hiratakehiro5

平岳大。このところドラマの重要な脇役として活躍中で、スーパー歌舞伎にも出演を果たしました。インテリでちょっと近寄り難い雰囲気がありますが、素顔は気さくで陽気な人物です。3月11日のぴったんこカンカンに出演しますね。

身長183センチの惚れ惚れするような男前なのに現在41歳、なぜか独身。とっくに結婚しててもよさそうなのに不思議です。もしかしたら偉大な父親の離婚原因が影を落としている?

スポンサードリンク

【武将に嫌味な上司にアニメの実写まで?】

平岳大は固定したイメージのない柔軟な役者だなぁと思います。その中でも特にはまっていたのが、メガネにスーツ姿のキャリア組そのものみたいな高慢ちきな若造上司役。

hiratakehiro7

『64(ロクヨン)』の赤間部長。年長の部下を虫けらのように見下して嫌味なことこの上なし。原作はこんなシャープなイケメンのイメージではありませんが、上司じゃなかったらぶん殴ってやりたい!と思わせる性格の悪さはよく出ていました。

リリコ
このビジュアルはスーツ系のBLマンガが実写化されるときに絶対オファーがきそう

ふれでぃ
主人公にパワハラまがいで迫る上司とかね やーん 似合う~

かと思えば『真田丸』で演じた武田勝頼の悲しく美しかったこと!たった2回でもう出てこないのがもったいなくて仕方がありませんでした。
hiratakehiro6

ぷり子
あの武田勝頼は 品があって深く静かに悲しい武将だったわよねぇ

ふれでぃ
「もう、いいのだ…」って言ったところなんか、あたし号泣したわよぉ

tum子
ふれでぃ、地金が出まくってますからちょっと黙っててください

ストーリーを引き締める脇役としていろんな役に挑戦していますが、スーパー歌舞伎にも出演して、なんと世界的人気マンガ『ワンピース』のエースを演じております。

平岳大がすごいというよりマンガまで歌舞伎にするか!ということにオドロキですが、福士誠治とダブルキャストで演じるエース役、主役のルフィが市川猿之助ってことを考えると、平岳大の方が似合っているかもしれません。

スポンサードリンク

【結婚しないのは父の浮気相手に原因が?】

平岳大は舞台俳優の重鎮平幹二朗を父に、大女優の佐久間良子を母に持つ生粋のサラブレッドです。双子の妹がいますが、この方は演技の仕事はしていないようです。

森進一が大原麗子と離婚するとき「家の中に男が2人いた」という名言を残していますが、平幹二朗と佐久間良子夫妻もそれと似たようなものだったようで、家の中の雰囲気がぎすぎすしていて子どもたちにストレス性の症状が出ていたため平岳大が10歳の時に両親は離婚します。

この離婚のきっかけとなったのは平幹二朗の浮気の発覚でした。

離婚の引き金としてはありがちなことですが、平幹二朗の場合は一味違いました。

浮気相手が若い男性の劇団員だったのです!驚いたことに平幹二朗はこれを否定しませんでした。

母親の佐久間良子はそれはそれはプライドの高い方でしたから、少々の浮気であればなんとか許したのかもしれませんが、相手が男じゃもう…。

離婚後、平岳大兄妹は母親のもとで育ち、平岳大は15歳の時に単身渡米して高校、大学をアメリカで送ります。出身大学は名門ブラウン大学。その後コロンビア大学の大学院へ進学しますが中退して投資顧問会社などに勤務し、27歳の時に役者に転身します。

佐久間良子と妹は長く平幹二朗を許さなかったようです。平岳大は大学の卒業式に両親を呼んだのですが母親は同席することを拒否。両親は顔を合わさずに帰国できるはずでしたがばったり顔を合わせてしまうハプニングに見舞われます。

その時平幹二朗は「やあ 久しぶり!食事でもどう?」と声をかけたのですが佐久間良子きっぱりと「結構です!」。両親が和解したのはそれから5年後、舞台『鹿鳴館』での両親との共演時でした。

hiratakehiro4

平岳大と幹二朗親子はこんな風に打ち解けて対談などできるいい関係なわけですが、両親の離婚当時の週刊誌の大騒ぎ振りは大変なものでした。まあ、浮気相手が男じゃ無理もない(苦笑)

