W不倫

■会いたくてたまらない!と思わせる女性になるためのアイテム満載■

世の中、長いことほどほどの付き合いを続けられる不倫カップルがいる一方で、♪どんな~運命~がぁ~愛を~遠ざけたの~と泣きながら歌っちゃうような辛い結末を迎えてしまう人もいます。

気持ちがどんどん相手に傾いている最中にやってくる突然の音信不通や「別れよう」の言葉ほど残酷なものはありませんが、いつの間にか自分が終りの原因を招き寄せてることもあるんですよね。

スポンサードリンク

【メールの頻度が落ちるわけ】

付き合い始めたばかりの頃は毎日ラブラブなメールやラインをくれたのにだんだんありきたりの内容になって寂しい。

最初の頃、ちょっと人様にはお見せ出来ない内容のメールをたくさん寄越して来ていた人は、そういうメールなりラインなりを送ることに刺激があったんだと思います。

不倫関係が我が身の上にあるってのは始まったばかりの時は特にいつもの日常では感じられない刺激ですから、それに酔ってて「好きだ愛してる抱きたい(ベッドの中で)あんなことやこんなことをしてあげたい」とエロ路線に走るわけです。

受取った方はもンのすごく求められてる感に酔いしれることができますが、そういうメールを送ることに慣れて刺激を感じなくなればおのずと落ち着いてしまいます。

滋味井平次老人
初めてティラミス食ったときにこんな旨いもんがこの世にあるのかと思って毎日食ったのと似てるかな

tum子
ティラミスに例えられたくはないんですけど…

短いメールばっかりで愛情が感じられないんですけど。

男性と女性では文章でやりとりすることに対しての感覚が違います。女性は長文のメールほど愛を深く感じますが、男性はそんな風には思ってないのが普通です。

不倫男性のメールが短くなりがちな理由に、メールを打っている時間は生活領域の中だということがあります。家庭をしっかり守りつつ不倫してますという男性ほど生活領域と不倫相手と会う時を頭の中ではっきり切り分けていますから、メールを打つために生活領域に不倫相手のことを長時間割り込ませたくない気持ちが働いているのです。

オトコという生き物は長文メールを打つのがあまり好きじゃないことが多いです。「好きだ愛してる」なんてお尻がむずむずするメールのやり取りを続けることに照れもあります。「おはよう いい天気だね」という朝の一言メールでも、ちゃんと君の事を思い出してるよというメッセージを込めているのです。

スポンサードリンク

【音信不通や突然別れを切り出されるパターン】

人の性格や環境はそれぞれですから、一概にこれ!というものはないのでしょうが、ばれたかどうかも分からないのにいきなり終わってしまった(涙)というパターンには離れていった方に「重い…」と思わせている要因があることが多いです。

揚げ足取りだと思わせている

不倫男性は別れ際によく「また連絡する」と言います。で、その「また」はいつなんだ?!とやきもきするわけですが、この「また連絡する」という言葉には実は約束のニュアンスがほとんど含まれていないことが多いです。ほぼ別れ際の挨拶と同じです。

そのため、「また連絡するって言ったのに全然連絡してこないじゃない!」なんてことを次に会ったときにねちねち言うと揚げ足を取られているような気分にさせてしまいます。これが積み重なると「重い…」の貯金が増えていきます。

もちろんすべての男性が挨拶代わりに「また連絡する」と言ってるわけではありません。別れ際には確かにそう思ってる人もいます。が、彼らは自宅のドアを開けたらカノジョにまた連絡しよ~っと♪と思った気持ちをすぽっとどこか横に除けます。で、そのことを忘れてしまうという前世はリスに違いない人もいるのです。

罪悪感に耐えられなくなる

こちらからぐいぐい押して付き合いが始まりましたというカップルに時々あるパターン。要するに、相手の気持ちが追いつく前に逃げ腰になっちゃってるということ。

相手が「こんなことしてていいのかなぁ…」とふとつぶやくことがあるようならかなり思い悩んでいる証拠です。相手の気持ちをこっちに向けようとじたばたすると逆効果になっていきなりばさっと切り捨てられることも。

泣かれる意味が分からない

恋心に質量があるとしたら、相手には自分と同じかそれ以上の質量をもった気持ちでいて欲しい。そう思うのが「好き」ってことですが、自分より相手の気持ちは軽いと感じるとエモーショナル人間になって悲しくなることがあります。

もっぱら自分が優先順位の上位じゃないと感じたときにべそべそっと泣いてしまうのですが、その涙の理由が相手には理解できないということが多々あります。

飲み会に行く時間があったら私と会ってくれたらいいのに(涙)
仕事がらみの飲み会なのになんでそんなこと思われなくちゃならん?

