山辺節子

タイで拘束され詐欺容疑で逮捕された『つなぎ融資の女王』こと山辺節子容疑者62歳。タイ人の彼氏に38歳と偽り、肩出し脚出しの超かわいいファッションでキメた姿は「山辺節子」と書いて「激痛若作り」と読みたくなるほどです。現在、調べには素直に応じているようですが、職業は愛人業と答えたとか。うぉいっ!

スポンサードリンク

【愛人業って職業か?】

タイで拘束され、護送車に乗せられながらインタビューに答えた山辺容疑者の罪の意識のなさそーな可愛い声に顔が見えなきゃ萌える!と思った人もいるんじゃないかと思いますが、帰国してからはよい子で取り調べに応じているようです。

そこで出てきた「職業は愛人業です」という言葉。

愛人業って言葉は聞いたことがありましたが、この言葉からイメージするのは松本清張の小説『黒革の手帖』に出てくるような、米倉涼子のはまり役っぽい、美貌で男を手玉に取るようなシャープな美人なので、1980年代にあちこちに増殖した「えー、わかんないですぅ」と小首を傾げてみせるカマトトぶった女子高生がそのまんま年食ったような山辺容疑者が「愛人業」を自称することに少なからず違和感であります(苦笑)

ふれでぃ
国勢調査票の職業欄にも「愛人業」って書くのかね

tum子
あれは書いて封筒に入れて出すだけだから、書いてしまえばこっちのもんじゃね?

愛人業なる職業があるのか気になったので産業・職業分類表で調べてみましたが愛人業はどこにも該当してませんでした

というわけで、山辺容疑者の職業は「無職」が正解なんだと思います。

ただまぁ、わざわざ愛人業を自称するってことは、「私の武器はこの美貌だけ」みたいな自負がみなぎっているということなんでしょう。服装の痛さに加えて自己認識の痛さも半端ない感じがします。

スポンサードリンク

【悪どさを無邪気に語る】

融資話を持ちかけて7億円あまりも集めまくった山辺容疑者ですが、調べでは「融資なんかするつもりはなかった」と答えております。

これはある意味 どひゃあな発言です。せめて「だますつもりはなかった」と形ばかりでもいうことは出来なかったのかね。

元本保証で年利25%という、バブルの頃でも見たことないおいしすぎる話を持ちかけられて、あほなこと言ってんじゃねぇ!と突っぱねもせずにそれじゃあと大金を預ける人が何十人もいたってことですが、いくら集めたか分からないと言う山辺容疑者の目には「あははーお金せしめるのって簡単~♪」って感じだったんですかね。

お金を集めた理由として、若い頃事業に失敗して子どもに立て替えてもらったため負い目があった。自立したかった。とのことですが、美容整形代に800万円くらい使ったということです。年齢の割にキレイなデコルテや脚に化けたってことでしょう。

なんてったって「愛人業」ですから。いくつになってもかわいくて愛されるボディをキープしなくてはならないのだ。ただ、愛人業ってものが自立に繋がるのかどうかは若干疑問ですが。

【芯から毒婦?】

このニュースが報じられてから、山辺節子とはどういう人物なのかが盛んに取りざたされています。中学の時の彼氏は先生だったとか、若い頃に町議だか県議だかと不倫して、すっかり入れあげてしまったその議員さんは自宅に帰らず山辺容疑者の家で暮らしていたとか。

昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた益城町にある山辺容疑者の立派な自宅は、見たところ被害もなくでん!と構えております。裕福な家庭に育ったお嬢さんだったということですが、男を手玉に取る手腕は天性のものだったのかも知れません。

ちょっと可愛い顔してみせれば男はほいほいお金を出すものだという認識で生きてきたのなら、調べに対して「融資なんかするつもりはなかった」「いくら集めたのか分からない」なんてことが悪びれずにすらすらと口から出てきてしまっても仕方がないものなんですかね…。

最初、男に捨てられないために必死で若作りしてる62歳だと思いましたが、なんかこの人の中では時が止まっているんじゃないかという気がしてきます。どの時点で整形が必要なくらい年をとったと気づいたのか興味がありますな。

