銀沙丸

ショップで見かけた小さな丸いサボテン。机の上でめきめき育ってると思っていたらなんか形が変になっちゃった。お日様が好きと聞いたから日光浴させたら色が変わってしまった。ミニサボテンと付き合うと悩みが尽きません。

ひょろひょろ伸びる徒長と日焼けは表裏一体の問題です。これから本格的な夏を迎えるにあたってどういう管理をすりゃいいんでしょう。

スポンサードリンク

【徒長問題】

徒長とは日照不足のもやし状態になってることを言います。室内管理のサボテンに徒長問題はつきものです。
・やけに縦長になって頭のてっぺんが細くなっている
・トゲとトゲの間が間延びしている
・白い毛に覆われた種類なのにすっかすかの薄毛
・新しく伸びたところの色が薄い
サボテンの種類によって出方が変わりますが、これらが徒長の特徴です。

徒長したサボテン

十分に日光に当てて育てた同じ種類のサボテンを見たことがないとこういう種類なんだと思ってしまいますが、健康的に育っているサボテンは頭のてっぺんが細くなったりしないものです。

徒長したサボテン

バニーカクタスの名前で人気の烏帽子も、室内に置きっぱなしで日光不足になると新しく出てきたところがウサギの耳じゃなくてネズミのしっぽみたいになります。

徒長してひょろひょろになってしまうと残念ながら元の丸い形には戻せません。伸びてとんがった頭が可愛い♪という方はそれでもいいですが、サボテン自体の体力もへろへろになっているのでそのうちしぼんで枯れてしまいます。

【徒長させないためには】

丸いものを丸く育てるには、とにかく陽に当てることです。机の上で愛でたくて照明に近づけたりして光確保だー!と思ったとしても、太陽光と照明の光では雲泥の差でやっぱり徒長してしまうようです。

置き場所は日差しの入る窓辺がベストです。明るいけど日差しは入らない窓辺は外に向かって傾いて育ちやすいので時々鉢を回してやりましょう。

●徒長しやすい種類●

マミラリア属 ノトカクタス属 100均に行けば必ずある種類。この2つの多くは性質が強い分お日様も大好きなので、室内管理で日照不足になると弱ってしぼむ前にひょろ~っと徒長しやすいようです。

金鯱 ホームセンターでよく見かけます。トゲが強い割に日焼けしやすい種類ではありますが、完全室内管理だと丸い姿が縦長になります。

般若 小さいうちは開きかけの折りたたみ傘みたいで可愛いです。縦に伸びやすく、日照不足になるとトゲが落ちやすいようです。もともとのとげ座が少ないのに落ちてしまうとかなり寂しい(涙)

