小池百合子

※小池さん当選です。初の女性都知事が誕生します。追記あり。

参院選が終わって一息つく間もなく始まる東京都知事選。真っ先に立候補の名乗りを挙げた元防衛大臣の小池百合子に対する自民党東京都連の扱いがいくらなんでも酷くね?と話題になっています。

政治音痴の目からすると、自民党の大臣経験もある人が出るって言ってるんだから都連は応援してあげればいいのにと思うのですが小池百合子の応援禁止のいつの時代のお触れだ?と思うような通達が出される背景には、なんとなく私怨の匂いがしているようです。

スポンサードリンク

【出たい人が出ちゃダメなの?】

櫻井パパが絶対出ませんからと自民党のお偉方直々の出馬要請をがんとして固辞したところからスタートした都知事選。石田純一が突然出馬を表明したものの準備不足を理由にすごすごと撤回したかと思ったらジャーナリストの鳥越俊太郎が突然ぼく出ますと会見を開き、弁護士の宇都宮氏が3度目の正直で立候補を表明しました。※追記:宇都宮氏は立候補を取り下げて鳥越さんの応援をするそうです。

やる気のある人が手を挙げてそれに対して票を投じればいいじゃんと思うのですが、『党』ってものが絡むとそういうわけにはいないもののようです。

小池百合子は立候補を表明してから自民党都連に公認の要請をしましたが、都連は「出るとか聞いてねーし!勝手なことすんなやゴルァ!」とばかりに自民党公認候補として元新潟県知事で元総務大臣の増田寛也をおっ立てて来ました。

ここで政治音痴的疑問。公認って何?って話ですが、ものすごく平べったく言うと 公認を受ければ党から応援してもらえて、公認がもらえないと党員であっても選挙に関して知らん顔されちゃうということです。

身内なんだから仲良くしようよぉと思ってしまいますが、党内には派閥がわらわらしていていかにして出る釘を打とうか虎視眈々という有様ですから、「出ちゃった♪いいでしょ?」なんてことは断じて許さん!ということなんでしょう。

【公認がもらえなかったのは私怨?】

都知事選が行なわれることになったとき、民進党は蓮舫民進党代表代行を立ててくるんじゃないかと噂されました。蓮舫が出るなら自民党は小池百合子をぶつけてくるんじゃ?と見られていたので、蓮舫が「私は国政がやりたいんです」と都知事選には出ないことを表明した後に小池百合子が出馬を表明した時に、対抗馬がいなくてもやる気なんだと思ったものです。

しかし自民党都連はいつまで経っても小池百合子を公認候補として認めず、小池百合子は公認要請を取り下げました。

すんなり党の公認をとりつけられなかった背景には、都連会長の石原伸晃大臣が小池百合子のことを大嫌いということが無関係ではないと言われます。

2008年の自民党総裁選、石原伸晃も立候補していました。、結果はローゼン閣下の麻生太郎が予定調和的圧勝だったのですが、総裁選でどれだけの得票があるかで党内にどれだけ自分の味方をつけられるかの指標にもなります。

この総裁選に小池百合子がひょこっと立候補して次点で選挙を終えました。石原伸晃は自分に入るはずだった票を持っていかれて3位に甘んじる羽目になったと恨んでいるというのです。

まあ石原伸晃は震災後の「最後は金」発言で一気に世間の信頼を失墜させてしまったので、この時の3位がどれだけ影響したのかはわからんのですが(苦笑)

とにかく小池百合子憎しの石原都連会長は、公認は小池でもいいんじゃない?という声も出る中「小池だけはダメ!」と強硬に押し切っちゃったようです。

ぷり子
器、ちっちゃいね(苦笑)

スポンサードリンク

【ラスボスの存在】

自民党都連は党員に対して『小池百合子の都知事選の応援は身内であっても禁ずる。従わない場合は除名処分もある』というそこまで言うか?という通達を出しました。

確かに筋を通さずスタンドプレー的な立候補ではありますが、そこまで露骨に報復せんでも…と思ってしまいます。

こういう厳しい対応をするのはなぜか。ラスボスの森善朗元総理がいるからです。

森喜朗

森元総理は典型的なお殿体質なのでなんでも自分の思い通りじゃないと気に入らないのですが現役の議員時代に小池百合子が意に沿わない動きを見せたことが何度かあったため、石原伸晃同様、小池百合子が大嫌いなのです