平岳大に熱愛の噂も結婚の気配もないのは、プライドの高い母(妹も母親似の性分のようです)を若干持て余していることと、子供の頃身近で感じた両親の離婚騒動が遠因になっているんじゃないのかなと思うのですが。

スポンサードリンク

平岳大エースも演じたイケメン二世が結婚しないのは父親の浮気相手に原因が?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/hiratakehiro5.jpg?fit=500%2C333https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/hiratakehiro5.jpg?resize=150%2C150アイーダイケメン人物平岳大
平岳大。このところドラマの重要な脇役として活躍中で、スーパー歌舞伎にも出演を果たしました。インテリでちょっと近寄り難い雰囲気がありますが、素顔は気さくで陽気な人物です。3月11日のぴったんこカンカンに出演しますね。 身長183センチの惚れ惚れするような男前なのに現在41歳、なぜか独身。とっくに結婚しててもよさそうなのに不思議です。もしかしたら偉大な父親の離婚原因が影を落としている? スポンサードリンク 【武将に嫌味な上司にアニメの実写まで?】 平岳大は固定したイメージのない柔軟な役者だなぁと思います。その中でも特にはまっていたのが、メガネにスーツ姿のキャリア組そのものみたいな高慢ちきな若造上司役。 『64(ロクヨン)』の赤間部長。年長の部下を虫けらのように見下して嫌味なことこの上なし。原作はこんなシャープなイケメンのイメージではありませんが、上司じゃなかったらぶん殴ってやりたい!と思わせる性格の悪さはよく出ていました。 かと思えば『真田丸』で演じた武田勝頼の悲しく美しかったこと!たった2回でもう出てこないのがもったいなくて仕方がありませんでした。 ストーリーを引き締める脇役としていろんな役に挑戦していますが、スーパー歌舞伎にも出演して、なんと世界的人気マンガ『ワンピース』のエースを演じております。 平岳大がすごいというよりマンガまで歌舞伎にするか!ということにオドロキですが、福士誠治とダブルキャストで演じるエース役、主役のルフィが市川猿之助ってことを考えると、平岳大の方が似合っているかもしれません。 スポンサードリンク 【結婚しないのは父の浮気相手に原因が?】 平岳大は舞台俳優の重鎮平幹二朗を父に、大女優の佐久間良子を母に持つ生粋のサラブレッドです。双子の妹がいますが、この方は演技の仕事はしていないようです。 森進一が大原麗子と離婚するとき「家の中に男が2人いた」という名言を残していますが、平幹二朗と佐久間良子夫妻もそれと似たようなものだったようで、家の中の雰囲気がぎすぎすしていて子どもたちにストレス性の症状が出ていたため平岳大が10歳の時に両親は離婚します。 この離婚のきっかけとなったのは平幹二朗の浮気の発覚でした。 離婚の引き金としてはありがちなことですが、平幹二朗の場合は一味違いました。 浮気相手が若い男性の劇団員だったのです!驚いたことに平幹二朗はこれを否定しませんでした。 母親の佐久間良子はそれはそれはプライドの高い方でしたから、少々の浮気であればなんとか許したのかもしれませんが、相手が男じゃもう…。 離婚後、平岳大兄妹は母親のもとで育ち、平岳大は15歳の時に単身渡米して高校、大学をアメリカで送ります。出身大学は名門ブラウン大学。その後コロンビア大学の大学院へ進学しますが中退して投資顧問会社などに勤務し、27歳の時に役者に転身します。 佐久間良子と妹は長く平幹二朗を許さなかったようです。平岳大は大学の卒業式に両親を呼んだのですが母親は同席することを拒否。両親は顔を合わさずに帰国できるはずでしたがばったり顔を合わせてしまうハプニングに見舞われます。 その時平幹二朗は「やあ 久しぶり!食事でもどう?」と声をかけたのですが佐久間良子きっぱりと「結構です!」。両親が和解したのはそれから5年後、舞台『鹿鳴館』での両親との共演時でした。 平岳大と幹二朗親子はこんな風に打ち解けて対談などできるいい関係なわけですが、両親の離婚当時の週刊誌の大騒ぎ振りは大変なものでした。まあ、浮気相手が男じゃ無理もない(苦笑) 平岳大に熱愛の噂も結婚の気配もないのは、プライドの高い母(妹も母親似の性分のようです)を若干持て余していることと、子供の頃身近で感じた両親の離婚騒動が遠因になっているんじゃないのかなと思うのですが。 スポンサードリンク