あなたは私を置いて連休は家族で旅行に行くんだよね…(涙)
所帯持ちを承知で付き合ってるくせに何をいまさら

泣いてる方は「辛い思いさせてごめんね」という言葉を期待してる部分もあるのでしょうが、相手によっては「うわ めんどくせ!」と思いますし、理解できない涙は恐怖の対象になります。

不倫において涙は必ずしも武器にはならないので、泣いてる自分をなだめてくれることで愛情の確かめ算を繰り返すのは重い女認定されて突然捨てられる可能性が高くなります。

次はいつ会える?と必ず聞く

オトコは「今」を全力で愉しもうとしてオンナは「未来」の約束を欲しがります。次がいつになるのか自分にも分からんことを尋ねられても答えられないし、仕事の都合とかいろいろで守れないかもしれない約束をして守れなかったときの罪悪感を持ちたくないし咎められたくない。オトコの本音です。

次の約束を求められると自由を奪われたような気分になる男性は多いです。自分の自由を奪うのは嫁だけで十分!と思ってる人なら、繰り返し次の予定を尋ねられると嫌気が差してくることがあります。

こちらの記事で話を聞いた不倫の達人(笑)の友人は、自分から次いつ会える?と聞いたことがほとんどないと言います。なぜか。聞いたところでまともな返事がないのは分かってるし、そもそも聞かなくてもあっちから会いたいって言ってくるから だそうです。

