miyazakigiin

小泉進次郎議員の次にイケメンだった自民党・宮崎謙介議員が、嫁さんの金子恵美議員が出産のために入院中に34歳の女性タレントと密会を重ねていたことを週刊文春にスクープされてそそくさと議員辞職しました。なんと、お相手は報道されている女性一人ではないのだとか。

自身がもうじきパパになるということで育休を取ることを表明して賛否両論ありました。やる気のありそうな若手のイメージでしたが、実はそうでもないような…。今回の宮崎元議員の不始末、場合によっては自民党にとってあいたたた(涙)になるかも知れません。

スポンサードリンク

【不倫初めてじゃありません】

2月12日に行われた会見で「深く、深く、深く反省しております」とマリアナ海溝並の深さの反省を口にしていた宮崎元議員は、文春さんに書かれていたことに対して当初は否定したものの釈明会見では特に否定することなく「議員としての資質に欠けると思い」議員辞職を発表しました。不倫発覚から3日でのスピード辞職。

最近、なにか後ろ暗いところのある自民党議員の辞任・辞職が非常にスピーディですが、これは菅官房長官が確立した危機管理マニュアルによるものだそうです。ぐずぐずせずにさっさと幕引きして次いこ次!ということでしょう。

世の殿方が浮気に走るきっかけの一つに嫁さんの妊娠というのがあります。2月の出産を控え、12月23日に披露宴を行ったばかりの嫁さんは衆議院議員の金子恵美議員。はちきれそうなお腹を抱えての打ちかけはさぞかし重かったことでしょう。

kaneko1

切迫早産で嫁さんが入院中の1月に4回も不倫相手とラブラブしていたことをスクープされて、2月6日に出産したばかりの嫁さんは産後の肥立ちが良くないとか。気の毒この上ないです。宮崎元議員は結婚前は「周りの人が目を背けるほど」がつがつ迫っていたということなのに、結婚してしまえばこんなもんですか。

宮崎元議員の何がタチが悪いって、この人、自身の浮気が原因で2009年に離婚しています。

katoayuko

前回の結婚相手は加藤鮎子議員。小泉純一郎元総理の盟友だった大物議員 加藤鉱一の三女 です。どんだけ国会議員が好きなんだと思ってしまいますが、恐ろしいことに本会議では今嫁と元嫁が一緒に自民党席に座っております。平気でいられる神経が分かりません(苦笑)

【不倫の相手は複数?】

今回発覚した嫁さんの出産入院中の不倫疑惑、お相手は宮沢磨由と言う方だそうです。パーティか何かで知り合って、宮崎元議員の方からアタックをかけていたとか。

さらに、宮沢磨由以外にも不倫の相手がいたとの報道がありますが という記者からの問いかけに対して「否定いたしません」と答えてました。

ぷり子
…種馬としか言いようがない

地味井平次老人
政治への情熱だけあふれさせときゃ良かったけど、違うもんがあふれたんだろう

スポンサードリンク

【何かいやな感じがする】

宮崎元議員は釈明会見の中で「正直なところ、ごまかせないかと考えた」と包み隠すことなく言ってました。

文春さんに載ったことは否定いたしません。妻にはたくさん謝りました。議員辞職して出直します。

ぐずぐず否定せず、離党して歳費だけもらっちゃお みたいな態度じゃなかったのは良かったろうと思います。思うけど、なんか、「こうして否定せず正直に言って潔く辞めるボクって偉くない?」と言いたげで、すごいイヤな感じがする。ベッキーの不倫騒動を見ていて隠し事をすると逆効果だと思ったから正直に言いました みたいな感じがひしひしとする。

育休議員として若い夫婦たちからの支持を得て活躍が期待されていたのに、ありゃ一体何だったんだ。

【自民党にとっては痛手になり得る?】

宮崎元議員の不倫疑惑騒動は、自民党内では誰も擁護する人がいなかったと言います。まぁ党内では国会議員の育休をあまり歓迎していませんでしたから孤立無援で辞めなきゃならんのは仕方がないけど、その後に少々面倒なことが控えています。

宮崎元議員は京都3区から出馬しています。辞職に伴って補欠選挙が4月に行なわれるのですが、京都3区はもともと自民党の基盤の弱いところです。

7月に参議院選挙が行なわれますが、その前の補欠選挙は参院選の行方を占う意味で重視されます。宮崎元議員が嫁さんの入院中に不倫なんぞして辞職したばっかりに自民党は補欠選挙で議席を減らすことになるかも知れないのです。

不倫なんていう情ない不始末が議席を減らすことに繋がるなんて、きっと考えもしなかったんでしょうね。いつかまた国政に戻りたいと言ってましたが、もう誰も推さないと思うよ(苦笑)

