suuji

 

なんだかよくわからないうちに制度がスタートしつつあるマイナンバー制度。ぼちぼちとマイナンバー通知が届いているようですが、開封してみてきょとん?としてしまう人もいるようです。なんか分かりづらい これ。平べったく言うとどういうこと?

自分の収入などを「管理」されることに拒否感があって通知カードを受け取らなかった人や住民票の住所とは異なる場所に住んでいる人はマイナンバーを知らないまま過ごすことになります。その場合のデメリットは?

スポンサードリンク

【通知カードと個人番号カード】

マイナンバー通知が始まって書留便の封書を受け取った人も多いと思いますが、これを開封するとさらに封筒が入っていてなんか写真つけて返送しなくちゃならんような感じになってます。

通知カードとは、番号通知の封筒に入っていたマイナンバーが記載されたぺらっぺらのカードです。切り取り線がついているので、切り取ってなくさないように保管しましょうとあります。

個人番号カードとは、個人番号を受け取った人のうちで、希望すれば写真とICチップのついたカードにして後から送られてくるものです。

ご丁寧に封筒が入っているので個人番号カードを申請しなくちゃならんものみたいに感じますが、身分証明に使えるもの(運転免許証など)を持っていればさしあたっては申請しなくても困ることはありません

個人番号カードを作るメリットは、公共図書館で図書カードとして使えることと身分証明証として使えることくらいでしょうか。写真がつけられることで有効期限が設けられていて、20歳以上の人は10年、20歳未満の人は5年となっています。

tum子
めんどくさいっ!!

個人番号カードにはICチップが搭載されますが、使用にはパスワードを設定する必要があります。パスワードは一定回数以上間違えると使えなくなっちゃうみたいです。ICチップには所得の状況や病歴などは記録されてないとのことです。

【マイナンバーにはどんな情報が?】

マイナンバーで分かることは年金、医療、介護、税務などの主にお金にまつわる個人情報です。生まれてからずっとの情報ではなく、2000年以降の情報だったと記憶していますがもし間違っていたら誰か指摘してください。将来的には銀行の口座番号もヒモつけらる予定です。

マイナンバーを使うことで、どういう形式で私たちに開示されるのかはまだよく分かりませんが、少なくともお国には、この人はいくら預金があって税金いくら払っていて医療費がどれだけかかっていて…といったことが丸分かりになるってことです。

日本に居住する人すべてに割り振られた12桁の数字、マイナンバーは一生変わりません。この数字は運気を下げますって占いに出たので変えてくださいって言ってもダメです。

スポンサードリンク

【マイナンバー制度が施行されると】

マイナンバー制度の施行は2016年1月にスタートします。個人情報満載の数字の羅列が外部に漏れたらどーすんだ!という懸念の声は高いですが、とにかくそういうことに決まっちゃった。

何がどう変わるのかと言うと、普通に暮らしている分には何も変わりません。住民票や納税証明をとる必要が出てきたときに手続きが楽になるくらいです。

暮らしそのものには大きな変化はありませんが、マイナンバー制度がスタートしたら、企業は源泉徴収や支払い調書に記載することが義務付けになるので使用目的を明らかにした上で従業員からマイナンバーの提出を求めなくてはならなくなります。短期のアルバイトでも雇用主は提出を求めることが義務付けられます。

【マイナンバー制度が施行されてデメリットを食らう人】

アルバイト禁止の会社だけど内緒でアルバイトをしていま~すという人は、会社にバイトしてることがばれてしまう可能性があります

また、個人でFXとかアフィリエイトビジネスなどで稼いでます♪という人も、これを申告せずにいれば銀行口座とヒモ付けられた後で発覚してどかーん!と追徴されちゃう恐れがあります。

滋味井平次老人
行政手続きの簡便化を表向きにした水も漏らさぬ徴税制度ってことか?

