松方弘樹

脳リンパ腫という10万人に一人くらいしかかからない病気で闘病中の松方弘樹。3月に脳リンパ腫という病名が発表され、治療がうまくいけば秋には復帰が可能ということでしたが、入院後の病状などは一切明らかになっていません。

長年共に暮らした内縁の妻が面会なども断って一人で付き添っているということですが、なぜ肉親の見舞いすら断って頑なに一人で抱え込んでいるのでしょうか。

スポンサードリンク

【脳リンパ腫の予後は】

松方弘樹がかかった脳リンパ腫は脳の中枢部分に悪性腫瘍ができるやっかいなタイプだといわれます。入院時には他臓器への転移は見られなかったようですが、切除ができない脳の深部に病巣があるため放射線治療が行なわれているようです。

激しい頭痛や吐き気、手足のしびれ、難聴、視覚異常などが起こりやすく、腫瘍のサイズによっては高次脳機能障害が表れることもあるとされ、時間の感覚があいまいになったりテレビを見ていても理解できなくなるなどの症状が出たりします。

脳が原発で他への転移がなければ治療がうまく合えば日常生活に支障がないくらいに回復することもあるようですが、非常に再発しやすい病気のようで、わずか3ヶ月で再発することもあるようです。

【内縁の妻はなぜ伏せる?】

稀代の色男として数々の女性問題で芸能ニュースをにぎわせてきた松方弘樹ですが、現在74歳と高齢になりました。

現在松方弘樹に付き添って看病しているのは30歳年下の元女優の山本万里子という方です。この方は1998年に交際が発覚し、その時点ですでに何年も同居していたようでしたが、その時松方弘樹は女優の仁科明子とまだ離婚していなかったためゴシップ誌が盛大に取り上げました。

yamamotomariko

2月に入院する前に撮られた写真では、ずいぶんおじいちゃんになっちゃいましたね…。

入院後、面会が許されているのはこの山本万里子さんと松方弘樹の舞台のプロデュースをしている会社の社長と個人マネージャーのみで、他の人の面会は一切断っているようです。

山本万里子によると、面会を断っているのは感染を防ぐためと、不倫報道以来マスコミに対して不信感が強く、松方弘樹は芸能ニュースを一切見ないようにしているため、病気について報道されると何が本当で何がウソなのか松方弘樹には分からないから、だそうです。

滋味井平次老人
イマイチ意味が分からんのだが

tum子
コレは暗に松方弘樹には病気について詳しいことを一切伝えてないということでは?

松方弘樹と仁科明子の間にはタレント活動をしている仁科克基・仁科仁美兄妹がいますが、仁科克基は「父親とは20年くらい会ってない。入院のことはYahooニュースで知った」とコメントしていて驚きました。いや、いろいろあったと思うけど、こういう時は肉親には知らせるでしょ 普通。

山本万里子は現在も未入籍のままですが、それについては「(仁科亜季子さんには)申し訳ないことをしました。ご迷惑をかけました。でも妻子ある人と承知していても魅かれていく気持ちや、相手の家族に対する罪悪感は、きっと仁科さんなら理解していただけると思います」とコメントしています。

tum子
そりゃ確かに仁科明子も不倫略奪で松方弘樹と結婚したんだけど、だからって愛人がそれ言っちゃダメな気がする…

山本万里子が面会を断り続けるのは、未入籍であっても私が松方の妻です!という意思表示のようでもありますね。

スポンサードリンク

【秋頃復帰は可能か?】

松方弘樹が入院して半年あまり経ちますが、今もって病状などは明かされていません。治療がうまくいって腫瘍が小さくなったという報告もありましたが、一進一退を繰り返す病気ですからぬか喜びは出来ないだろうと思います。

思うに、頭部への放射線治療を行なえば髪も眉も抜けているでしょうし、病気の影響でぼんやりした表情になっていることも考えられます。ダンディで男らしい松方弘樹の面影がなくなってしまっているために、イメージを壊さないためにひた隠しにしているのかもしれません。そうであるなら、秋ごろの復帰は難しいのではと思ってしまいます。