●室内管理にお勧めの種類●

ギムノカリキウム属 この属は直射日光と風通しの良さがやや苦手な種類が多いので室内管理向きです。

スポンサードリンク

【日焼け問題】

室内で管理していたサボテンを急に屋外に出したり、水が切れた状態で強い太陽光線を浴びることで肌の一部が白っぽくなったりかさぶたができたりします。

また、屋外で水やりして球体に水滴が残っているとレンズ効果で一部分だけ茶色く枯れてしまうことがあります。

日焼けしたサボテン

ずっと室内に置いていて徒長させてしまったサボテンだとものの30分で日焼けしてしまうこともあるようです。

少し黄色くなったくらいの日焼けなら明るい日陰で管理すればそのうち治ることが多いですが、かさぶたが出来てしまうほどの日焼けはサボテンも弱りますし跡が残ります。

直径3センチ未満の小さいサボテンを日焼けさせてしまうと致命的で、そのまま腐らせてしまうこともあります。

【ミニサボテンを日焼けさせないためには】

まだ小さいサボテンは赤ちゃんなので直射日光に当てると弱ってしまいます とどこかで読みましたが、必ずしもそうとは言えません。

コメリのサボテン

買ってきたとき1円玉より小さかったこの子たちを我が家ではがんがん直射日光に当てて育てていますが、どちらも日焼けせず縦横に大きくなって機嫌よくしています。

日焼けを恐れて過保護にすればするほど日焼けしやすくなるんじゃないかと私は思っております。

ちびサボが日焼けしない我が家の環境

我が家ではどんなに小さくても個別植えです。鉢が大きすぎる!と叱られそうですが、2号鉢は土が少ないぶんよく乾きます。

風通し良好なベランダのフェンスに100均のワイヤーネットで棚を作って並べています。棚の背面が東側で、7:30頃~16:00頃まで棚の上段はほぼずっと陽が当っています。中段は11:00頃~14:00頃まで半日陰に、下段は遮光して直射日光苦手なギムノと水のやりすぎで弱り気味な子がいます。

冬の間は室内に取り込んでいましたが、少しでも日差しがあれば外に出していました。我が家には直射日光の入る窓辺がないので(サッシの窓が全部下半分がすりガラス)陽に当てたければ外に出すしかないのです。

3月のはじめから完全屋外管理にしてとにかく日に当てます。

固まる砂から救出して植え替えたちびサボは3日くらい直射日光の当らない明るい日陰に置いてちょっと屋外環境に慣らし、根が動こうが動くまいが水を与えて棚に並べます。種類によっては日焼け防止帽子をかぶせておきます。

植物の光合成は午前中に行なわれるとどっかで読んだので、出来るだけ早い時間から朝日に当てるように心がけてます。これ、案外重要かも知れません。朝早い時間の朝日から継続的に直射日光に当てておけば不思議なほど日焼けしないのです。

