kawatanienon
-PR-
■VIOラインの脱毛がエステに行かなくても出来るの?!■

清く正しいイメージが売りだったベッキーの不倫騒動はSMAPの解散危機にも大してかすむことなく、所属事務所に多大な損害を与えた挙句に仕事大好き人間だったベッキーをしばらく休業させるところまで追い込みました。

文春記者の直撃を受けた後にやり取りしたと思われる流出Lineの第二弾が致命的にイメージを悪化させちゃいましたが、つくづく思います 不倫は自己責任だけど、こういう男と付き合うからこうなるんだよと。

スポンサードリンク

【どっちもどっちだよね】

涙の謝罪会見前日にやり取りしたらしいLineのキャプチャ画面が新たに公開されたことで、ベッキーを擁護していたタレントもあきれ果てました。この期に及んでまだLineなんぞやってたのかと。

line

ベッキーに自分の立場に対する自覚がこれほどまでになかったことがまずオドロキ。川谷絵音に嫁さんがいる時点で、どう転がっても不倫だし略奪だし。

謝罪会見の時のベッキーの服が映画『Gone Girl』で主人公の不倫相手がしらじらと会見に臨むシーンの衣装にそっくりだったことで「川谷の奥さんに対する宣戦布告か?!」と話題になりましたが、後からこのLineを出されちゃうとその憶測があながち深読みしすぎでもなく感じてしまいますな。

世の奥様方は、女房持ち相手によくぞこんなことを言えるもんだと思うでしょうが、感情がまず第一になる人にとっては相手に家庭があることは頭では分かっていても、ずしん!とくる実感がないうちはフツーの恋愛なのであります。

ばれちゃったことで「これで堂々とできるかも」と言えちゃう川谷絵音の常識のなさ加減と、気持ちはどうあれ相手に結婚相手がいる以上は不倫って呼ばれてしまうことがイマイチ理解できてなかったベッキー。

非常にイタイお2人と言わざるを得ませんわ(苦笑)

スポンサードリンク

【こういう男と不倫してはいけない】

結婚してる自覚がない

川谷絵音は昨年7月に結婚したわけですが、「元カノが忘れられない」と嫁さんに泣きついたという話があります。その後「やっぱりお前を選ぶ」と嫁さんの元に戻ってきたらしいですが、もう意味わかんなくて頭ん中が?マークでぎっしりになってしまう。

あまりにもシングル然と振舞う既婚男子は、結婚と恋愛の違いが分かってないことがあります。そのため、都合が悪くなったら離婚すればいいやと軽く考えているのですぐ「嫁とは別れる」と口にします。

ただ、仮に離婚して不倫相手と再婚したとしても、そもそも『結婚』というものにフツーの恋愛よりちょっと重いもの くらいの認識しかないので、不倫→離婚→再婚を繰り返すのがオチ。前の嫁さんから略奪しても、どこかの誰かに略奪し返される可能性は高いです。

想像力が足りない

目の前のことにだけ熱中してしまうロマンチストは、危機管理という文言が辞書登録されていないので、ばれたらどうなるか、なんていう美味しくないことはいっさい頭に浮かびません。そのためいざ有事!となると頼りないことこの上なしになります。

致命的に想像力が足りないと、いま自分が置かれている状況が絶体絶命だと実感するのに時間がかかるのでものすごく間抜けな対応をしてしまうことがあります。

川谷絵音にもう少し現実的な想像力があれば、ベッキーという大物タレントと付き合っていることが世間にばれた時にお互い、特にベッキーがどれだけのダメージを食らうかを鑑みた付き合いが出来たかも知れんのにと思います。

ぷり子
そういう現実的なことが入り込まないからベッキーは夢中になっちゃったのかも知れないけど

tum子
不倫するのに「この人がいれば何があっても大丈夫」とか思うのは大間違いってこった

【ベッキーはいつまで休むだろう】

不倫でも略奪でもなく、けんちゃんの卒論提出を待ってるよ ありがとう文春heart08-002だったベッキーは、まさか事態がこんな大事になるとは思わなかったでしょうねぇ。

所属するサンミュージックは数年前に酒井法子のお薬逮捕で打撃を受けましたが、その後の事務所を支えてきたベッキーが4億とも5億とも言われる違約金という名の大打撃を与えてしまったことはなんとも皮肉な話です。

事務所発表によると、まったく食べられず夜も寝られずでどんどん痩せてて心身ともに壊れる寸前とのことで、当面の仕事は全部お休みだとか。まさか今でも川谷絵音とやりとりしてるとは思えないけど…実はしてるらしいなんて話もあるけど。

この休業を「禊ぎ」と表現してる記事もありましたが、果たして世間はその「禊ぎ」を受け入れて許すのか。少なくとも『卒論』という破壊力のあるワードが忘れ去られるまでは出てこられんのではないでしょうか。

