村井知事

東京オリンピックの競技施設建設の見直しを進めている小池百合子東京都知事を宮城県の村井知事が訪ねて「ぜひウチの長沼でやってください!」とお願いしてました。2020五輪は復興五輪という側面もあるので、被災地宮城での競技開催を歓迎する意見が出る一方、開催は困難だと渋い意見も出ています。

この長沼ボート場で競技開催を!という話、実は小池さんが都知事になる前から根回しがされていた出来レースじゃないの?という話も出てきていますが、村井知事の顔を見ると「あの」元復興大臣の松本龍を思い出さずにいられません。一体どうしてるんでしょうね。

スポンサードリンク

【長沼は出来レース?】

石原元都知事に「年増の厚化粧女」とぼろくそに言われようが元都知事の息子に「小池さんを応援したら許さないんだからねっ!」と大人気ないにもほどがある圧力をかけられようがものともせずに当選した小池東京都知事。

盛り土はどうした?地下空間があるとか聞いてないし!の豊洲の土壌汚染といつの間にかばか高くなったオリンピック開催費用という大急ぎで解決を迫られる2つの大きな問題を前に実に精力的に働いておられます。こんなにてきぱき働く上司を持ったら部下はさぞかし心強かろうと思いますが、同時にやり手すぎて付いていけない(涙)という人も出てくるでしょう。

さて、今回村井知事が小池さんを訪ねたのは、招致時には総事業費69億円で頑張りまーすのはずが実は1038億円かかりまーすとなっていた江東区青海に建設中の海の森水上競技場の見直しに対して、それだったら宮城県にある長沼ボート場を競技会場にしてくださいよというお願いであります。

が、長沼開催案は新たに出てきた開催地候補ではなく、すでにある程度話がついてるんじゃないか?という話が出てきました。

というのも、小池さんがまだ都知事になる前に宮城の村井知事が「当選の暁にはぜひウチで」と内々でお願いしていたらしいのです。

海の森か長沼か、という二択に決定したわけではありませんが、この2つはどちらも一長一短です。海の森は横風が強くてヨット競技に向かないと言ってる選手もいれば長沼はカヌーの2種類の競技会場が離れているのでコーチやスタッフの連携が難しく選手のパフォーマンスに影響が出る。交通アクセスやパラ競技者の宿泊に難があると言ってる専門家もいて、より重視するのは開催費の節約かアスリートファーストかどっちだ?という様相です。

オリンピックはアスリートファースト第一を掲げるのであれば海の森開催が妥当かなぁと思いますが、小池さんは長沼開催について「前向きに検討します」と言ってるのが気になりますね。

スポンサードリンク

【村井知事を見ると松本龍を思い出してしまう】

松本龍元復興大臣

東日本大震災から5年余り。宮城の村井知事は今も被災した地元復興のために頑張っておられるんだなぁと思いますが、どーもこの方の顔を見ると民主党(現民進党)の黒歴史 松本龍元復興大臣を思い出さずにいられません。この人、今はどうしているんでしょうか。

どこもかしこもズタボロの被害で何からどう手をつければいいのか必死で考えていた被災地の首長さんに対して、よくぞこれほど思いやりのかけらもないことが言えるよなという暴言を吐きまくって辞任した松本龍は、麻生太郎元首相が未曾有を「みぞーゆう」と読んだときの衝撃をはるかに上回る破壊力をもって私たちの記憶に刻まれました。

岩手に出向いたときは何を思ったかサッカーボールを蹴りこんで見せ、「自分は九州の人間だから東北の地名は分からん」と言い放ち、宮城では「ちゃんとやれ いいな!」と恫喝したあと集まっていたマスコミに対して「これはオフレコです。書いたら終りだからな」と脅しをかけた松本龍は、復興大臣を辞職した後、地元の福岡に戻りました。

ほどなくして「松本龍が病院に担ぎ込まれた!自殺かも知れん!」というツイートが流されましたが、精神的に不安定なので精神科に入院していた というのが本当のところだったようです。

松本龍をよく知る人は「普段は腰の低い礼儀正しい人なのになんであんなことを」と驚いてましたが、その一方で「松本龍は昔からあんな感じ」と言う人もありました。地元に戻って精神科に入院ということで、この人には双極性障害がもともとあって、復興大臣に任命されたことで躁転したんじゃないかと言われています。

松本龍の選挙区は福岡1区です。実家が大手ゼネコンの松本組、祖父は部落開放の父と呼ばれた人物で父親も参議院議員だったという背景もあって、福岡1区という選挙区は松本龍にとって磐石のものだったはずなのですが、暴言辞任の翌年に行なわれた衆院選に立候補するも大惨敗を喫して政界から去りました。

まぁ、病気が言わせたことだったかもしれませんが、仮にそうだったとしてもあれじゃ地元に見放されても致し方なかろうと思います。精神科の病気持ってる人は政治に関わるなという意味では決してありませんけど。

一時はうつ状態とも伝えられた松本龍、今年の参院選で地元候補の遊説に随行している姿が目撃されました。

これは単に付いて回っていただけで応援演説などはなかったようですが、一度は身を置いた国政の雰囲気が懐かしくなったんでしょうかね。なんでこの人を随行させたのかイマイチよく分かりませんが、とにかく地元福岡で元気にしていることは確かなようです。