スポンサードリンク

山辺節子容疑者職業を聞かれて「愛人業」整形800万の毒婦っぷりがすごすぎて笑えてくるhttps://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/04/yamabesetuko2.jpg?fit=472%2C330https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/04/yamabesetuko2.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース山辺節子
タイで拘束され詐欺容疑で逮捕された『つなぎ融資の女王』こと山辺節子容疑者62歳。タイ人の彼氏に38歳と偽り、肩出し脚出しの超かわいいファッションでキメた姿は「山辺節子」と書いて「激痛若作り」と読みたくなるほどです。現在、調べには素直に応じているようですが、職業は愛人業と答えたとか。うぉいっ! スポンサードリンク 【愛人業って職業か?】 タイで拘束され、護送車に乗せられながらインタビューに答えた山辺容疑者の罪の意識のなさそーな可愛い声に顔が見えなきゃ萌える!と思った人もいるんじゃないかと思いますが、帰国してからはよい子で取り調べに応じているようです。 そこで出てきた「職業は愛人業です」という言葉。 愛人業って言葉は聞いたことがありましたが、この言葉からイメージするのは松本清張の小説『黒革の手帖』に出てくるような、米倉涼子のはまり役っぽい、美貌で男を手玉に取るようなシャープな美人なので、1980年代にあちこちに増殖した「えー、わかんないですぅ」と小首を傾げてみせるカマトトぶった女子高生がそのまんま年食ったような山辺容疑者が「愛人業」を自称することに少なからず違和感であります(苦笑) 愛人業なる職業があるのか気になったので産業・職業分類表で調べてみましたが愛人業はどこにも該当してませんでした。 というわけで、山辺容疑者の職業は「無職」が正解なんだと思います。 ただまぁ、わざわざ愛人業を自称するってことは、「私の武器はこの美貌だけ」みたいな自負がみなぎっているということなんでしょう。服装の痛さに加えて自己認識の痛さも半端ない感じがします。 スポンサードリンク 【悪どさを無邪気に語る】 融資話を持ちかけて7億円あまりも集めまくった山辺容疑者ですが、調べでは「融資なんかするつもりはなかった」と答えております。 これはある意味 どひゃあな発言です。せめて「だますつもりはなかった」と形ばかりでもいうことは出来なかったのかね。 元本保証で年利25%という、バブルの頃でも見たことないおいしすぎる話を持ちかけられて、あほなこと言ってんじゃねぇ!と突っぱねもせずにそれじゃあと大金を預ける人が何十人もいたってことですが、いくら集めたか分からないと言う山辺容疑者の目には「あははーお金せしめるのって簡単~♪」って感じだったんですかね。 お金を集めた理由として、若い頃事業に失敗して子どもに立て替えてもらったため負い目があった。自立したかった。とのことですが、美容整形代に800万円くらい使ったということです。年齢の割にキレイなデコルテや脚に化けたってことでしょう。 なんてったって「愛人業」ですから。いくつになってもかわいくて愛されるボディをキープしなくてはならないのだ。ただ、愛人業ってものが自立に繋がるのかどうかは若干疑問ですが。 【芯から毒婦?】 このニュースが報じられてから、山辺節子とはどういう人物なのかが盛んに取りざたされています。中学の時の彼氏は先生だったとか、若い頃に町議だか県議だかと不倫して、すっかり入れあげてしまったその議員さんは自宅に帰らず山辺容疑者の家で暮らしていたとか。 昨年4月の熊本地震で大きな被害を受けた益城町にある山辺容疑者の立派な自宅は、見たところ被害もなくでん!と構えております。裕福な家庭に育ったお嬢さんだったということですが、男を手玉に取る手腕は天性のものだったのかも知れません。 ちょっと可愛い顔してみせれば男はほいほいお金を出すものだという認識で生きてきたのなら、調べに対して「融資なんかするつもりはなかった」「いくら集めたのか分からない」なんてことが悪びれずにすらすらと口から出てきてしまっても仕方がないものなんですかね…。 最初、男に捨てられないために必死で若作りしてる62歳だと思いましたが、なんかこの人の中では時が止まっているんじゃないかという気がしてきます。どの時点で整形が必要なくらい年をとったと気づいたのか興味がありますな。 スポンサードリンク