宮崎元議員は育休もなにも無職になったんだからぞんぶんに子育てにまい進していただきましょう。

スポンサードリンク

宮崎元議員の育休不倫からのマッハ辞職は自民党の地雷になるかも知れない?https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/miyazakigiin.jpg?fit=500%2C358https://i0.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/miyazakigiin.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース不倫,宮崎謙介,政治,議員
小泉進次郎議員の次にイケメンだった自民党・宮崎謙介議員が、嫁さんの金子恵美議員が出産のために入院中に34歳の女性タレントと密会を重ねていたことを週刊文春にスクープされてそそくさと議員辞職しました。なんと、お相手は報道されている女性一人ではないのだとか。 自身がもうじきパパになるということで育休を取ることを表明して賛否両論ありました。やる気のありそうな若手のイメージでしたが、実はそうでもないような…。今回の宮崎元議員の不始末、場合によっては自民党にとってあいたたた(涙)になるかも知れません。 スポンサードリンク 【不倫初めてじゃありません】 2月12日に行われた会見で「深く、深く、深く反省しております」とマリアナ海溝並の深さの反省を口にしていた宮崎元議員は、文春さんに書かれていたことに対して当初は否定したものの釈明会見では特に否定することなく「議員としての資質に欠けると思い」議員辞職を発表しました。不倫発覚から3日でのスピード辞職。 最近、なにか後ろ暗いところのある自民党議員の辞任・辞職が非常にスピーディですが、これは菅官房長官が確立した危機管理マニュアルによるものだそうです。ぐずぐずせずにさっさと幕引きして次いこ次!ということでしょう。 世の殿方が浮気に走るきっかけの一つに嫁さんの妊娠というのがあります。2月の出産を控え、12月23日に披露宴を行ったばかりの嫁さんは衆議院議員の金子恵美議員。はちきれそうなお腹を抱えての打ちかけはさぞかし重かったことでしょう。 切迫早産で嫁さんが入院中の1月に4回も不倫相手とラブラブしていたことをスクープされて、2月6日に出産したばかりの嫁さんは産後の肥立ちが良くないとか。気の毒この上ないです。宮崎元議員は結婚前は「周りの人が目を背けるほど」がつがつ迫っていたということなのに、結婚してしまえばこんなもんですか。 宮崎元議員の何がタチが悪いって、この人、自身の浮気が原因で2009年に離婚しています。 前回の結婚相手は加藤鮎子議員。小泉純一郎元総理の盟友だった大物議員 加藤鉱一の三女 です。どんだけ国会議員が好きなんだと思ってしまいますが、恐ろしいことに本会議では今嫁と元嫁が一緒に自民党席に座っております。平気でいられる神経が分かりません(苦笑) 【不倫の相手は複数?】 今回発覚した嫁さんの出産入院中の不倫疑惑、お相手は宮沢磨由と言う方だそうです。パーティか何かで知り合って、宮崎元議員の方からアタックをかけていたとか。 さらに、宮沢磨由以外にも不倫の相手がいたとの報道がありますが という記者からの問いかけに対して「否定いたしません」と答えてました。 スポンサードリンク 【何かいやな感じがする】 宮崎元議員は釈明会見の中で「正直なところ、ごまかせないかと考えた」と包み隠すことなく言ってました。 文春さんに載ったことは否定いたしません。妻にはたくさん謝りました。議員辞職して出直します。 ぐずぐず否定せず、離党して歳費だけもらっちゃお みたいな態度じゃなかったのは良かったろうと思います。思うけど、なんか、「こうして否定せず正直に言って潔く辞めるボクって偉くない?」と言いたげで、すごいイヤな感じがする。ベッキーの不倫騒動を見ていて隠し事をすると逆効果だと思ったから正直に言いました みたいな感じがひしひしとする。 育休議員として若い夫婦たちからの支持を得て活躍が期待されていたのに、ありゃ一体何だったんだ。 【自民党にとっては痛手になり得る?】 宮崎元議員の不倫疑惑騒動は、自民党内では誰も擁護する人がいなかったと言います。まぁ党内では国会議員の育休をあまり歓迎していませんでしたから孤立無援で辞めなきゃならんのは仕方がないけど、その後に少々面倒なことが控えています。 宮崎元議員は京都3区から出馬しています。辞職に伴って補欠選挙が4月に行なわれるのですが、京都3区はもともと自民党の基盤の弱いところです。 7月に参議院選挙が行なわれますが、その前の補欠選挙は参院選の行方を占う意味で重視されます。宮崎元議員が嫁さんの入院中に不倫なんぞして辞職したばっかりに自民党は補欠選挙で議席を減らすことになるかも知れないのです。 不倫なんていう情ない不始末が議席を減らすことに繋がるなんて、きっと考えもしなかったんでしょうね。いつかまた国政に戻りたいと言ってましたが、もう誰も推さないと思うよ(苦笑) 宮崎元議員は育休もなにも無職になったんだからぞんぶんに子育てにまい進していただきましょう。 スポンサードリンク