ケンブリッジ飛鳥

リオ五輪の代表選手が続々と決まってますが、陸上男子100mの代表に選出されたケンブリッジ飛鳥選手がイケメンすぎる!と話題になっています。

選手が持てる力のすべてを出して戦う姿を感動しつつ見るのがオリンピックですが、思わず目が釘付けになるようなイケメン選手を見つけるのもまた、オリンピックの楽しみ。ケンブリッジ飛鳥、相当レベル高いっす!

これだけのイケメンに彼女は果たしているのでしょうか。

スポンサードリンク

【ケンブリッジ飛鳥って日本人?】

ケンブリッジ飛鳥 1993年5月31日 ジャマイカ生れの23歳。フルネームはケンブリッジ飛鳥アントニオです。

父親がジャマイカ人、母親が日本人のハーフで、ジャマイカで2歳まで過ごしその後日本に来ました。父親はレゲエのシンガーだそうで、画像が見当たらなかったのですがドレッドヘアのザ・ジャマイカンって感じの方です。親子でずいぶん畑が違いますね。

ジャマイカチームに混ざって走っていてなんの違和感もない容姿ですが、国籍は日本です。ま、日本代表としてオリンピック出るんだから当たり前か(笑)

ぷり子
やっぱジャマイカの血が入ってるから足早いのね

tum子
駆けっこ遅いジャマイカ人もいるんだろうか

陸上を始めたのは中学に入ってからで、日大文理学部時代にはアジア大会で200mに出場して優勝しています。今年株式会社ドームに入社した社会人アスリートです。

ケンブリッジ飛鳥

陸上短距離というと今にも日本人初の9秒台を出しそうだった桐生祥秀選手が注目されてましたが、6月25日に降りしきる雨の中行なわれたリオ五輪代表選考を兼ねた日本選手権で山縣亮太、桐生祥秀両選手との壮絶なデッドヒートを制して10秒16のタイムで優勝し、見事リオ五輪代表に選ばれました。

スポンサードリンク

【腹筋バキバキ】

ブラックビューティーと言っていいケンブリッジ飛鳥は、顔だけじゃなく身体の方もすごいです。もうバッキバキ。体脂肪率4%だそうです。

ケンブリッジ飛鳥

ふれでぃ
いいねぇ 出べそに市民権を与えてるところもサイコーだね

ぽちゃの山
体脂肪率が1桁じゃプールに入ると沈むんじゃないすか?

陸上トラック競技の選手って男女ともにごりごりの筋肉ついてる人、多いですよね。モザンビークの筋肉聖母と呼ばれたマリア・ムトラ選手なんか、もう性別を完全に超越してたし。

筋肉聖母

※女子選手ですよー

ケンブリッジ飛鳥は2014年にジャマイカに渡って憧れのウサイン・ボルトが所属するクラブでトレーニングを行なった際、ジャマイカ選手と自分の体格差にかなりショックを受けたようです。そこで本格的な肉体改造に取り組んで現在のようなむきむきボディを作り上げたそうです。

現在所属しているドームという会社は、スポーツを通じた社会価値観の創造を理念にして幅広い分野を守備範囲にしています。アスリートにとって最高の環境が用意された会社ですから、最高のサポートを受けて上を目指せるんですね。

長いこと「なんで走るために上半身をむきむきのバキバキにする必要があるんだろう」と不思議に思ってましたが、爆発的な瞬発力を出すためには強靭な上半身が必要なんだそうです。ふむふむ。


【ところで彼女の存在は?】

リオが近づくにつれてさらにイケメン度に注目が集まりそうなケンブリッジ飛鳥ですが、プライベートはどうなってるんでしょう。

現在23歳、生産性も高いお年頃ですから彼女がいても不思議はないですが、今のところこの人!という情報は上がって来ていません。ただ、大学時代には彼女がいたということですから、現在も彼女がいて何ら不思議はないと思います。

日本人の感覚だと、アスリートはただひたむきに競技のことだけ考えて愛だ恋だとは無縁の生活をしている方がすごい みたいに考えてしまいますが、実際は恋人なり嫁さんなりを持ってやることやったほうがリラックスできて試合での成績が良いのだそうです。

ケンブリッジ飛鳥にもそういう意味も含めて支えてくれる女性がきっといるんでしょう。…と、ちょっと下世話な推測。

男子100メートルの世界記録はウサイン・ボルトが持つ9秒58。ケンブリッジ飛鳥のベストタイムは10秒10ですから、まだまだ世界の壁は高いですが、リオでどんな走りを見せてくれるか大いに期待が持てますね!