確かに、時にりりしく、時にハンカチで汗をふきふき笑っていた男前の松方弘樹が、病気のせいでただの74歳のおじいちゃんになっていたらそれはそれで残念ではある。

親友の梅宮辰夫も現在ガンで闘病中です。なんとか2人揃って元気な姿で戻ってきて欲しいものです。

【追記】

松方弘樹が1月21日、入院中の病院で亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

松方弘樹脳リンパ腫の病状を内縁の妻が現在も伏せ続けるわけは?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/10/atukatahiroki.jpg?fit=446%2C302https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/10/atukatahiroki.jpg?resize=150%2C150アイーダお大事に人物松方弘樹
脳リンパ腫という10万人に一人くらいしかかからない病気で闘病中の松方弘樹。3月に脳リンパ腫という病名が発表され、治療がうまくいけば秋には復帰が可能ということでしたが、入院後の病状などは一切明らかになっていません。 長年共に暮らした内縁の妻が面会なども断って一人で付き添っているということですが、なぜ肉親の見舞いすら断って頑なに一人で抱え込んでいるのでしょうか。 スポンサードリンク 【脳リンパ腫の予後は】 松方弘樹がかかった脳リンパ腫は脳の中枢部分に悪性腫瘍ができるやっかいなタイプだといわれます。入院時には他臓器への転移は見られなかったようですが、切除ができない脳の深部に病巣があるため放射線治療が行なわれているようです。 激しい頭痛や吐き気、手足のしびれ、難聴、視覚異常などが起こりやすく、腫瘍のサイズによっては高次脳機能障害が表れることもあるとされ、時間の感覚があいまいになったりテレビを見ていても理解できなくなるなどの症状が出たりします。 脳が原発で他への転移がなければ治療がうまく合えば日常生活に支障がないくらいに回復することもあるようですが、非常に再発しやすい病気のようで、わずか3ヶ月で再発することもあるようです。 【内縁の妻はなぜ伏せる?】 稀代の色男として数々の女性問題で芸能ニュースをにぎわせてきた松方弘樹ですが、現在74歳と高齢になりました。 現在松方弘樹に付き添って看病しているのは30歳年下の元女優の山本万里子という方です。この方は1998年に交際が発覚し、その時点ですでに何年も同居していたようでしたが、その時松方弘樹は女優の仁科明子とまだ離婚していなかったためゴシップ誌が盛大に取り上げました。 2月に入院する前に撮られた写真では、ずいぶんおじいちゃんになっちゃいましたね…。 入院後、面会が許されているのはこの山本万里子さんと松方弘樹の舞台のプロデュースをしている会社の社長と個人マネージャーのみで、他の人の面会は一切断っているようです。 山本万里子によると、面会を断っているのは感染を防ぐためと、不倫報道以来マスコミに対して不信感が強く、松方弘樹は芸能ニュースを一切見ないようにしているため、病気について報道されると何が本当で何がウソなのか松方弘樹には分からないから、だそうです。 松方弘樹と仁科明子の間にはタレント活動をしている仁科克基・仁科仁美兄妹がいますが、仁科克基は「父親とは20年くらい会ってない。入院のことはYahooニュースで知った」とコメントしていて驚きました。いや、いろいろあったと思うけど、こういう時は肉親には知らせるでしょ 普通。 山本万里子は現在も未入籍のままですが、それについては「(仁科亜季子さんには)申し訳ないことをしました。ご迷惑をかけました。でも妻子ある人と承知していても魅かれていく気持ちや、相手の家族に対する罪悪感は、きっと仁科さんなら理解していただけると思います」とコメントしています。 山本万里子が面会を断り続けるのは、未入籍であっても私が松方の妻です!という意思表示のようでもありますね。 スポンサードリンク 【秋頃復帰は可能か?】 松方弘樹が入院して半年あまり経ちますが、今もって病状などは明かされていません。治療がうまくいって腫瘍が小さくなったという報告もありましたが、一進一退を繰り返す病気ですからぬか喜びは出来ないだろうと思います。 思うに、頭部への放射線治療を行なえば髪も眉も抜けているでしょうし、病気の影響でぼんやりした表情になっていることも考えられます。ダンディで男らしい松方弘樹の面影がなくなってしまっているために、イメージを壊さないためにひた隠しにしているのかもしれません。そうであるなら、秋ごろの復帰は難しいのではと思ってしまいます。 確かに、時にりりしく、時にハンカチで汗をふきふき笑っていた男前の松方弘樹が、病気のせいでただの74歳のおじいちゃんになっていたらそれはそれで残念ではある。 親友の梅宮辰夫も現在ガンで闘病中です。なんとか2人揃って元気な姿で戻ってきて欲しいものです。 【追記】 松方弘樹が1月21日、入院中の病院で亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。 スポンサードリンク