のん(能年玲奈)

元・能年玲奈の「のん」がアニメ作品『この世界の片隅に』で声優初主演をしてますが、この声の破壊力がいい意味ですごい!と公開を控えて話題になっております。

個人事務所設立のごたごたで絵に描いたような干され方を続け、本名なのに名乗れないというややこしくも悲しい状況に置かれている「のん」。朝ドラ「あまちゃん」のイメージが強烈すぎて若干損したところもありましたが、この子の底力、すごいっす。

スポンサードリンク

【超素人のリアルさ】

11月12日から公開される『この世界の片隅に』は、こうの史代のマンガが原作のアニメ映画です。クラウドファンディングで多くの支持を得て制作費を集めたことでも話題になりました。

konosekai2

太平洋戦争まっ只中の1944年、広島市から呉市に嫁いだ絵を描くことが大好きな18歳のすずは、物資が乏しい中けなげに生きていく…と、一言で説明するとずいぶん陳腐なお話みたいですね(苦笑)そんなことないです。

戦時中の広島がどんなだったのかを徹底的に取材した上で、それが日常であってはならないことを日常として受け入れて生きる当時の人々のリアルな息遣いを柔らかな絵柄で描いています。

のんは主役のすずの声を担当していますが、上手いとか下手とかを超越してます。

プロの声優の安心感はありません。のんは声優としては素人です。しかし、見ていてだんだん切なくなるようなドキュメンタリーのナレーションをそのドキュメンタリーの主役が淡々とやってるようなリアルさが胸に刺さります。

すずは顔もよく知らない人のところに嫁ぎなさいと言われて大した疑問も持たずに嫁いだのに辛いだ苦しいだと愚痴ることもないとことん受け身のほや~っとした女の子ですが、のんという女優はこれを演技でやってるのか素でやってるのかどっちだ?と思ってしまいます。

スポンサードリンク

【戦争の悲惨さは前面に出ない が、泣ける】

このお話、反戦テーマのお涙頂戴アニメではありません。戦争というBGMが流れる中で質素に暮らしている人たちが静かに描かれています。

しかし、戦争がいつ、どんな風に終わったかを歴史の授業やテレビで知ってる立場で見ていると、もう、胸が苦しい(涙)呉って造船所があるから他のところより爆撃が頻繁だったそうですが、そんな中で何も悪いことしてないのに目の前に過酷な日常を置かれ、それを受け入れて一生懸命少しでも笑顔で暮らそうとしてるだけなのに…と思うと、涙がだらだらです。

舞台が呉なので戦艦が出てきますが、水彩画のようなタッチでこれまたリアルに描かれています。艦これファンが見ても満足度が高そうですね。

辛口の映画評論家の町山さんが大絶賛した『この世界の片隅に』。しっかり涙活して戦争のない今の世の中の有難みをかみ締めるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

アニメ『この世界の片隅に』のん(能年玲奈)が魅せた声優力で涙活需要が大?http://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/11/nonenrena.jpg?fit=1024%2C1024http://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/11/nonenrena.jpg?resize=150%2C150アイーダ番組・映画映画,能年玲奈
元・能年玲奈の「のん」がアニメ作品『この世界の片隅に』で声優初主演をしてますが、この声の破壊力がいい意味ですごい!と公開を控えて話題になっております。 個人事務所設立のごたごたで絵に描いたような干され方を続け、本名なのに名乗れないというややこしくも悲しい状況に置かれている「のん」。朝ドラ「あまちゃん」のイメージが強烈すぎて若干損したところもありましたが、この子の底力、すごいっす。 スポンサードリンク 【超素人のリアルさ】 11月12日から公開される『この世界の片隅に』は、こうの史代のマンガが原作のアニメ映画です。クラウドファンディングで多くの支持を得て制作費を集めたことでも話題になりました。 太平洋戦争まっ只中の1944年、広島市から呉市に嫁いだ絵を描くことが大好きな18歳のすずは、物資が乏しい中けなげに生きていく…と、一言で説明するとずいぶん陳腐なお話みたいですね(苦笑)そんなことないです。 戦時中の広島がどんなだったのかを徹底的に取材した上で、それが日常であってはならないことを日常として受け入れて生きる当時の人々のリアルな息遣いを柔らかな絵柄で描いています。 のんは主役のすずの声を担当していますが、上手いとか下手とかを超越してます。 プロの声優の安心感はありません。のんは声優としては素人です。しかし、見ていてだんだん切なくなるようなドキュメンタリーのナレーションをそのドキュメンタリーの主役が淡々とやってるようなリアルさが胸に刺さります。 すずは顔もよく知らない人のところに嫁ぎなさいと言われて大した疑問も持たずに嫁いだのに辛いだ苦しいだと愚痴ることもないとことん受け身のほや~っとした女の子ですが、のんという女優はこれを演技でやってるのか素でやってるのかどっちだ?と思ってしまいます。 スポンサードリンク 【戦争の悲惨さは前面に出ない が、泣ける】 このお話、反戦テーマのお涙頂戴アニメではありません。戦争というBGMが流れる中で質素に暮らしている人たちが静かに描かれています。 しかし、戦争がいつ、どんな風に終わったかを歴史の授業やテレビで知ってる立場で見ていると、もう、胸が苦しい(涙)呉って造船所があるから他のところより爆撃が頻繁だったそうですが、そんな中で何も悪いことしてないのに目の前に過酷な日常を置かれ、それを受け入れて一生懸命少しでも笑顔で暮らそうとしてるだけなのに…と思うと、涙がだらだらです。 舞台が呉なので戦艦が出てきますが、水彩画のようなタッチでこれまたリアルに描かれています。艦これファンが見ても満足度が高そうですね。 辛口の映画評論家の町山さんが大絶賛した『この世界の片隅に』。しっかり涙活して戦争のない今の世の中の有難みをかみ締めるのもいいかもしれません。 スポンサードリンク