yosida2

春のセンバツに初出場することになった高校球児たちに「お前らなんか1回戦負けしろ!」と暴言を吐いた滋賀県議の吉田清一議員のニュースは、日本中の人の胸くそを悪くするに十分なインパクトがありました。

その後釈明会見を行なった吉田県議、見るからに渋々な表情で登場し「1回戦負けしろとは言ってない」と言ってましたが、「謝罪も撤回もしない」とのことであります。

この会見の態度を見ていてこの人歩くパワハラな感じするよねーと思ってましたが、案の定 ありました。こういう謝らない人の脳みそってどうなってるんでしょう。

スポンサードリンク

【吉田清一議員とは】

この暴言騒動の主役である吉田清一議員は現在67歳、選挙区は野洲市で県会議長を務めたこともあり現在6期目の任期中であります。

滋賀県議会で6期以上務めているのはこの人を含めて2人しかいません。滋賀県議会最長任期を務めているこの人は、言ってみれば県議会の主みたいな人ですね。県議会内での肩書きとしてスポーツ振興特別委員なんてものも務めています。

滋賀県議会のサイトには連絡先が載ってますが、騒動が起きてからはさぞかしたくさん電話が鳴ったことでしょう(苦笑)

【暴言は妥当か?】

「このワシが何の悪いことを言った?」と言いたげな吉田議員ですが、突き詰めて考えてみて、「1回戦負けしろ!」に言われても仕方がない理由があったのでしょうか。

3月16日、甲子園初出場が決まった滋賀学園野球部員は喜び勇んで滋賀県庁にて三日月知事に出場報告を行い、激励の言葉をもらっておりました。

mikadukitiji

この後滋賀学園球児たちは県庁前に止められた送迎用のバスに乗り込もうとしたのですが、ここで吉田議員が「なんちゅうところに止めとるんじゃ」と大声を上げ、例の暴言を吐きます。

吉田議員は開かれた釈明会見で「1回戦負けしろとは言ってない。そんなことでは1回戦で負けてしまうぞ と言った」と弁明し、球児に向かって言ったわけではなく、あくまで運転手と引率の大人に対してだったと言っておりました。

ぷり子
試合して勝ち負け決めるのは球児でしょうに

tum子
勘違いで注意したのだとしても、そこで言うことではないよね

吉田議員は送迎バスが止められていた場所は車の乗り降りが禁止されたところなのでそんなことではいかんぞ!という意味での発言である ということを紙に図まで書いて説明していたのですが、送迎バスは教育委員会から許可をもらってその場所に止めていたので、滋賀学園側にはなんら非がないのです。

しかし吉田議員は「謝罪も撤回もする気はない」とし、滋賀学園に対しては「別に憎しみも愛情も何も感じない」「言わなきゃ良かったともあんまり思ってない」だそーです。

リリコ
自分の親だったら一生口利きたくないレベル

ぷり子
てかさ、なんで知事さんはこの言いたい放題を知らん顔して黙ってるわけ?

tum子
三日月大造知事って新人3年目の44歳だからねぇ 議会の主にはモノ申せぬところがあるんじゃないかなぁ

せっかくの甲子園への門出にとんだケチを付けられてしまった滋賀学園野球部ですが、センバツではベスト8入りを果たしました。よく頑張りました。

スポンサードリンク

【ほかにもあったパワハラ事例】

会見での態度を見ていて、普段からパワハラめいた高圧的な態度取る人なんだろうなと多くの人が感じたと思います。吉田議員は普段はきっと穏やかで優しい人に違いない なんてことを思う人がいたら一度会ってお話を伺ってみたいものです。

で、多くの人が感じたとおり、吉田議員は2014年にもある女性市議に対してパワハラ発言を繰り返した疑惑があり、女性市議を退職に追い込んでしまっています。

この時も謝罪を行なった様子はなく、厳しく育てようとしたけど根性がなくて脱落した くらいの認識だったようですね。

【なぜ謝るってことが出来ないのか】

もうね、この記事書いててこっちが暴言吐きまくりたいくらいムカつくのですが、こういう謝らない人ってのは何なんでしょうね。

1期4年の任期を6期目、20年以上も「先生」としてあがめ奉られると自分以外全部バカに思えてくるものなんでしょうか。世の中には謝ったら負けた気がする人種がけっこう存在しますから、吉田議員も謝ったら負けだったんでしょう。でも、一体何に対しての負けなんでしょうか。

ロンブーの敦がこの暴言について「次は選ばれませんよーに」とツイートし、4000以上もリツイートされてました。統一地方選が行なわれたのは昨年なので、改選はもうしばらく先のことになりますね。吉田議員もそのことは承知していてのこういう態度なんでしょう。なにしろ謝罪も撤回もする気がないんだから、今のところ議員辞職なんぞする気はないみたいです。

しかし、女性市議をパワハラで退職に追い込んだ後に行なわれた滋賀県議会議員選挙では、とりあえず野洲市選挙区ではトップ当選(と言っても3人しか出てなくて2人当選)してはいますが、2位当選者との得票差はわずか25票。6期も出てる割に地元の信任が厚いわけではないことが伺えます。

