iyasi

結婚して欲しいなんてことは思わない。ただ彼にとっての癒しの存在になりたい。「お前といるとホント癒されるよ」なんて言葉は、不倫に限らず彼氏のいる女性にとって最上級の褒め言葉です。

不倫っていうのは付き合ってる男女に結婚という共通目標がなかったり、あったとしてもシングル同士のカップルとは比べ物にならないくらい難儀なことが多いもの。せめて逢瀬の間だけでも癒しの存在になるために覚えておくとポイントの高いことは何でしょうか。

スポンサードリンク

【男たちはどんな女に癒される?】

これは知人から聞いたお話。
ある方のダンナさん、50歳前の管理職の方でしたが、そのダンナさんが不倫しているらしいことを奥様はご存知でした。その奥様はいつも身奇麗にして仕事もできるし家事も完璧、ダンナさんの健康管理にもそれはそれは気を配っていると評判で、奥様自身そのことに誇りを持ち自分以上の妻はいないと思っていました。

しばらく放っておけば飽きて帰ってくるだろうと様子を見ていたそうなのですが、一向に冷める気配がなく帰りはどんどん遅くなるし休日にいそいそと出かけることが増えてきました。

しばらくすると、ダンナさんからいま付き合っている女性と結婚したいからと離婚を切り出されて奥様は驚きました。そんなもん そうですか はいはいと言える訳がないし、これまで妻として完璧にふるまってきたはずなのにと、奥様は自分の何が悪かったのかを問いただしてショックを受けました。

ダンナさんの不倫相手は自分の娘ほど年下で、会っている時はベッドに転がったままほとんど何もせずダンナさんを○○ちゃんと呼び、ダンナさんは自分でかいがいしくお風呂にお湯を張りお茶を入れていると。その姿を奥様は想像できませんでした。

奥様とは真逆の不倫相手と結婚したいと言い出したダンナさんは奥様にこう言ったそうです。
「お前はよく出来た女房だったけど、窮屈で我慢ができなかった」

この話を聞いて藤原紀香と陣内智則の離婚を思い出したのですが、嫁さんが良かれと思ってあれこれしていることは必ずしもダンナさんにとって癒しにはならない見本みたいな話ですね。

男は門を出たら7人の敵がいる なんて言葉がありますが、結局のところ 男たちはどこかでだら~っとする時間を求めて緊張と弛緩のバランスをとりたがっているということでしょう。

■もっと会いたい!と思わせるアイテム満載■

【不倫男たちはみな癒されたいのか】

多くの不倫男性が何かしらの不満を持っています。それは家庭でATMとしてしか扱われないことに対する不満だったり、好きでもない仕事を上司にがみがみ言われながらやらなくちゃなんない不満だったり、先日議員辞職した宮崎元議員みたいに本音は嫁さんひとりじゃ我慢ができないくだらない不満だったりといろいろです。

不倫女子は、そういった彼らの不満を解消することはできません。しかし、会ってる間のひとときは忘れさせてくれる存在ではあります。

しかし中には不倫に癒しを求めない人種もいます。不倫相手に「婚外ですること」しか求めてない人たちです。生理中だと伝えると会うのをやめるとか、いつなら生でもOKかやたら気にかけるような人はベッドの中だけのお付き合いに徹するのであれば気楽ですが、うっかり気持ちが入ると非常にむなしい思いをしがちになります。

スポンサードリンク

【癒されるなぁと思わせる業がある?】

これはちょっと勉強すればすぐ出来ます。

肩もみの上手い女性になればいいのです。

拍子抜けするようなことですが、肩もみが上手いというのはかなりポイントが高いってのは実証済みです。ここで大事なのはもんであげる気持ちではなく、技術です。マッサージなんてものは本格的に勉強しないと身につかないと思うかもしれませんが、ちょっと練習すればすぐ覚えられるものです。

座っている彼の後ろに立ち、親指を開いて両肩に手を乗せます。親指を首の付け根のぐりぐりした骨をはさんで指3本分くらいの位置に置き、ぐーーっと押し込んで下さい。上向きにつまみ上げてしまうと痛がらせるだけでもう触らせてくれなくなるのでアウトです。

こういったツボの本は非常に参考になります。ただし、ツボによっては効くけどやたら痛いものもあるのでやみくもに押さないほうがいいです(笑)肩から首、耳の後ろあたりまでが上手にマッサージできるようになると、疲れたなぁ…と思ったときに思い出してくれる回数がぐんと増えます。

車の中でまったりすることが多い不倫カップル場合、肩をもむにはちとスペース的に余裕がないこともありますね。

そういう時はハンドマッサージがお勧めです。指と手の平(特に手の平の中心)をほぐすようにマッサージするものですが、デスクワークの人にとってはこれはは意外なほど気持ちよかったりします。ハンドマッサージなら彼の話を聞きながらでもできるのでお勧めです。

本格的な癒しの提供!なんてことは考える必要はありません。もっと気持ちいいボディタッチだと思えばいい。

不倫といえども恋愛ですから、愛されたい気持ちがあふれそうになるかも知れません。ただ、不倫男性の多くはあれこれ要求しない女性を楽だと感じます。より居心地のいい女を目指してください。