小池百合子

小池百合子は都知事選出馬の公約として都議会の解散、オリンピックを含む利害の追及、舛添問題の第三者委員会設置を掲げました。

森元総理は4年後に控える東京オリンピックの大会委員長ですが、脱いだ背広をくんくん嗅げば加齢臭とともに利権の匂いがぷんぷんしそうな御大です。

オリンピックの予算が招致後にどんどん膨らんで問題になりましたが、その裏に利権がもぞもぞ動いていたことは想像に難くないこと。森元総理としてはつつかれたくない部分を嫌いな女がつつこうとしているのは絶対許さん!ということなんでしょう。

【小池百合子はどこへ行く】

出馬を表明した時、小池百合子は「崖から飛び降りるつもりで」と出馬を決めた心境を語りました。それを聞いて、この崖が対戦中、追い詰められた多くの民間人が「天皇陛下万歳!」と叫びながら身を投げたバンザイクリフじゃなけりゃいいんだけどとふと思いました。

バンザイクリフ

小池百合子のことをこれまでいくつもの党を渡り歩いてきた強い者に擦り寄る妾体質と評する人もいます。政治の世界は義理と筋を通すことを重んじる切った張ったの任侠の世界に近いものがありますから、渡り鳥議員は芯が通らない人物と見られてしまうところがあるのでしょう。

イギリスの新首相がテリーザ・メイに決まり、アメリカの大統領はヒラリー・クリントンがなるかも知れないいまの世の中。日本の首都東京を女性が束ねるときがついにやってくるのか、それとも飛び降りた崖がバンザイクリフとなるのか。都民じゃなくても注目したいところです。

【追記】

開票速報が始まると同時に小池百合子の当確がでました。すげー。

最後まで影が薄かった増田さんとイケメンだけどすぐ激怒する鳥越さん、それからその他大勢の候補者のみなさんを向こうに回してのあっぱれな勝利です。小池さんの勝利は、増田さんの応援演説に立った元都知事の石原さんの「厚化粧の女に任せるわけにはいかない」という小池さんを罵倒する暴言がいくらかの追い風になったことは間違いなさそうです。
スポンサードリンク

