ガンで闘病中の小林麻央のブログが更新されるたびに相変わらずYahooニュースになっております。

昨年6月に乳がんを公表してもうじき1年。一進一退の闘病生活を包み隠さずブログで発信し続ける前向きな精神力の強さは純粋に偉いなぁと思いますが、ガンで家族を亡くした者としてはついつい「ああ、ウチの時と同じだぁ…」と考えてしまいます。

【追記】

懸命に闘病生活を送っていた小林麻央でしたが、6月22日夜、亡くなりました。21日に容態が急変したとのことです。まだ34歳、まだ小さい子どもを遺して逝かなくてはならなかったことには悔いが残ったのではと思います。ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク

【現在の状態】

現在小林麻央が抱えている病状は、乳がんの肺と骨への転移、それに皮膚転移も出て患部がじくじくしている状態だそうです。いわゆる末期のステージ4。

…どんなにひいき目に見ても回復傾向とは言い難い…。

1月に退院した頃は美人はやっぱ違うなと思うくらい病気が顔に出てない(出さない?)印象でしたが、咳が止まらず呼吸が苦しいということで4月に再々入院した後の写真を見ると、笑顔ではあるけれど顔全体の肉が落ちてさらに痩せたように思います。

流動食しかうけつけなくなったそうで三分粥とかとろとろのスープなんかをちびちび摂ってるみたいですね。

若い人は進行が早いとか言いますが、余命3ヶ月と宣告されてからもうじき1年ですから、小さい子どもを残して早々と逝けるかー!という気力のなせる業なんでしょうね。子を持つ母親としては、その気持ちはよく分かります。

スポンサードリンク

【告知と奇跡】

小林麻央は楽観できない状況だということは重々承知で、それでも奇跡を信じて頑張っています。

私がガンで亡くしたのは父親でした。前年の夏過ぎに実家に帰ったとき、おとーさんずいぶん痩せたなぁと思っていたのですが、翌年2月に首に痛みが出て大きな病院を受診したところ肺ガンだと診断されました。見つかったガンは直径7センチ。主治医に「1年2年で育つサイズじゃない」と言われました。告げられた余命は3ヶ月で、手術をしても意味がないからしないとのことでした。

若い頃に結核を患ったことから身体にいいものは何でも試してみたい健康オタクだったのに。毎年きちんきちんと健康診断を受けてたのに「これは見落としですね」と言われちゃった。それ以来、私は健康診断を信用しなくなりました(苦笑)

偉そうに言うくせに小心者の父にはガンだと告知しませんでした。放射線治療を終えて4月に退院しましたが、首の痛みがどんどん強くなって布団から起きられなくなりました。あまりに首が痛いので、薬が効かんとぶつぶつ言ってた父に「次の診察の時にもっと強めの薬を出してもらったら?」と言いはしましたが、薬袋の中にモルヒネの錠剤がたくさん入っていることを私は知っていました。

ある日、父はトイレに立ったときによろけて後ろ向きにすっ転び、いよいよ身動きができなくなって5月末に再入院しました。2月に入院したときは自分で歩いて病院に行ったのに、5月の入院時は力持ちの従兄弟に背負われ、車から降りたときにぐにゃぐにゃと崩れ落ちてしまった。

再入院の翌日から血尿が出るようになった父は弱ってはいましたが、それでも見舞いに行けばちゃんと話もできたし母には相変わらず亭主関白風を吹かせてました。余命と言われた3ヶ月を過ぎて、この調子ならもうしばらく大丈夫だろうと思ったものです。

それが、面会時間ぎりぎりまで病室で過ごした翌朝、母からすぐ病院に来るよう言われて駆けつけてみると、父はすでに虫の息になってました。うそだろ?昨日の晩、ばいばいっていつも通り手を振ってたじゃん。おとうさん、まだダメだよ聞いておきたいことがたくさんあるんだ 待ってよおとうさん。

モルヒネをがんがんに効かせた点滴につながれて意識のないまま、父は息を引き取りました。再入院から1ヶ月でした。

末期ガンって、昨日と同じような今日だったとしても、明日も同じようだとは限らないことを知りました。

積極的な治療をしない終末ケアだったため肺ガンとだけ聞かされてましたが、あの様子だと首への骨転移もあっただろうし他の臓器への転移もあったんじゃないかと思います。

再入院の時にどうやら自分はガンで助からんらしいとぼんやり気づいた父と、奇跡を信じて戦うぞー!と頑張っている小林麻央。心持ちと治療内容は天地ほど違えど、入退したり退院したりしながら病状が決して良くなっちゃいない経過をたどっているところがなんだかかぶって見えます。