スポンサードリンク

ケンブリッジ飛鳥イケメンすぎるリオ代表の彼女は?父親も陸上選手?https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/06/ken-asuka2.jpg?fit=500%2C328https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/06/ken-asuka2.jpg?resize=150%2C150アイーダイケメンリオ五輪人物ケンブリッジ飛鳥,リオ
リオ五輪の代表選手が続々と決まってますが、陸上男子100mの代表に選出されたケンブリッジ飛鳥選手がイケメンすぎる!と話題になっています。 選手が持てる力のすべてを出して戦う姿を感動しつつ見るのがオリンピックですが、思わず目が釘付けになるようなイケメン選手を見つけるのもまた、オリンピックの楽しみ。ケンブリッジ飛鳥、相当レベル高いっす! これだけのイケメンに彼女は果たしているのでしょうか。 スポンサードリンク 【ケンブリッジ飛鳥って日本人?】 ケンブリッジ飛鳥 1993年5月31日 ジャマイカ生れの23歳。フルネームはケンブリッジ飛鳥アントニオです。 父親がジャマイカ人、母親が日本人のハーフで、ジャマイカで2歳まで過ごしその後日本に来ました。父親はレゲエのシンガーだそうで、画像が見当たらなかったのですがドレッドヘアのザ・ジャマイカンって感じの方です。親子でずいぶん畑が違いますね。 ジャマイカチームに混ざって走っていてなんの違和感もない容姿ですが、国籍は日本です。ま、日本代表としてオリンピック出るんだから当たり前か(笑) 陸上を始めたのは中学に入ってからで、日大文理学部時代にはアジア大会で200mに出場して優勝しています。今年株式会社ドームに入社した社会人アスリートです。 陸上短距離というと今にも日本人初の9秒台を出しそうだった桐生祥秀選手が注目されてましたが、6月25日に降りしきる雨の中行なわれたリオ五輪代表選考を兼ねた日本選手権で山縣亮太、桐生祥秀両選手との壮絶なデッドヒートを制して10秒16のタイムで優勝し、見事リオ五輪代表に選ばれました。 スポンサードリンク 【腹筋バキバキ】 ブラックビューティーと言っていいケンブリッジ飛鳥は、顔だけじゃなく身体の方もすごいです。もうバッキバキ。体脂肪率4%だそうです。 陸上トラック競技の選手って男女ともにごりごりの筋肉ついてる人、多いですよね。モザンビークの筋肉聖母と呼ばれたマリア・ムトラ選手なんか、もう性別を完全に超越してたし。 ※女子選手ですよー ケンブリッジ飛鳥は2014年にジャマイカに渡って憧れのウサイン・ボルトが所属するクラブでトレーニングを行なった際、ジャマイカ選手と自分の体格差にかなりショックを受けたようです。そこで本格的な肉体改造に取り組んで現在のようなむきむきボディを作り上げたそうです。 現在所属しているドームという会社は、スポーツを通じた社会価値観の創造を理念にして幅広い分野を守備範囲にしています。アスリートにとって最高の環境が用意された会社ですから、最高のサポートを受けて上を目指せるんですね。 長いこと「なんで走るために上半身をむきむきのバキバキにする必要があるんだろう」と不思議に思ってましたが、爆発的な瞬発力を出すためには強靭な上半身が必要なんだそうです。ふむふむ。 【ところで彼女の存在は?】 リオが近づくにつれてさらにイケメン度に注目が集まりそうなケンブリッジ飛鳥ですが、プライベートはどうなってるんでしょう。 現在23歳、生産性も高いお年頃ですから彼女がいても不思議はないですが、今のところこの人!という情報は上がって来ていません。ただ、大学時代には彼女がいたということですから、現在も彼女がいて何ら不思議はないと思います。 日本人の感覚だと、アスリートはただひたむきに競技のことだけ考えて愛だ恋だとは無縁の生活をしている方がすごい みたいに考えてしまいますが、実際は恋人なり嫁さんなりを持ってやることやったほうがリラックスできて試合での成績が良いのだそうです。 ケンブリッジ飛鳥にもそういう意味も含めて支えてくれる女性がきっといるんでしょう。…と、ちょっと下世話な推測。 男子100メートルの世界記録はウサイン・ボルトが持つ9秒58。ケンブリッジ飛鳥のベストタイムは10秒10ですから、まだまだ世界の壁は高いですが、リオでどんな走りを見せてくれるか大いに期待が持てますね! スポンサードリンク