スポンサードリンク

宮城の村井知事の顔を見ると出来レース?の長沼ボート場よりあの松本龍の現在が気になるhttps://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/10/miyagikentiji.jpg?fit=479%2C323https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/10/miyagikentiji.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース地震,村井知事
東京オリンピックの競技施設建設の見直しを進めている小池百合子東京都知事を宮城県の村井知事が訪ねて「ぜひウチの長沼でやってください!」とお願いしてました。2020五輪は復興五輪という側面もあるので、被災地宮城での競技開催を歓迎する意見が出る一方、開催は困難だと渋い意見も出ています。 この長沼ボート場で競技開催を!という話、実は小池さんが都知事になる前から根回しがされていた出来レースじゃないの?という話も出てきていますが、村井知事の顔を見ると「あの」元復興大臣の松本龍を思い出さずにいられません。一体どうしてるんでしょうね。 スポンサードリンク 【長沼は出来レース?】 石原元都知事に「年増の厚化粧女」とぼろくそに言われようが元都知事の息子に「小池さんを応援したら許さないんだからねっ!」と大人気ないにもほどがある圧力をかけられようがものともせずに当選した小池東京都知事。 盛り土はどうした?地下空間があるとか聞いてないし!の豊洲の土壌汚染といつの間にかばか高くなったオリンピック開催費用という大急ぎで解決を迫られる2つの大きな問題を前に実に精力的に働いておられます。こんなにてきぱき働く上司を持ったら部下はさぞかし心強かろうと思いますが、同時にやり手すぎて付いていけない(涙)という人も出てくるでしょう。 さて、今回村井知事が小池さんを訪ねたのは、招致時には総事業費69億円で頑張りまーすのはずが実は1038億円かかりまーすとなっていた江東区青海に建設中の海の森水上競技場の見直しに対して、それだったら宮城県にある長沼ボート場を競技会場にしてくださいよというお願いであります。 が、長沼開催案は新たに出てきた開催地候補ではなく、すでにある程度話がついてるんじゃないか?という話が出てきました。 というのも、小池さんがまだ都知事になる前に宮城の村井知事が「当選の暁にはぜひウチで」と内々でお願いしていたらしいのです。 海の森か長沼か、という二択に決定したわけではありませんが、この2つはどちらも一長一短です。海の森は横風が強くてヨット競技に向かないと言ってる選手もいれば長沼はカヌーの2種類の競技会場が離れているのでコーチやスタッフの連携が難しく選手のパフォーマンスに影響が出る。交通アクセスやパラ競技者の宿泊に難があると言ってる専門家もいて、より重視するのは開催費の節約かアスリートファーストかどっちだ?という様相です。 オリンピックはアスリートファースト第一を掲げるのであれば海の森開催が妥当かなぁと思いますが、小池さんは長沼開催について「前向きに検討します」と言ってるのが気になりますね。 スポンサードリンク 【村井知事を見ると松本龍を思い出してしまう】 東日本大震災から5年余り。宮城の村井知事は今も被災した地元復興のために頑張っておられるんだなぁと思いますが、どーもこの方の顔を見ると民主党(現民進党)の黒歴史 松本龍元復興大臣を思い出さずにいられません。この人、今はどうしているんでしょうか。 どこもかしこもズタボロの被害で何からどう手をつければいいのか必死で考えていた被災地の首長さんに対して、よくぞこれほど思いやりのかけらもないことが言えるよなという暴言を吐きまくって辞任した松本龍は、麻生太郎元首相が未曾有を「みぞーゆう」と読んだときの衝撃をはるかに上回る破壊力をもって私たちの記憶に刻まれました。 岩手に出向いたときは何を思ったかサッカーボールを蹴りこんで見せ、「自分は九州の人間だから東北の地名は分からん」と言い放ち、宮城では「ちゃんとやれ いいな!」と恫喝したあと集まっていたマスコミに対して「これはオフレコです。書いたら終りだからな」と脅しをかけた松本龍は、復興大臣を辞職した後、地元の福岡に戻りました。 ほどなくして「松本龍が病院に担ぎ込まれた!自殺かも知れん!」というツイートが流されましたが、精神的に不安定なので精神科に入院していた というのが本当のところだったようです。 松本龍をよく知る人は「普段は腰の低い礼儀正しい人なのになんであんなことを」と驚いてましたが、その一方で「松本龍は昔からあんな感じ」と言う人もありました。地元に戻って精神科に入院ということで、この人には双極性障害がもともとあって、復興大臣に任命されたことで躁転したんじゃないかと言われています。 松本龍の選挙区は福岡1区です。実家が大手ゼネコンの松本組、祖父は部落開放の父と呼ばれた人物で父親も参議院議員だったという背景もあって、福岡1区という選挙区は松本龍にとって磐石のものだったはずなのですが、暴言辞任の翌年に行なわれた衆院選に立候補するも大惨敗を喫して政界から去りました。 まぁ、病気が言わせたことだったかもしれませんが、仮にそうだったとしてもあれじゃ地元に見放されても致し方なかろうと思います。精神科の病気持ってる人は政治に関わるなという意味では決してありませんけど。 一時はうつ状態とも伝えられた松本龍、今年の参院選で地元候補の遊説に随行している姿が目撃されました。 これは単に付いて回っていただけで応援演説などはなかったようですが、一度は身を置いた国政の雰囲気が懐かしくなったんでしょうかね。なんでこの人を随行させたのかイマイチよく分かりませんが、とにかく地元福岡で元気にしていることは確かなようです。 スポンサードリンク