根がいい加減なので30個以上あるちびサボの全員が超ご機嫌♪というわけではないのですが、少なくとも日焼けで弱ってる子がいないので大間違いではないように思います。

スポンサードリンク

ミニサボテンはすぐ徒長する?日焼けさせずに日なたで管理するにはhttps://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/06/ginsamaru3.jpg?fit=500%2C298https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/06/ginsamaru3.jpg?resize=150%2C150アイーダサボテンミニサボテンと暮らすサボテン
ショップで見かけた小さな丸いサボテン。机の上でめきめき育ってると思っていたらなんか形が変になっちゃった。お日様が好きと聞いたから日光浴させたら色が変わってしまった。ミニサボテンと付き合うと悩みが尽きません。 ひょろひょろ伸びる徒長と日焼けは表裏一体の問題です。これから本格的な夏を迎えるにあたってどういう管理をすりゃいいんでしょう。 スポンサードリンク 【徒長問題】 徒長とは日照不足のもやし状態になってることを言います。室内管理のサボテンに徒長問題はつきものです。 ・やけに縦長になって頭のてっぺんが細くなっている ・トゲとトゲの間が間延びしている ・白い毛に覆われた種類なのにすっかすかの薄毛 ・新しく伸びたところの色が薄い サボテンの種類によって出方が変わりますが、これらが徒長の特徴です。 十分に日光に当てて育てた同じ種類のサボテンを見たことがないとこういう種類なんだと思ってしまいますが、健康的に育っているサボテンは頭のてっぺんが細くなったりしないものです。 バニーカクタスの名前で人気の烏帽子も、室内に置きっぱなしで日光不足になると新しく出てきたところがウサギの耳じゃなくてネズミのしっぽみたいになります。 徒長してひょろひょろになってしまうと残念ながら元の丸い形には戻せません。伸びてとんがった頭が可愛い♪という方はそれでもいいですが、サボテン自体の体力もへろへろになっているのでそのうちしぼんで枯れてしまいます。 【徒長させないためには】 丸いものを丸く育てるには、とにかく陽に当てることです。机の上で愛でたくて照明に近づけたりして光確保だー!と思ったとしても、太陽光と照明の光では雲泥の差でやっぱり徒長してしまうようです。 置き場所は日差しの入る窓辺がベストです。明るいけど日差しは入らない窓辺は外に向かって傾いて育ちやすいので時々鉢を回してやりましょう。 ●徒長しやすい種類● マミラリア属 ノトカクタス属 100均に行けば必ずある種類。この2つの多くは性質が強い分お日様も大好きなので、室内管理で日照不足になると弱ってしぼむ前にひょろ~っと徒長しやすいようです。 金鯱 ホームセンターでよく見かけます。トゲが強い割に日焼けしやすい種類ではありますが、完全室内管理だと丸い姿が縦長になります。 般若 小さいうちは開きかけの折りたたみ傘みたいで可愛いです。縦に伸びやすく、日照不足になるとトゲが落ちやすいようです。もともとのとげ座が少ないのに落ちてしまうとかなり寂しい(涙) ●室内管理にお勧めの種類● ギムノカリキウム属 この属は直射日光と風通しの良さがやや苦手な種類が多いので室内管理向きです。 スポンサードリンク 【日焼け問題】 室内で管理していたサボテンを急に屋外に出したり、水が切れた状態で強い太陽光線を浴びることで肌の一部が白っぽくなったりかさぶたができたりします。 また、屋外で水やりして球体に水滴が残っているとレンズ効果で一部分だけ茶色く枯れてしまうことがあります。 ずっと室内に置いていて徒長させてしまったサボテンだとものの30分で日焼けしてしまうこともあるようです。 少し黄色くなったくらいの日焼けなら明るい日陰で管理すればそのうち治ることが多いですが、かさぶたが出来てしまうほどの日焼けはサボテンも弱りますし跡が残ります。 直径3センチ未満の小さいサボテンを日焼けさせてしまうと致命的で、そのまま腐らせてしまうこともあります。 【ミニサボテンを日焼けさせないためには】 まだ小さいサボテンは赤ちゃんなので直射日光に当てると弱ってしまいます とどこかで読みましたが、必ずしもそうとは言えません。 買ってきたとき1円玉より小さかったこの子たちを我が家ではがんがん直射日光に当てて育てていますが、どちらも日焼けせず縦横に大きくなって機嫌よくしています。 日焼けを恐れて過保護にすればするほど日焼けしやすくなるんじゃないかと私は思っております。 ちびサボが日焼けしない我が家の環境 我が家ではどんなに小さくても個別植えです。鉢が大きすぎる!と叱られそうですが、2号鉢は土が少ないぶんよく乾きます。 風通し良好なベランダのフェンスに100均のワイヤーネットで棚を作って並べています。棚の背面が東側で、7:30頃~16:00頃まで棚の上段はほぼずっと陽が当っています。中段は11:00頃~14:00頃まで半日陰に、下段は遮光して直射日光苦手なギムノと水のやりすぎで弱り気味な子がいます。 冬の間は室内に取り込んでいましたが、少しでも日差しがあれば外に出していました。我が家には直射日光の入る窓辺がないので(サッシの窓が全部下半分がすりガラス)陽に当てたければ外に出すしかないのです。 3月のはじめから完全屋外管理にしてとにかく日に当てます。 固まる砂から救出して植え替えたちびサボは3日くらい直射日光の当らない明るい日陰に置いてちょっと屋外環境に慣らし、根が動こうが動くまいが水を与えて棚に並べます。種類によっては日焼け防止帽子をかぶせておきます。 植物の光合成は午前中に行なわれるとどっかで読んだので、出来るだけ早い時間から朝日に当てるように心がけてます。これ、案外重要かも知れません。朝早い時間の朝日から継続的に直射日光に当てておけば不思議なほど日焼けしないのです。 根がいい加減なので30個以上あるちびサボの全員が超ご機嫌♪というわけではないのですが、少なくとも日焼けで弱ってる子がいないので大間違いではないように思います。 スポンサードリンク