奇跡は起きるのかな。起きたらいいんだけどな。

スポンサードリンク

小林麻央再入院後の姿が肺がんで逝った家族に重なりつい余命を思ってしまうhttps://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/05/617900368ad5628a7790284e9a3ca221_s.jpg?fit=500%2C331https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2017/05/617900368ad5628a7790284e9a3ca221_s.jpg?resize=150%2C150アイーダ雑記小林麻央
ガンで闘病中の小林麻央のブログが更新されるたびに相変わらずYahooニュースになっております。 昨年6月に乳がんを公表してもうじき1年。一進一退の闘病生活を包み隠さずブログで発信し続ける前向きな精神力の強さは純粋に偉いなぁと思いますが、ガンで家族を亡くした者としてはついつい「ああ、ウチの時と同じだぁ…」と考えてしまいます。 【追記】 懸命に闘病生活を送っていた小林麻央でしたが、6月22日夜、亡くなりました。21日に容態が急変したとのことです。まだ34歳、まだ小さい子どもを遺して逝かなくてはならなかったことには悔いが残ったのではと思います。ご冥福をお祈りいたします。 スポンサードリンク 【現在の状態】 現在小林麻央が抱えている病状は、乳がんの肺と骨への転移、それに皮膚転移も出て患部がじくじくしている状態だそうです。いわゆる末期のステージ4。 …どんなにひいき目に見ても回復傾向とは言い難い…。 1月に退院した頃は美人はやっぱ違うなと思うくらい病気が顔に出てない(出さない?)印象でしたが、咳が止まらず呼吸が苦しいということで4月に再々入院した後の写真を見ると、笑顔ではあるけれど顔全体の肉が落ちてさらに痩せたように思います。 流動食しかうけつけなくなったそうで三分粥とかとろとろのスープなんかをちびちび摂ってるみたいですね。 若い人は進行が早いとか言いますが、余命3ヶ月と宣告されてからもうじき1年ですから、小さい子どもを残して早々と逝けるかー!という気力のなせる業なんでしょうね。子を持つ母親としては、その気持ちはよく分かります。 スポンサードリンク 【告知と奇跡】 小林麻央は楽観できない状況だということは重々承知で、それでも奇跡を信じて頑張っています。 私がガンで亡くしたのは父親でした。前年の夏過ぎに実家に帰ったとき、おとーさんずいぶん痩せたなぁと思っていたのですが、翌年2月に首に痛みが出て大きな病院を受診したところ肺ガンだと診断されました。見つかったガンは直径7センチ。主治医に「1年2年で育つサイズじゃない」と言われました。告げられた余命は3ヶ月で、手術をしても意味がないからしないとのことでした。 若い頃に結核を患ったことから身体にいいものは何でも試してみたい健康オタクだったのに。毎年きちんきちんと健康診断を受けてたのに「これは見落としですね」と言われちゃった。それ以来、私は健康診断を信用しなくなりました(苦笑) 偉そうに言うくせに小心者の父にはガンだと告知しませんでした。放射線治療を終えて4月に退院しましたが、首の痛みがどんどん強くなって布団から起きられなくなりました。あまりに首が痛いので、薬が効かんとぶつぶつ言ってた父に「次の診察の時にもっと強めの薬を出してもらったら?」と言いはしましたが、薬袋の中にモルヒネの錠剤がたくさん入っていることを私は知っていました。 ある日、父はトイレに立ったときによろけて後ろ向きにすっ転び、いよいよ身動きができなくなって5月末に再入院しました。2月に入院したときは自分で歩いて病院に行ったのに、5月の入院時は力持ちの従兄弟に背負われ、車から降りたときにぐにゃぐにゃと崩れ落ちてしまった。 再入院の翌日から血尿が出るようになった父は弱ってはいましたが、それでも見舞いに行けばちゃんと話もできたし母には相変わらず亭主関白風を吹かせてました。余命と言われた3ヶ月を過ぎて、この調子ならもうしばらく大丈夫だろうと思ったものです。 それが、面会時間ぎりぎりまで病室で過ごした翌朝、母からすぐ病院に来るよう言われて駆けつけてみると、父はすでに虫の息になってました。うそだろ?昨日の晩、ばいばいっていつも通り手を振ってたじゃん。おとうさん、まだダメだよ聞いておきたいことがたくさんあるんだ 待ってよおとうさん。 モルヒネをがんがんに効かせた点滴につながれて意識のないまま、父は息を引き取りました。再入院から1ヶ月でした。 末期ガンって、昨日と同じような今日だったとしても、明日も同じようだとは限らないことを知りました。 積極的な治療をしない終末ケアだったため肺ガンとだけ聞かされてましたが、あの様子だと首への骨転移もあっただろうし他の臓器への転移もあったんじゃないかと思います。 再入院の時にどうやら自分はガンで助からんらしいとぼんやり気づいた父と、奇跡を信じて戦うぞー!と頑張っている小林麻央。心持ちと治療内容は天地ほど違えど、入退したり退院したりしながら病状が決して良くなっちゃいない経過をたどっているところがなんだかかぶって見えます。 奇跡は起きるのかな。起きたらいいんだけどな。 スポンサードリンク