ま、それもすべて自分のせいなんだけど。

スポンサードリンク

ゲス極川谷絵音にみる不倫相手にすると痛い目を見る男の特徴https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/01/kawatanienon.jpg?fit=500%2C326https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/01/kawatanienon.jpg?resize=150%2C150アイーダしてる側不倫ベッキー,不倫,川谷絵音
-PR- ■VIOラインの脱毛がエステに行かなくても出来るの?!■ 清く正しいイメージが売りだったベッキーの不倫騒動はSMAPの解散危機にも大してかすむことなく、所属事務所に多大な損害を与えた挙句に仕事大好き人間だったベッキーをしばらく休業させるところまで追い込みました。 文春記者の直撃を受けた後にやり取りしたと思われる流出Lineの第二弾が致命的にイメージを悪化させちゃいましたが、つくづく思います 不倫は自己責任だけど、こういう男と付き合うからこうなるんだよと。 スポンサードリンク 【どっちもどっちだよね】 涙の謝罪会見前日にやり取りしたらしいLineのキャプチャ画面が新たに公開されたことで、ベッキーを擁護していたタレントもあきれ果てました。この期に及んでまだLineなんぞやってたのかと。 ベッキーに自分の立場に対する自覚がこれほどまでになかったことがまずオドロキ。川谷絵音に嫁さんがいる時点で、どう転がっても不倫だし略奪だし。 謝罪会見の時のベッキーの服が映画『Gone Girl』で主人公の不倫相手がしらじらと会見に臨むシーンの衣装にそっくりだったことで「川谷の奥さんに対する宣戦布告か?!」と話題になりましたが、後からこのLineを出されちゃうとその憶測があながち深読みしすぎでもなく感じてしまいますな。 世の奥様方は、女房持ち相手によくぞこんなことを言えるもんだと思うでしょうが、感情がまず第一になる人にとっては相手に家庭があることは頭では分かっていても、ずしん!とくる実感がないうちはフツーの恋愛なのであります。 ばれちゃったことで「これで堂々とできるかも」と言えちゃう川谷絵音の常識のなさ加減と、気持ちはどうあれ相手に結婚相手がいる以上は不倫って呼ばれてしまうことがイマイチ理解できてなかったベッキー。 非常にイタイお2人と言わざるを得ませんわ(苦笑) スポンサードリンク 【こういう男と不倫してはいけない】 結婚してる自覚がない 川谷絵音は昨年7月に結婚したわけですが、「元カノが忘れられない」と嫁さんに泣きついたという話があります。その後「やっぱりお前を選ぶ」と嫁さんの元に戻ってきたらしいですが、もう意味わかんなくて頭ん中が?マークでぎっしりになってしまう。 あまりにもシングル然と振舞う既婚男子は、結婚と恋愛の違いが分かってないことがあります。そのため、都合が悪くなったら離婚すればいいやと軽く考えているのですぐ「嫁とは別れる」と口にします。 ただ、仮に離婚して不倫相手と再婚したとしても、そもそも『結婚』というものにフツーの恋愛よりちょっと重いもの くらいの認識しかないので、不倫→離婚→再婚を繰り返すのがオチ。前の嫁さんから略奪しても、どこかの誰かに略奪し返される可能性は高いです。 想像力が足りない 目の前のことにだけ熱中してしまうロマンチストは、危機管理という文言が辞書登録されていないので、ばれたらどうなるか、なんていう美味しくないことはいっさい頭に浮かびません。そのためいざ有事!となると頼りないことこの上なしになります。 致命的に想像力が足りないと、いま自分が置かれている状況が絶体絶命だと実感するのに時間がかかるのでものすごく間抜けな対応をしてしまうことがあります。 川谷絵音にもう少し現実的な想像力があれば、ベッキーという大物タレントと付き合っていることが世間にばれた時にお互い、特にベッキーがどれだけのダメージを食らうかを鑑みた付き合いが出来たかも知れんのにと思います。 【ベッキーはいつまで休むだろう】 不倫でも略奪でもなく、けんちゃんの卒論提出を待ってるよ ありがとう文春だったベッキーは、まさか事態がこんな大事になるとは思わなかったでしょうねぇ。 所属するサンミュージックは数年前に酒井法子のお薬逮捕で打撃を受けましたが、その後の事務所を支えてきたベッキーが4億とも5億とも言われる違約金という名の大打撃を与えてしまったことはなんとも皮肉な話です。 事務所発表によると、まったく食べられず夜も寝られずでどんどん痩せてて心身ともに壊れる寸前とのことで、当面の仕事は全部お休みだとか。まさか今でも川谷絵音とやりとりしてるとは思えないけど…実はしてるらしいなんて話もあるけど。 この休業を「禊ぎ」と表現してる記事もありましたが、果たして世間はその「禊ぎ」を受け入れて許すのか。少なくとも『卒論』という破壊力のあるワードが忘れ去られるまでは出てこられんのではないでしょうか。 ま、それもすべて自分のせいなんだけど。 スポンサードリンク