スポンサードリンク

彼の癒しになりたい不倫女子ならぜひ覚えておきたいこととは?https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/iyasi.jpg?fit=479%2C322https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/iyasi.jpg?resize=150%2C150アイーダしてる側不倫不倫,会いたい,癒し
結婚して欲しいなんてことは思わない。ただ彼にとっての癒しの存在になりたい。「お前といるとホント癒されるよ」なんて言葉は、不倫に限らず彼氏のいる女性にとって最上級の褒め言葉です。 不倫っていうのは付き合ってる男女に結婚という共通目標がなかったり、あったとしてもシングル同士のカップルとは比べ物にならないくらい難儀なことが多いもの。せめて逢瀬の間だけでも癒しの存在になるために覚えておくとポイントの高いことは何でしょうか。 スポンサードリンク 【男たちはどんな女に癒される?】 これは知人から聞いたお話。 ある方のダンナさん、50歳前の管理職の方でしたが、そのダンナさんが不倫しているらしいことを奥様はご存知でした。その奥様はいつも身奇麗にして仕事もできるし家事も完璧、ダンナさんの健康管理にもそれはそれは気を配っていると評判で、奥様自身そのことに誇りを持ち自分以上の妻はいないと思っていました。 しばらく放っておけば飽きて帰ってくるだろうと様子を見ていたそうなのですが、一向に冷める気配がなく帰りはどんどん遅くなるし休日にいそいそと出かけることが増えてきました。 しばらくすると、ダンナさんからいま付き合っている女性と結婚したいからと離婚を切り出されて奥様は驚きました。そんなもん そうですか はいはいと言える訳がないし、これまで妻として完璧にふるまってきたはずなのにと、奥様は自分の何が悪かったのかを問いただしてショックを受けました。 ダンナさんの不倫相手は自分の娘ほど年下で、会っている時はベッドに転がったままほとんど何もせずダンナさんを○○ちゃんと呼び、ダンナさんは自分でかいがいしくお風呂にお湯を張りお茶を入れていると。その姿を奥様は想像できませんでした。 奥様とは真逆の不倫相手と結婚したいと言い出したダンナさんは奥様にこう言ったそうです。 「お前はよく出来た女房だったけど、窮屈で我慢ができなかった」 この話を聞いて藤原紀香と陣内智則の離婚を思い出したのですが、嫁さんが良かれと思ってあれこれしていることは必ずしもダンナさんにとって癒しにはならない見本みたいな話ですね。 男は門を出たら7人の敵がいる なんて言葉がありますが、結局のところ 男たちはどこかでだら~っとする時間を求めて緊張と弛緩のバランスをとりたがっているということでしょう。 ■もっと会いたい!と思わせるアイテム満載■ 【不倫男たちはみな癒されたいのか】 多くの不倫男性が何かしらの不満を持っています。それは家庭でATMとしてしか扱われないことに対する不満だったり、好きでもない仕事を上司にがみがみ言われながらやらなくちゃなんない不満だったり、先日議員辞職した宮崎元議員みたいに本音は嫁さんひとりじゃ我慢ができないくだらない不満だったりといろいろです。 不倫女子は、そういった彼らの不満を解消することはできません。しかし、会ってる間のひとときは忘れさせてくれる存在ではあります。 しかし中には不倫に癒しを求めない人種もいます。不倫相手に「婚外ですること」しか求めてない人たちです。生理中だと伝えると会うのをやめるとか、いつなら生でもOKかやたら気にかけるような人はベッドの中だけのお付き合いに徹するのであれば気楽ですが、うっかり気持ちが入ると非常にむなしい思いをしがちになります。 スポンサードリンク 【癒されるなぁと思わせる業がある?】 これはちょっと勉強すればすぐ出来ます。 肩もみの上手い女性になればいいのです。 拍子抜けするようなことですが、肩もみが上手いというのはかなりポイントが高いってのは実証済みです。ここで大事なのはもんであげる気持ちではなく、技術です。マッサージなんてものは本格的に勉強しないと身につかないと思うかもしれませんが、ちょっと練習すればすぐ覚えられるものです。 座っている彼の後ろに立ち、親指を開いて両肩に手を乗せます。親指を首の付け根のぐりぐりした骨をはさんで指3本分くらいの位置に置き、ぐーーっと押し込んで下さい。上向きにつまみ上げてしまうと痛がらせるだけでもう触らせてくれなくなるのでアウトです。 こういったツボの本は非常に参考になります。ただし、ツボによっては効くけどやたら痛いものもあるのでやみくもに押さないほうがいいです(笑)肩から首、耳の後ろあたりまでが上手にマッサージできるようになると、疲れたなぁ…と思ったときに思い出してくれる回数がぐんと増えます。 車の中でまったりすることが多い不倫カップル場合、肩をもむにはちとスペース的に余裕がないこともありますね。 そういう時はハンドマッサージがお勧めです。指と手の平(特に手の平の中心)をほぐすようにマッサージするものですが、デスクワークの人にとってはこれはは意外なほど気持ちよかったりします。ハンドマッサージなら彼の話を聞きながらでもできるのでお勧めです。 本格的な癒しの提供!なんてことは考える必要はありません。もっと気持ちいいボディタッチだと思えばいい。 不倫といえども恋愛ですから、愛されたい気持ちがあふれそうになるかも知れません。ただ、不倫男性の多くはあれこれ要求しない女性を楽だと感じます。より居心地のいい女を目指してください。 スポンサードリンク