ぷり子
否定すべき言葉が何ひとつ見つかりませんね

【通知を受け取らないとどうなる?】

マイナンバー通知は本人に手渡しが原則だったため、昼間仕事で不在の人のところには不在通知を投函し、改めて配達してもらうか直接出むいて受け取るようにってことになってました。

しかし、一方的に番号を割り振られて国に管理される ということに拒否感の強い人も多く受け取らずに放置した人もいるでしょうし、そもそも送付先は住民票に記載された住所なので、住民票を移さずにいる人には不在票すら入ってないことになります。

こうして受け取られることなく返送されたマイナンバー通知は500万通を超えたそうですが、マイナンバーを知らずにいるとどうなるのでしょう。

・職場でちょっと気まずいかも
マイナンバーの提出を求められた時に素直に提出できないと会社からは事いい顔をされないかも知れません。会社としては提出を根気よくお願いするようにとなってますが、それでも出してもらえないときは関係省庁に申し出てお上からの指示を仰ぐことになります。

・仕事が探しにくくなるかも
会社が税務署に提出する書類に従業員のマイナンバーを記載しなくちゃならなくなるので、「知りません 分かりません 拒否してます」だと面倒だからちょっとゴメン…ってことにならないとも限りません。

そういう理由で雇用を拒否することはたぶん憲法では認められんことなので係争のネタには出来るでしょうが、裁判起こして闘う余力があればいいけど、明日の生活のための求職をしている人にそれが出来るかどうか。

派遣で仕事を探している人は、派遣会社からマイナンバーの提出を求められます。

【一体誰が喜んでいるんだろう】

マイナンバーと書いて「めんどくさい」とルビつけたいくらいなんかめんどくさいマイナンバー制度ですが、意外なところが特需の増産体制に入っているそうです。

それは金庫を作っている会社。なんと、早くも欠品する商品が出てきている模様です。

企業に提出されたマイナンバーは厳重に保管されることが義務付けになりますし、個人でも預金口座がヒモ付けになれば内緒の預金ができなくなりますからたんす預金が増えることを見越してのことだそうです。

なんだか釈然としないままスタートするマイナンバー制度ですが、やだ!と言っても番号は割り振られています。私たちとしては管理しているサーバーがハッキングに遭わないことを祈るしかないのかも知れません。