片時も離れたくない!と思って許されるのは独身時代の恋愛です。つまんない別れを招かないように不倫上手になりましょう。

スポンサードリンク

不倫相手は実はうんざりしてる?音信不通や別れにつながるパターンの特徴は?http://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/12/kiss.jpg?fit=1024%2C1024http://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/12/kiss.jpg?resize=150%2C150アイーダしてる側不倫W不倫,会いたい,別れ
■会いたくてたまらない!と思わせる女性になるためのアイテム満載■ 世の中、長いことほどほどの付き合いを続けられる不倫カップルがいる一方で、♪どんな~運命~がぁ~愛を~遠ざけたの~と泣きながら歌っちゃうような辛い結末を迎えてしまう人もいます。 気持ちがどんどん相手に傾いている最中にやってくる突然の音信不通や「別れよう」の言葉ほど残酷なものはありませんが、いつの間にか自分が終りの原因を招き寄せてることもあるんですよね。 スポンサードリンク 【メールの頻度が落ちるわけ】 付き合い始めたばかりの頃は毎日ラブラブなメールやラインをくれたのにだんだんありきたりの内容になって寂しい。 最初の頃、ちょっと人様にはお見せ出来ない内容のメールをたくさん寄越して来ていた人は、そういうメールなりラインなりを送ることに刺激があったんだと思います。 不倫関係が我が身の上にあるってのは始まったばかりの時は特にいつもの日常では感じられない刺激ですから、それに酔ってて「好きだ愛してる抱きたい(ベッドの中で)あんなことやこんなことをしてあげたい」とエロ路線に走るわけです。 受取った方はもンのすごく求められてる感に酔いしれることができますが、そういうメールを送ることに慣れて刺激を感じなくなればおのずと落ち着いてしまいます。 短いメールばっかりで愛情が感じられないんですけど。 男性と女性では文章でやりとりすることに対しての感覚が違います。女性は長文のメールほど愛を深く感じますが、男性はそんな風には思ってないのが普通です。 不倫男性のメールが短くなりがちな理由に、メールを打っている時間は生活領域の中だということがあります。家庭をしっかり守りつつ不倫してますという男性ほど生活領域と不倫相手と会う時を頭の中ではっきり切り分けていますから、メールを打つために生活領域に不倫相手のことを長時間割り込ませたくない気持ちが働いているのです。 オトコという生き物は長文メールを打つのがあまり好きじゃないことが多いです。「好きだ愛してる」なんてお尻がむずむずするメールのやり取りを続けることに照れもあります。「おはよう いい天気だね」という朝の一言メールでも、ちゃんと君の事を思い出してるよというメッセージを込めているのです。 スポンサードリンク 【音信不通や突然別れを切り出されるパターン】 人の性格や環境はそれぞれですから、一概にこれ!というものはないのでしょうが、ばれたかどうかも分からないのにいきなり終わってしまった(涙)というパターンには離れていった方に「重い…」と思わせている要因があることが多いです。 揚げ足取りだと思わせている 不倫男性は別れ際によく「また連絡する」と言います。で、その「また」はいつなんだ?!とやきもきするわけですが、この「また連絡する」という言葉には実は約束のニュアンスがほとんど含まれていないことが多いです。ほぼ別れ際の挨拶と同じです。 そのため、「また連絡するって言ったのに全然連絡してこないじゃない!」なんてことを次に会ったときにねちねち言うと揚げ足を取られているような気分にさせてしまいます。これが積み重なると「重い…」の貯金が増えていきます。 もちろんすべての男性が挨拶代わりに「また連絡する」と言ってるわけではありません。別れ際には確かにそう思ってる人もいます。が、彼らは自宅のドアを開けたらカノジョにまた連絡しよ~っと♪と思った気持ちをすぽっとどこか横に除けます。で、そのことを忘れてしまうという前世はリスに違いない人もいるのです。 罪悪感に耐えられなくなる こちらからぐいぐい押して付き合いが始まりましたというカップルに時々あるパターン。要するに、相手の気持ちが追いつく前に逃げ腰になっちゃってるということ。 相手が「こんなことしてていいのかなぁ…」とふとつぶやくことがあるようならかなり思い悩んでいる証拠です。相手の気持ちをこっちに向けようとじたばたすると逆効果になっていきなりばさっと切り捨てられることも。 泣かれる意味が分からない 恋心に質量があるとしたら、相手には自分と同じかそれ以上の質量をもった気持ちでいて欲しい。そう思うのが「好き」ってことですが、自分より相手の気持ちは軽いと感じるとエモーショナル人間になって悲しくなることがあります。 もっぱら自分が優先順位の上位じゃないと感じたときにべそべそっと泣いてしまうのですが、その涙の理由が相手には理解できないということが多々あります。 飲み会に行く時間があったら私と会ってくれたらいいのに(涙) 仕事がらみの飲み会なのになんでそんなこと思われなくちゃならん? あなたは私を置いて連休は家族で旅行に行くんだよね…(涙) 所帯持ちを承知で付き合ってるくせに何をいまさら 泣いてる方は「辛い思いさせてごめんね」という言葉を期待してる部分もあるのでしょうが、相手によっては「うわ めんどくせ!」と思いますし、理解できない涙は恐怖の対象になります。 不倫において涙は必ずしも武器にはならないので、泣いてる自分をなだめてくれることで愛情の確かめ算を繰り返すのは重い女認定されて突然捨てられる可能性が高くなります。 次はいつ会える?と必ず聞く オトコは「今」を全力で愉しもうとしてオンナは「未来」の約束を欲しがります。次がいつになるのか自分にも分からんことを尋ねられても答えられないし、仕事の都合とかいろいろで守れないかもしれない約束をして守れなかったときの罪悪感を持ちたくないし咎められたくない。オトコの本音です。 次の約束を求められると自由を奪われたような気分になる男性は多いです。自分の自由を奪うのは嫁だけで十分!と思ってる人なら、繰り返し次の予定を尋ねられると嫌気が差してくることがあります。 こちらの記事で話を聞いた不倫の達人(笑)の友人は、自分から次いつ会える?と聞いたことがほとんどないと言います。なぜか。聞いたところでまともな返事がないのは分かってるし、そもそも聞かなくてもあっちから会いたいって言ってくるから だそうです。 片時も離れたくない!と思って許されるのは独身時代の恋愛です。つまんない別れを招かないように不倫上手になりましょう。 スポンサードリンク