moriyosiro

高額すぎて設計し直しになった新国立競技場問題にエンブレムの盗作疑惑と、準備が着々とは言い難い2020年東京オリンピック。ここにきて新たに採用された新国立競技場に聖火台が置けない可能性という、冗談としか思えない問題が出てきました。

普通の会社ならこれだけ問題が続発すればとっくにトップが更迭されていると思うのですが、東京オリンピック組織委員会会長の森喜朗は相変わらずふんぞり返って言いたい放題しております。なぜ森会長は更迭されないのでしょう。

スポンサードリンク

【聖火が置けない問題】

最初に決まっていたザハ・ハディド女史デザインの国立競技場案を工期がかかりすぎる&当初予定よりお金がかかりすぎるという理由でばっさり白紙に戻し、改めてデザインを募集して決められた新国立競技場は、日本の建築家 隈研吾氏と大成建設、梓設計が共同して設計したものであります。

sinkokuritu

最初に出てきたザハ・ハディド女史のデザイン案に比べてずいぶんとおとなしい印象ではありますが、屋根部分に木材を使うなど和テイストを盛り込んだすっきりしたデザインです。

ところが、その木材部分が裏目に出て、このデザインだと消防法的にみて屋根に燃え移る危険性があるためアウトになることが判明。

tum子
鳩が聖火で焼き鳥になったどころの騒ぎじゃなくなるねぇ

ぷり子
万一火事を出しちゃったら『五輪史上最悪の』なんていう枕詞がついて回りそう

この案を出した隈研吾氏らはこの問題に対して「そのことについて要望を聞いてない」と回答しております。
オリンピックのための建て替え案なのに、オリンピックのシンボルである聖火をどこに置くかデザインしながら考えなかったんだろうか。選ぶ方も選びながら気がつかなかったことに呆れてしまう。

オリンピック組織委員会はこの大掛かりなうっかりミスに対して会場外に設置することも検討すると言ってるみたいですが、国際オリンピック委員会(IOC)は「聖火は客席のどこからでも見られる場所に設置するのがルール」と場外設置に難色を示しています。

どーすんだよ こんなんじゃ東京でオリンピック開催できないよ(涙)

スポンサードリンク

【誰が悪いんだ】

一度決まったことにぞろぞろと問題が発覚してばかりで批判が高まっていますが、東京オリンピック組織委員会長の森喜朗はこのように言っております。

「日本スポーツ振興センター(JSC)というところの少し頭のおかしな連中が、聖火台を作るのを忘れていた設計図をつくっちゃった」
「それを私が悪いと怒られる」
「一番悪いのは馳浩(文科相)。文部科学省」
馳浩が文部科学大臣に就任したのは昨年11月、新デザインが決定したのが12月ですから、馳浩が一番悪いっていうのはかわいそうな気がする。

さすが失言暴言の帝王 森喜朗。言いたい放題も極まれり。この人の悪い意味ですごいところは、めったなことでは発言を撤回も謝罪もしないところですかね。

これだけ問題続きの組織委員会であれば、トップである森喜朗が責任とって退任するのが筋だと思うのですが、この親父さんには責任という概念はなさそうです。じゃあ何のための組織委員長なんだよ。

【なぜ森喜朗は更迭されない?】

首相経験もあるこの人はものすごーーーく偉そうだけど敏腕という言葉からはかなり遠いところにいる感じがします。首相時代に残したのは数々の失言だけ、官房長官は火消しに追われる日々を送り、盟友の野仲広務元自治大臣は当時「森さんは石川の百姓の親父みたいな気質で後先考えずにものを言っちゃう」と森喜朗を評していました。

もう何年も前から更迭待望論があり、これだけグダグダなのに相変わらずふんぞり返っている森喜朗がなぜ更迭されないのか。

それは、安倍首相がこの人に頭が上がらんからなのです。

森喜朗は現在は政界を退いていますが、現役当時に所属していた会派の清和政策研究会(清和会)には安倍首相も所属しています。同じ会派の先輩後輩という関係だけでなく、今でも安倍首相は内閣人事について逐一森喜朗に相談して指示を仰ぐと言われるくらいのべったり関係。

文部科学大臣に馳浩が選出されたときちょっと意外で驚いた記憶がありますが、馳浩も森喜朗も石川が選挙区と知れば、ああなるほどと思ってみたりします。

そして、首相時代にたいした功績を残せず退陣せざるを得なかった森喜朗は、いまもってそのことが悔しくてなんとしてもオリンピックで成果を上げて名を残したいのであります。

かくして、いまや誰もモノ申せぬ安倍さんが首相でいる限り森喜朗の組織委員長の席は安泰というわけです。

2020年まで安倍さんが首相でいるかどうかは分かりません。ただ、なんとかオリンピック開催にこぎつけたとき、更迭を免れた森喜朗組織委員長が開会式で得意げに「身内にISがいる人や奴隷を先祖にもつ人たちが一同に会して…」なんていう国際問題に発展不可避なスピーチをしそうで恐ろしいんですけど。

スポンサードリンク

 