小池百合子都知事出馬に対する自民党都連の扱いは私怨?なんでこんなに嫌われてるの?https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/07/koikeyuriko6.jpg?fit=500%2C319https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/07/koikeyuriko6.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース小池百合子,政治,森善郎,議員,都知事
※小池さん当選です。初の女性都知事が誕生します。追記あり。 参院選が終わって一息つく間もなく始まる東京都知事選。真っ先に立候補の名乗りを挙げた元防衛大臣の小池百合子に対する自民党東京都連の扱いがいくらなんでも酷くね?と話題になっています。 政治音痴の目からすると、自民党の大臣経験もある人が出るって言ってるんだから都連は応援してあげればいいのにと思うのですが小池百合子の応援禁止のいつの時代のお触れだ?と思うような通達が出される背景には、なんとなく私怨の匂いがしているようです。 スポンサードリンク 【出たい人が出ちゃダメなの?】 櫻井パパが絶対出ませんからと自民党のお偉方直々の出馬要請をがんとして固辞したところからスタートした都知事選。石田純一が突然出馬を表明したものの準備不足を理由にすごすごと撤回したかと思ったらジャーナリストの鳥越俊太郎が突然ぼく出ますと会見を開き、弁護士の宇都宮氏が3度目の正直で立候補を表明しました。※追記:宇都宮氏は立候補を取り下げて鳥越さんの応援をするそうです。 やる気のある人が手を挙げてそれに対して票を投じればいいじゃんと思うのですが、『党』ってものが絡むとそういうわけにはいないもののようです。 小池百合子は立候補を表明してから自民党都連に公認の要請をしましたが、都連は「出るとか聞いてねーし!勝手なことすんなやゴルァ!」とばかりに自民党公認候補として元新潟県知事で元総務大臣の増田寛也をおっ立てて来ました。 ここで政治音痴的疑問。公認って何?って話ですが、ものすごく平べったく言うと 公認を受ければ党から応援してもらえて、公認がもらえないと党員であっても選挙に関して知らん顔されちゃうということです。 身内なんだから仲良くしようよぉと思ってしまいますが、党内には派閥がわらわらしていていかにして出る釘を打とうか虎視眈々という有様ですから、「出ちゃった♪いいでしょ?」なんてことは断じて許さん!ということなんでしょう。 【公認がもらえなかったのは私怨?】 都知事選が行なわれることになったとき、民進党は蓮舫民進党代表代行を立ててくるんじゃないかと噂されました。蓮舫が出るなら自民党は小池百合子をぶつけてくるんじゃ?と見られていたので、蓮舫が「私は国政がやりたいんです」と都知事選には出ないことを表明した後に小池百合子が出馬を表明した時に、対抗馬がいなくてもやる気なんだと思ったものです。 しかし自民党都連はいつまで経っても小池百合子を公認候補として認めず、小池百合子は公認要請を取り下げました。 すんなり党の公認をとりつけられなかった背景には、都連会長の石原伸晃大臣が小池百合子のことを大嫌いということが無関係ではないと言われます。 2008年の自民党総裁選、石原伸晃も立候補していました。、結果はローゼン閣下の麻生太郎が予定調和的圧勝だったのですが、総裁選でどれだけの得票があるかで党内にどれだけ自分の味方をつけられるかの指標にもなります。 この総裁選に小池百合子がひょこっと立候補して次点で選挙を終えました。石原伸晃は自分に入るはずだった票を持っていかれて3位に甘んじる羽目になったと恨んでいるというのです。 まあ石原伸晃は震災後の「最後は金」発言で一気に世間の信頼を失墜させてしまったので、この時の3位がどれだけ影響したのかはわからんのですが(苦笑) とにかく小池百合子憎しの石原都連会長は、公認は小池でもいいんじゃない?という声も出る中「小池だけはダメ!」と強硬に押し切っちゃったようです。 スポンサードリンク 【ラスボスの存在】 自民党都連は党員に対して『小池百合子の都知事選の応援は身内であっても禁ずる。従わない場合は除名処分もある』というそこまで言うか?という通達を出しました。 確かに筋を通さずスタンドプレー的な立候補ではありますが、そこまで露骨に報復せんでも…と思ってしまいます。 こういう厳しい対応をするのはなぜか。ラスボスの森善朗元総理がいるからです。 森元総理は典型的なお殿体質なのでなんでも自分の思い通りじゃないと気に入らないのですが現役の議員時代に小池百合子が意に沿わない動きを見せたことが何度かあったため、石原伸晃同様、小池百合子が大嫌いなのです。 小池百合子は都知事選出馬の公約として都議会の解散、オリンピックを含む利害の追及、舛添問題の第三者委員会設置を掲げました。 森元総理は4年後に控える東京オリンピックの大会委員長ですが、脱いだ背広をくんくん嗅げば加齢臭とともに利権の匂いがぷんぷんしそうな御大です。 オリンピックの予算が招致後にどんどん膨らんで問題になりましたが、その裏に利権がもぞもぞ動いていたことは想像に難くないこと。森元総理としてはつつかれたくない部分を嫌いな女がつつこうとしているのは絶対許さん!ということなんでしょう。 【小池百合子はどこへ行く】 出馬を表明した時、小池百合子は「崖から飛び降りるつもりで」と出馬を決めた心境を語りました。それを聞いて、この崖が対戦中、追い詰められた多くの民間人が「天皇陛下万歳!」と叫びながら身を投げたバンザイクリフじゃなけりゃいいんだけどとふと思いました。 小池百合子のことをこれまでいくつもの党を渡り歩いてきた強い者に擦り寄る妾体質と評する人もいます。政治の世界は義理と筋を通すことを重んじる切った張ったの任侠の世界に近いものがありますから、渡り鳥議員は芯が通らない人物と見られてしまうところがあるのでしょう。 イギリスの新首相がテリーザ・メイに決まり、アメリカの大統領はヒラリー・クリントンがなるかも知れないいまの世の中。日本の首都東京を女性が束ねるときがついにやってくるのか、それとも飛び降りた崖がバンザイクリフとなるのか。都民じゃなくても注目したいところです。 【追記】 開票速報が始まると同時に小池百合子の当確がでました。すげー。 最後まで影が薄かった増田さんとイケメンだけどすぐ激怒する鳥越さん、それからその他大勢の候補者のみなさんを向こうに回してのあっぱれな勝利です。小池さんの勝利は、増田さんの応援演説に立った元都知事の石原さんの「厚化粧の女に任せるわけにはいかない」という小池さんを罵倒する暴言がいくらかの追い風になったことは間違いなさそうです。 スポンサードリンク