1ヶ月足らずで15公演はキツクね?と思わずにいられません。

今年の千秋楽は12月25日の大阪でした。3日連続公演の最後にレベランス風(バレエダンサーが演技が終わってから腕を広げて膝を折るアレ)挨拶をしたものの立ち上がれなくなったそうですから、疲労困憊という感じだったのでしょう。

一年納めの紅白前に疲れ果ててしまったら、いくら若く見えるとは言っても54歳、1週間で復活できるかどうか…。

昨年もタイトなスケジュールでディナーショーをこなした後で紅白出場でした。今年も声に伸びがなく苦しげに歌ってしまうことになりゃしないかと心配です。もしも今年も去年と同じようなことなら、紅白に出たいならもう少し公演回数減らさないと恥かくばかりだよと思ってしまう。…まあ、減らしたくても減らせない事情もあるようではありますが。

【紅白の感想】

松田聖子、声出てました。でも、CD音源とまったく一緒で口パクみたいに感じたのは私だけ?

スポンサードリンク

松田聖子新曲を歌う今年の紅白でも声が出なければ原因はディナーショー確定?http://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/12/matudaseiko5.jpg?fit=1024%2C1024http://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/12/matudaseiko5.jpg?resize=150%2C150アイーダお大事に人物松田聖子,紅白
大御所の卒業やこの人が落選?!なんでこの人が出るの?!と話題に事欠かない今年の紅白歌合戦、松田聖子は記念すべき20回目の出場を果たします。 昨年の紅白では大トリを務めて往年の名曲『赤いスイートピー』を歌いましたが放送事故級の出来で、よくあれで大トリを引き受けたなとけっこう手厳しい意見が聞かれました。今年歌う新曲で昨年のリベンジが期待されますが、万全とは言い難いかも知れません。 スポンサードリンク 【松田聖子だから歌える新曲?】 今年の紅白で松田聖子が歌うのは9月に出た新曲の『薔薇のように咲いて桜のように散って』です。X-JapanのYOSHIKIが作詞作曲を担当しました。 今年の芸能ニュースは「不倫」の二文字でお腹いっぱいって感じでしたが、郷ひろみとの破局後1ヶ月で神田正輝と婚約し、既婚側の不倫、略奪側の不倫どっちも経験済みで現在進行形とも噂されている恋多き松田聖子がこういう別れた恋人を切なく思い出す女心を歌うと情感がにじみ出る感じですな。 【ジェフくんとの恋愛】 松田聖子の不倫といって思い出すのはアメリカ人の恋人ジェフ・ニコルスでしょうか。1990年代に海外進出を目指した折の語学教師だったジェフくんと恋に落ちた松田聖子。神田正輝との夫婦関係がほぼ破綻していた中での不倫で、ジェフくん曰く「結婚の約束までしていた」とのことでした。 ジェフくんとの交際は3年で終りましたが、ジェフくんは1994年に「真実の愛」、1995年に「壊れた愛」と相次いで暴露本を出します。プライベートな写真を含むなかなかあけすけな内容で、松田聖子がジェフくん宛てに出した熱烈なラブレターなんかも公開されました。 別れた後でこんなもん出されたらたまらんわ…。 これらの本が出た当時、ジェフくんはよくインタビューに答えてましたが、「SEIKOはこう言った」「SEIKOと僕は本当に愛し合っていた」と言うのになんか違和感がありました。なんでSEIKOなん? 松田聖子って芸名ですよね。恋愛っていわば魂削るような作業だから、素の『蒲池法子』でするもんじゃないのかと。ベッキーと川谷絵音がえりちゃんけんちゃんと呼び合ったように。 まあジェフくんとの交際に重なる形で、結婚前からの知り合いだったダンサーのアラン・リードという男性ともラブラブしていたようですから、松田聖子が「松田聖子」のままで付き合っていたのならばジェフくんが思うほどの大恋愛ではなかったのかも知れません。一つ言えることは、ジェフくんは未練がましいオトコだったよなってことでしょうか。 スポンサードリンク 【今年の紅白は大丈夫?】 昨年の紅白で松田聖子は『赤いスイートピー』で大トリを飾ったのですが、これがまことに残念な出来で酷評されておりました。しっとりとしたスローテンポの編曲が歌詞にそぐわないばかりか、つややかに伸びなくちゃならん高音は息も絶え絶えという印象で正直なところ大トリにふさわしい歌いっぷりとは言い難かったです。 今年は若い頃の歌ではなく新曲を引っさげて出場するのですが、不安材料がなくなったわけではありません。   松田聖子は世間的な50代半ばに比べれば尋常じゃなく美を保っています。注射打ったり引っ張り上げたりいろいろ工作しているそうなと言われてはいますが、芸能人は見た目が商売道具ですから財力が許すなら商売道具のメンテをするのは仕方がなかろうと思います。しかし、それでも油断するとこんな風にあちこちに老いを感じさせるモノが出てきてしまいます。 松田聖子は今年も高額チケットで知られる毎年恒例のクリスマスディナーショーをあちこちで行なったわけですが、五十路を過ぎてから1ヶ月足らずで15公演はキツクね?と思わずにいられません。 今年の千秋楽は12月25日の大阪でした。3日連続公演の最後にレベランス風(バレエダンサーが演技が終わってから腕を広げて膝を折るアレ)挨拶をしたものの立ち上がれなくなったそうですから、疲労困憊という感じだったのでしょう。 一年納めの紅白前に疲れ果ててしまったら、いくら若く見えるとは言っても54歳、1週間で復活できるかどうか…。 昨年もタイトなスケジュールでディナーショーをこなした後で紅白出場でした。今年も声に伸びがなく苦しげに歌ってしまうことになりゃしないかと心配です。もしも今年も去年と同じようなことなら、紅白に出たいならもう少し公演回数減らさないと恥かくばかりだよと思ってしまう。…まあ、減らしたくても減らせない事情もあるようではありますが。 【紅白の感想】 松田聖子、声出てました。でも、CD音源とまったく一緒で口パクみたいに感じたのは私だけ? スポンサードリンク