トランプ大統領

人種差別的で過激な主張をがなり立て、選挙戦終盤には政策そっちのけで対立候補のクリントン氏をこき下ろすに徹したトランプ氏が世界中の予想を覆し、壮絶なデッドヒートの末に次期大統領になっちゃいました。

なんだかんだ言っても結局はクリントン氏でしょと見られていたのに、この人がアメリカの大統領になったら世界中がえらいことになる!と警鐘を鳴らす人もいたのに、なんで暴言王のトランプ氏?アメリカのニュースでさえ「驚くべき番狂わせ」と言ったこの結果、この先どんなことが起きるのでしょう。

スポンサードリンク

【なぜトランプ氏が勝利した?】

トランプ氏が共和党代表候補として名乗りを挙げたとき、一体誰がこれほどの支持を集めると思ったでしょう。暴言と極論を振りかざす泡沫候補の扱いだったのに。

前大統領のオバマさんは、[Yes we can!」のキャッチフレーズとともに2009年1月に熱狂的な支持を得て就任するとその年の10月に核兵器のない世界を提唱して現職大統領として世界で初めてノーベル平和賞を受賞しました。オバマさんにとってのアメリカ合衆国は世界の警察たるものであり、初の黒人大統領に今までとは違った切り口でアメリカ国内の建て直しが期待されました。

obama2

ところが2期8年大統領をやったもののアメリカ国内の状況は一向に好転せず。「オバマ全然ダメじゃん!」という声が国内にうずまくなかで次の大統領戦が始まります。

トランプ氏は訴えました。「アメリカはもはや世界の警察でい続けることはできない!」そんで叫びました。

Make America great Again!(偉大なアメリカを取り戻せ!)

アメリカ合衆国内の多くの人が、アメリカを暮らしやすいまともな国にしてくれよ!と思っていて、キレイごとを言わないトランプならなんとかしてくれるに違いない。世界的にはいろいろ問題があるかも知れないのは分かってるけど、そんなの知ったことじゃない!と思ってたのが形になって、トランプ氏が勝利しちゃった図式です。

滋味井平次老人
誰だって目先の生活が安定することを優先したくなるもんなぁ

tum子
トランプ氏みたいな破壊力のありそうな人に期待したくなるくらいアメリカはへろへろだったってことなんだろうね

対抗馬がヒラリークリントンというとっても嫌われてる人だったこともトランプ氏にとっては結果として有利だったかも知れません。私用メール問題の再燃とかダンナのクリントン元大統領の不適切な関係事件とか叩くネタがたくさんあった。

クリントン氏から当選確実の報を受けてお祝いの電話をもらったとトランプ氏は当選スピーチの中で言ってましたが、さすがにそこでは極めてまっとうなクリントン氏をたたえるコメントをしてました。昨日までさんざんこき下ろしてたのにね(笑)

…もっとも私はスピーチの内容より息子のバロンくんの美少年ぶりから目が離せなかったのですが。

baron

スポンサードリンク

【トランプ大統領誕生で何が起きる?】

トランプ大統領の誕生はこれまでに口にしてきた極論政策がどう実行されるかが不透明なため、各方面に混乱をおこすんじゃないかと危惧されております。

実際、トランプ氏が予想以上に選挙人を獲得していく様子が逐一報道されているなかで株価がどーんと一時1.000円くらい下落してました。トランプが大統領になるならドルを売って円を買え!だそうです。

そうなると円高が進んで我が国の輸出産業が困ったことになってしまいます。

トランプ氏が掲げる政策では、次の三つがよく取り上げられました。

移民政策

ヒスパニックは犯罪者ばっかりだ!メキシコとの国境に壁を作ってメキシコ政府に支払わせろ!不法移民を1.000万人自国に強制送還しちまえ!

トランプ氏のこういった過激な発言はアメリカ国内では白人至上主義を掲げる団体のKKKに支持されていたようですが、アメリカ以外の国でも人種差別的な動きが活発化しています。今まで思っていても口にするのをためらっていた人たちが、トランプ氏に触発されて声を上げ始めたようです。

安保の見直し

トランプ氏は日本と韓国に対して安保条約の見直しが必要と言っていて、日本はアメリカに守ってもらってるんだから在日米軍の駐留費を全部払え、払わないなら撤退してやる!と息巻いています。

アメリカの軍事費は約6.000億ドル、そのうち在日米軍の駐留費は110億ドル少々で、現在日本はそのうちの約75%を負担しています。

撤退されると沖縄の方々は喜ぶかも知れません。しかし、中国がずかずか押し寄せてきそうで怖いわ。日本の上空をひっきりなしに哨戒機がスクランブル発進して飛び回りそう。

日本も韓国も防衛として核を保有してもいいと思う。

トランプ氏の本棚にはかわぐちかいじの沈黙の艦隊が並んでるんだろうか。

むちゃくちゃ面白くて私は25巻を一気読みしちゃったけどさ。

TPP反対

貿易の自由化を進めたからアメリカ国内の産業ががたがたになっちまったんだ!そんなもん止めだ やめ!