こういうパワハラ体質の人物が議会を牛耳ってる滋賀県が気の毒になってしまうので、私も敦の意見に同意しまーす。

スポンサードリンク

一回戦負けしろ滋賀県議にパワハラ事例が他にも?なぜ謝らないんだろうhttps://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/04/yosida2.jpg?fit=500%2C308https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/04/yosida2.jpg?resize=150%2C150アイーダ雑記一回戦負けしろ,滋賀県議
春のセンバツに初出場することになった高校球児たちに「お前らなんか1回戦負けしろ!」と暴言を吐いた滋賀県議の吉田清一議員のニュースは、日本中の人の胸くそを悪くするに十分なインパクトがありました。 その後釈明会見を行なった吉田県議、見るからに渋々な表情で登場し「1回戦負けしろとは言ってない」と言ってましたが、「謝罪も撤回もしない」とのことであります。 この会見の態度を見ていてこの人歩くパワハラな感じするよねーと思ってましたが、案の定 ありました。こういう謝らない人の脳みそってどうなってるんでしょう。 スポンサードリンク 【吉田清一議員とは】 この暴言騒動の主役である吉田清一議員は現在67歳、選挙区は野洲市で県会議長を務めたこともあり現在6期目の任期中であります。 滋賀県議会で6期以上務めているのはこの人を含めて2人しかいません。滋賀県議会最長任期を務めているこの人は、言ってみれば県議会の主みたいな人ですね。県議会内での肩書きとしてスポーツ振興特別委員なんてものも務めています。 滋賀県議会のサイトには連絡先が載ってますが、騒動が起きてからはさぞかしたくさん電話が鳴ったことでしょう(苦笑) 【暴言は妥当か?】 「このワシが何の悪いことを言った?」と言いたげな吉田議員ですが、突き詰めて考えてみて、「1回戦負けしろ!」に言われても仕方がない理由があったのでしょうか。 3月16日、甲子園初出場が決まった滋賀学園野球部員は喜び勇んで滋賀県庁にて三日月知事に出場報告を行い、激励の言葉をもらっておりました。 この後滋賀学園球児たちは県庁前に止められた送迎用のバスに乗り込もうとしたのですが、ここで吉田議員が「なんちゅうところに止めとるんじゃ」と大声を上げ、例の暴言を吐きます。 吉田議員は開かれた釈明会見で「1回戦負けしろとは言ってない。そんなことでは1回戦で負けてしまうぞ と言った」と弁明し、球児に向かって言ったわけではなく、あくまで運転手と引率の大人に対してだったと言っておりました。 吉田議員は送迎バスが止められていた場所は車の乗り降りが禁止されたところなのでそんなことではいかんぞ!という意味での発言である ということを紙に図まで書いて説明していたのですが、送迎バスは教育委員会から許可をもらってその場所に止めていたので、滋賀学園側にはなんら非がないのです。 しかし吉田議員は「謝罪も撤回もする気はない」とし、滋賀学園に対しては「別に憎しみも愛情も何も感じない」「言わなきゃ良かったともあんまり思ってない」だそーです。 せっかくの甲子園への門出にとんだケチを付けられてしまった滋賀学園野球部ですが、センバツではベスト8入りを果たしました。よく頑張りました。 スポンサードリンク 【ほかにもあったパワハラ事例】 会見での態度を見ていて、普段からパワハラめいた高圧的な態度取る人なんだろうなと多くの人が感じたと思います。吉田議員は普段はきっと穏やかで優しい人に違いない なんてことを思う人がいたら一度会ってお話を伺ってみたいものです。 で、多くの人が感じたとおり、吉田議員は2014年にもある女性市議に対してパワハラ発言を繰り返した疑惑があり、女性市議を退職に追い込んでしまっています。 この時も謝罪を行なった様子はなく、厳しく育てようとしたけど根性がなくて脱落した くらいの認識だったようですね。 【なぜ謝るってことが出来ないのか】 もうね、この記事書いててこっちが暴言吐きまくりたいくらいムカつくのですが、こういう謝らない人ってのは何なんでしょうね。 1期4年の任期を6期目、20年以上も「先生」としてあがめ奉られると自分以外全部バカに思えてくるものなんでしょうか。世の中には謝ったら負けた気がする人種がけっこう存在しますから、吉田議員も謝ったら負けだったんでしょう。でも、一体何に対しての負けなんでしょうか。 ロンブーの敦がこの暴言について「次は選ばれませんよーに」とツイートし、4000以上もリツイートされてました。統一地方選が行なわれたのは昨年なので、改選はもうしばらく先のことになりますね。吉田議員もそのことは承知していてのこういう態度なんでしょう。なにしろ謝罪も撤回もする気がないんだから、今のところ議員辞職なんぞする気はないみたいです。 しかし、女性市議をパワハラで退職に追い込んだ後に行なわれた滋賀県議会議員選挙では、とりあえず野洲市選挙区ではトップ当選(と言っても3人しか出てなくて2人当選)してはいますが、2位当選者との得票差はわずか25票。6期も出てる割に地元の信任が厚いわけではないことが伺えます。 こういうパワハラ体質の人物が議会を牛耳ってる滋賀県が気の毒になってしまうので、私も敦の意見に同意しまーす。 スポンサードリンク