今度は聖火台の置けない新国立競技場…五輪組織委員長の森喜朗はなぜ更迭されない?https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/moriyosiro.jpg?fit=500%2C340https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/03/moriyosiro.jpg?resize=150%2C150アイーダニュース政治,東京オリンピック,森喜朗
高額すぎて設計し直しになった新国立競技場問題にエンブレムの盗作疑惑と、準備が着々とは言い難い2020年東京オリンピック。ここにきて新たに採用された新国立競技場に聖火台が置けない可能性という、冗談としか思えない問題が出てきました。 普通の会社ならこれだけ問題が続発すればとっくにトップが更迭されていると思うのですが、東京オリンピック組織委員会会長の森喜朗は相変わらずふんぞり返って言いたい放題しております。なぜ森会長は更迭されないのでしょう。 スポンサードリンク 【聖火が置けない問題】 最初に決まっていたザハ・ハディド女史デザインの国立競技場案を工期がかかりすぎる&当初予定よりお金がかかりすぎるという理由でばっさり白紙に戻し、改めてデザインを募集して決められた新国立競技場は、日本の建築家 隈研吾氏と大成建設、梓設計が共同して設計したものであります。 最初に出てきたザハ・ハディド女史のデザイン案に比べてずいぶんとおとなしい印象ではありますが、屋根部分に木材を使うなど和テイストを盛り込んだすっきりしたデザインです。 ところが、その木材部分が裏目に出て、このデザインだと消防法的にみて屋根に燃え移る危険性があるためアウトになることが判明。 この案を出した隈研吾氏らはこの問題に対して「そのことについて要望を聞いてない」と回答しております。 オリンピックのための建て替え案なのに、オリンピックのシンボルである聖火をどこに置くかデザインしながら考えなかったんだろうか。選ぶ方も選びながら気がつかなかったことに呆れてしまう。 オリンピック組織委員会はこの大掛かりなうっかりミスに対して会場外に設置することも検討すると言ってるみたいですが、国際オリンピック委員会(IOC)は「聖火は客席のどこからでも見られる場所に設置するのがルール」と場外設置に難色を示しています。 どーすんだよ こんなんじゃ東京でオリンピック開催できないよ(涙) スポンサードリンク 【誰が悪いんだ】 一度決まったことにぞろぞろと問題が発覚してばかりで批判が高まっていますが、東京オリンピック組織委員会長の森喜朗はこのように言っております。 「日本スポーツ振興センター(JSC)というところの少し頭のおかしな連中が、聖火台を作るのを忘れていた設計図をつくっちゃった」 「それを私が悪いと怒られる」 「一番悪いのは馳浩(文科相)。文部科学省」 馳浩が文部科学大臣に就任したのは昨年11月、新デザインが決定したのが12月ですから、馳浩が一番悪いっていうのはかわいそうな気がする。 さすが失言暴言の帝王 森喜朗。言いたい放題も極まれり。この人の悪い意味ですごいところは、めったなことでは発言を撤回も謝罪もしないところですかね。 これだけ問題続きの組織委員会であれば、トップである森喜朗が責任とって退任するのが筋だと思うのですが、この親父さんには責任という概念はなさそうです。じゃあ何のための組織委員長なんだよ。 【なぜ森喜朗は更迭されない?】 首相経験もあるこの人はものすごーーーく偉そうだけど敏腕という言葉からはかなり遠いところにいる感じがします。首相時代に残したのは数々の失言だけ、官房長官は火消しに追われる日々を送り、盟友の野仲広務元自治大臣は当時「森さんは石川の百姓の親父みたいな気質で後先考えずにものを言っちゃう」と森喜朗を評していました。 もう何年も前から更迭待望論があり、これだけグダグダなのに相変わらずふんぞり返っている森喜朗がなぜ更迭されないのか。 それは、安倍首相がこの人に頭が上がらんからなのです。 森喜朗は現在は政界を退いていますが、現役当時に所属していた会派の清和政策研究会(清和会)には安倍首相も所属しています。同じ会派の先輩後輩という関係だけでなく、今でも安倍首相は内閣人事について逐一森喜朗に相談して指示を仰ぐと言われるくらいのべったり関係。 文部科学大臣に馳浩が選出されたときちょっと意外で驚いた記憶がありますが、馳浩も森喜朗も石川が選挙区と知れば、ああなるほどと思ってみたりします。 そして、首相時代にたいした功績を残せず退陣せざるを得なかった森喜朗は、いまもってそのことが悔しくてなんとしてもオリンピックで成果を上げて名を残したいのであります。 かくして、いまや誰もモノ申せぬ安倍さんが首相でいる限り森喜朗の組織委員長の席は安泰というわけです。 2020年まで安倍さんが首相でいるかどうかは分かりません。ただ、なんとかオリンピック開催にこぎつけたとき、更迭を免れた森喜朗組織委員長が開会式で得意げに「身内にISがいる人や奴隷を先祖にもつ人たちが一同に会して…」なんていう国際問題に発展不可避なスピーチをしそうで恐ろしいんですけど。 スポンサードリンク