これはクリントン氏も見直しが必要と言っていたことですが、もしアメリカがTPPから引っ込んでしまうと規約により実効ができなくなります。日本ではTPPに反対している農家さんも多いですが、へろへろのよれよれになりながら交渉に臨んだ甘利さんの頑張りが水泡に帰すことになりますな。甘利さん憤死するんじゃなかろうか。

TPPを進めたオバマさんの任期は12月の末まで。あと2ヶ月を切ってる中で打つ手があるかどうか。

日本でも号外が配られたトランプ氏勝利に、街行く人も不安を口にしていました。為替を扱う人はリスクが読めなくて頭を抱え、カナダの移民サイトは閲覧者が殺到してサーバーがダウンしたまさかの結末。

投票した人たちがイギリスのEU離脱の時のように後悔して、世界中が投票した人たちを恨むことにならなきゃいいのですが。

スポンサードリンク

トランプ氏が次期大統領に決定して世界と日本への影響は?【驚くべき番狂わせ】アイーダニュース
人種差別的で過激な主張をがなり立て、選挙戦終盤には政策そっちのけで対立候補のクリントン氏をこき下ろすに徹したトランプ氏が世界中の予想を覆し、壮絶なデッドヒートの末に次期大統領になっちゃいました。 なんだかんだ言っても結局はクリントン氏でしょと見られていたのに、この人がアメリカの大統領になったら世界中がえらいことになる!と警鐘を鳴らす人もいたのに、なんで暴言王のトランプ氏?アメリカのニュースでさえ「驚くべき番狂わせ」と言ったこの結果、この先どんなことが起きるのでしょう。 スポンサードリンク 【なぜトランプ氏が勝利した?】 トランプ氏が共和党代表候補として名乗りを挙げたとき、一体誰がこれほどの支持を集めると思ったでしょう。暴言と極論を振りかざす泡沫候補の扱いだったのに。 前大統領のオバマさんは、 【トランプ大統領誕生で何が起きる?】 トランプ大統領の誕生はこれまでに口にしてきた極論政策がどう実行されるかが不透明なため、各方面に混乱をおこすんじゃないかと危惧されております。 実際、トランプ氏が予想以上に選挙人を獲得していく様子が逐一報道されているなかで株価がどーんと一時1.000円くらい下落してました。トランプが大統領になるならドルを売って円を買え!だそうです。 そうなると円高が進んで我が国の輸出産業が困ったことになってしまいます。 トランプ氏が掲げる政策では、次の三つがよく取り上げられました。 移民政策 ヒスパニックは犯罪者ばっかりだ!メキシコとの国境に壁を作ってメキシコ政府に支払わせろ!不法移民を1.000万人自国に強制送還しちまえ! トランプ氏のこういった過激な発言はアメリカ国内では白人至上主義を掲げる団体のKKKに支持されていたようですが、アメリカ以外の国でも人種差別的な動きが活発化しています。今まで思っていても口にするのをためらっていた人たちが、トランプ氏に触発されて声を上げ始めたようです。 安保の見直し トランプ氏は日本と韓国に対して安保条約の見直しが必要と言っていて、日本はアメリカに守ってもらってるんだから在日米軍の駐留費を全部払え、払わないなら撤退してやる!と息巻いています。 アメリカの軍事費は約6.000億ドル、そのうち在日米軍の駐留費は110億ドル少々で、現在日本はそのうちの約75%を負担しています。 撤退されると沖縄の方々は喜ぶかも知れません。しかし、中国がずかずか押し寄せてきそうで怖いわ。日本の上空をひっきりなしに哨戒機がスクランブル発進して飛び回りそう。 日本も韓国も防衛として核を保有してもいいと思う。 トランプ氏の本棚にはかわぐちかいじの沈黙の艦隊が並んでるんだろうか。 むちゃくちゃ面白くて私は25巻を一気読みしちゃったけどさ。 TPP反対 貿易の自由化を進めたからアメリカ国内の産業ががたがたになっちまったんだ!そんなもん止めだ やめ! これはクリントン氏も見直しが必要と言っていたことですが、もしアメリカがTPPから引っ込んでしまうと規約により実効ができなくなります。日本ではTPPに反対している農家さんも多いですが、へろへろのよれよれになりながら交渉に臨んだ甘利さんの頑張りが水泡に帰すことになりますな。甘利さん憤死するんじゃなかろうか。 TPPを進めたオバマさんの任期は12月の末まで。あと2ヶ月を切ってる中で打つ手があるかどうか。 日本でも号外が配られたトランプ氏勝利に、街行く人も不安を口にしていました。為替を扱う人はリスクが読めなくて頭を抱え、カナダの移民サイトは閲覧者が殺到してサーバーがダウンしたまさかの結末。 投票した人たちがイギリスのEU離脱の時のように後悔して、世界中が投票した人たちを恨むことにならなきゃいいのですが。 スポンサードリンク