スポンサードリンク

マイナンバー制度って要するにどういうことなの?知らずにいるとマズイの?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/12/suuji.jpg?fit=500%2C309https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/12/suuji.jpg?resize=150%2C150アイーダニュースデメリット,マイナンバー,メリット
  なんだかよくわからないうちに制度がスタートしつつあるマイナンバー制度。ぼちぼちとマイナンバー通知が届いているようですが、開封してみてきょとん?としてしまう人もいるようです。なんか分かりづらい これ。平べったく言うとどういうこと? 自分の収入などを「管理」されることに拒否感があって通知カードを受け取らなかった人や住民票の住所とは異なる場所に住んでいる人はマイナンバーを知らないまま過ごすことになります。その場合のデメリットは? スポンサードリンク 【通知カードと個人番号カード】 マイナンバー通知が始まって書留便の封書を受け取った人も多いと思いますが、これを開封するとさらに封筒が入っていてなんか写真つけて返送しなくちゃならんような感じになってます。 通知カードとは、番号通知の封筒に入っていたマイナンバーが記載されたぺらっぺらのカードです。切り取り線がついているので、切り取ってなくさないように保管しましょうとあります。 個人番号カードとは、個人番号を受け取った人のうちで、希望すれば写真とICチップのついたカードにして後から送られてくるものです。 ご丁寧に封筒が入っているので個人番号カードを申請しなくちゃならんものみたいに感じますが、身分証明に使えるもの(運転免許証など)を持っていればさしあたっては申請しなくても困ることはありません。 個人番号カードを作るメリットは、公共図書館で図書カードとして使えることと身分証明証として使えることくらいでしょうか。写真がつけられることで有効期限が設けられていて、20歳以上の人は10年、20歳未満の人は5年となっています。 個人番号カードにはICチップが搭載されますが、使用にはパスワードを設定する必要があります。パスワードは一定回数以上間違えると使えなくなっちゃうみたいです。ICチップには所得の状況や病歴などは記録されてないとのことです。 【マイナンバーにはどんな情報が?】 マイナンバーで分かることは年金、医療、介護、税務などの主にお金にまつわる個人情報です。生まれてからずっとの情報ではなく、2000年以降の情報だったと記憶していますがもし間違っていたら誰か指摘してください。将来的には銀行の口座番号もヒモつけらる予定です。 マイナンバーを使うことで、どういう形式で私たちに開示されるのかはまだよく分かりませんが、少なくともお国には、この人はいくら預金があって税金いくら払っていて医療費がどれだけかかっていて…といったことが丸分かりになるってことです。 日本に居住する人すべてに割り振られた12桁の数字、マイナンバーは一生変わりません。この数字は運気を下げますって占いに出たので変えてくださいって言ってもダメです。 スポンサードリンク 【マイナンバー制度が施行されると】 マイナンバー制度の施行は2016年1月にスタートします。個人情報満載の数字の羅列が外部に漏れたらどーすんだ!という懸念の声は高いですが、とにかくそういうことに決まっちゃった。 何がどう変わるのかと言うと、普通に暮らしている分には何も変わりません。住民票や納税証明をとる必要が出てきたときに手続きが楽になるくらいです。 暮らしそのものには大きな変化はありませんが、マイナンバー制度がスタートしたら、企業は源泉徴収や支払い調書に記載することが義務付けになるので使用目的を明らかにした上で従業員からマイナンバーの提出を求めなくてはならなくなります。短期のアルバイトでも雇用主は提出を求めることが義務付けられます。 // 【マイナンバー制度が施行されてデメリットを食らう人】 アルバイト禁止の会社だけど内緒でアルバイトをしていま~すという人は、会社にバイトしてることがばれてしまう可能性があります。 また、個人でFXとかアフィリエイトビジネスなどで稼いでます♪という人も、これを申告せずにいれば銀行口座とヒモ付けられた後で発覚してどかーん!と追徴されちゃう恐れがあります。 【通知を受け取らないとどうなる?】 マイナンバー通知は本人に手渡しが原則だったため、昼間仕事で不在の人のところには不在通知を投函し、改めて配達してもらうか直接出むいて受け取るようにってことになってました。 しかし、一方的に番号を割り振られて国に管理される ということに拒否感の強い人も多く受け取らずに放置した人もいるでしょうし、そもそも送付先は住民票に記載された住所なので、住民票を移さずにいる人には不在票すら入ってないことになります。 こうして受け取られることなく返送されたマイナンバー通知は500万通を超えたそうですが、マイナンバーを知らずにいるとどうなるのでしょう。 ・職場でちょっと気まずいかも マイナンバーの提出を求められた時に素直に提出できないと会社からは事いい顔をされないかも知れません。会社としては提出を根気よくお願いするようにとなってますが、それでも出してもらえないときは関係省庁に申し出てお上からの指示を仰ぐことになります。 ・仕事が探しにくくなるかも 会社が税務署に提出する書類に従業員のマイナンバーを記載しなくちゃならなくなるので、「知りません 分かりません 拒否してます」だと面倒だからちょっとゴメン…ってことにならないとも限りません。 そういう理由で雇用を拒否することはたぶん憲法では認められんことなので係争のネタには出来るでしょうが、裁判起こして闘う余力があればいいけど、明日の生活のための求職をしている人にそれが出来るかどうか。 派遣で仕事を探している人は、派遣会社からマイナンバーの提出を求められます。 【一体誰が喜んでいるんだろう】 マイナンバーと書いて「めんどくさい」とルビつけたいくらいなんかめんどくさいマイナンバー制度ですが、意外なところが特需の増産体制に入っているそうです。 それは金庫を作っている会社。なんと、早くも欠品する商品が出てきている模様です。 企業に提出されたマイナンバーは厳重に保管されることが義務付けになりますし、個人でも預金口座がヒモ付けになれば内緒の預金ができなくなりますからたんす預金が増えることを見越してのことだそうです。 なんだか釈然としないままスタートするマイナンバー制度ですが、やだ!と言っても番号は割り振られています。私たちとしては管理しているサーバーがハッキングに遭わないことを祈るしかないのかも知れません。 スポンサードリンク