会いたい

W不倫はおいしいとこ取りと言われます。確かに客観視すればその通りですが、おいしいとこ取りと言うには辛すぎて気が狂いそう!という人も多いです。

会えない間、24時間相手のことだけを思い続け、家事も仕事も上の空。やたら疑心暗鬼になり、鳴らない携帯片手にイライラしたり悲しくなって、もはや気持はぼろぼろ。でもそこから逃れるために別れることも出来ない。

一体この気持をどうしてくれる?!

スポンサードリンク

【なぜ彼が特別なのか】

恋は障害が多いほど燃えると言います。恋心の燃料は障害であると言ってもいい。

結婚までにさしたる苦労のないぬるい恋愛しかしてこなかった人にとっては、会いたいときに会えないどころか電話もメールも自由にできないこの関係は恋心への燃料の過剰供給なので、自分でもコントロールできないくらいにヒートアップしやすいようです。

また、これまで母・妻としての生活が当たり前で自分の中の「女」の部分を意識せずに暮らしていた人にとっては、ダンナさん以外の人と関係を持った(持ちそう)途端にストッパーが外れて「女」がだだ漏れになります。これは非常事態です。

結婚してる身で「女」をだだ漏れにしているのは道徳的にかなり恥ずかしいと感じる人は、その受け皿である相手を「自分を理解してくれる唯一の人」として特別に思いやすいようです。

家にはダンナさんというれっきとした男性がいるのですが、残念なことにダンナさんという種族は「女」を見せるにはあまりに日常に溶け込みすぎていて対象外なんですよね。女性にとっての「女」の部分って、対男性への武器なのかもしれません。ダンナさんはもう手に入っているから狩る必要がない。

■会いたくてたまらないと思わせるアイテム満載■

【なぜ彼らはこんなに辛い思いをさせる?】

W不倫の関係に辛さを感じている人の、その辛さの原因はさまざまです。

・連絡を待つのが辛い

相手の都合待ちの付き合いはひたすら待ってる日々を送らざるを得ないことが多いです。連絡がない間、他の女性と遊んでいるんじゃないかとか、たった一言のメールすら出来ないってことは全然思われてないんじゃないかとキツくなります。

そのクセ会うときには甘い言葉をささやいてくるので、何を考えているんだか分かりません。

連絡の頻度は、相手の性格によります。
会えない間にマメにメールなり電話なりよこしてくる人は、恋してる自分を感じるのが好きな人です。こういう人は頻度が落ちてくる=気持が少し離れて来ている と分かりやすい。

こちらからメールしてもろくに返事をよこさない人は、あなたの気持が自分にちゃんと向いていることを確認できたところでひとまず完結して満足しています。それに返事をしないことであなたが寂しい思いをしているところにまで考えが及んでいません。

・自分のために時間を作ろうとしてくれない

忙しいと言いながらfacebookを覗いてみると楽しそうに遊んでいる。なんで私のために時間を作ろうとしないんだろう。

男の脳みそは引き出しが一つしかありません。そのため優先順位の付け方が大雑把です。彼には彼なりに、友達づきあいを優先したい事情があるんでしょう。お金もかかることだし。優先順位の1位になれないことは悔しいですが、彼女と会うことが優先順位の1位になる男性はあまり信用できません。のぼせ上がっている状態から冷めるのも早いです。

・彼の言葉を信じられない

世界で一番好きだ 愛してる。子どもが成人したら一緒になろう。いつも君のことを思っている… 彼はこう言ってくれるけど、他の人にも同じことを言ってるんじゃないかと疑ってしまって辛い。

これは本人の性格の問題です。
自分に自信がなくて彼の言葉や態度で自信の裏打ちをしたいんだけど、信じて裏切られるのが怖いために信じられない。これは、その気持を証明するものが存在しないためにないものねだりをしている状態。それこそ気持の証として指でも詰めてもらわないと納得できないでしょう。

こういう人は自分の根っこにある傷と向き合って克服しないと、疑ってるのが辛くて別れてもまた別の人を見つけて同じことを繰り返します。

スポンサードリンク

【別れるか続けるか】

体調崩したり思いつめて極端な行動に走りそうな人は一度その関係から離れてみたほうがいいだろうと思います。社会的にもね。

辛さと会うことで得られる幸福感を天秤にかけてみて、まだ幸福感の方が重いのであれば、自分の気持を素直に打ち明けてみたほうがいい。

私は相手を信じられなくて慢性的にぐじゃぐじゃしている友人の相談役を長いことしていたことがあります。彼女の場合は母親に認めてもらえてないという根深い思いが巣くっていて、自分を無条件で認めてくれる相手にかなり依存していました。

ただ、依存が強いために捨てられ不安も半端ない。信じて裏切られるのが怖いもんだから、信じられない理由をいつも探してるような感じでした。

お陰で私は朝一番にメールでたたき起こされて、何事だろうかと思ったら「別れようと思う」。その理由は「PTAの会合で○○さんと親しげに話をしてたから私に飽きたんだと思う」等々…。こんなことが毎月あるんですな。もう呆れて真面目に話を聞く気にもならず、こんな返事を返してました。
『さわやかな朝にメールが届き 私はうっすらと目を開ける。小鳥たちが窓の外でささやく。 またですか?』

この友人とお相手は10年近く続きました。私が男だったらこんなめんどくさい女、即座に捨てるわ!とよく言ってましたが、そのうち自分が抱えていた傷に向き合うことができるようになったのでなんとなく会う気がしなくなったらしい。

口が堅くて客観的な意見をくれる友人がいるなら、相談してみるのもいいかもしれません。

ただ、一つだけ言えることは、W不倫は自分を押し殺してまで続ける価値のある関係ではないってことです。いなくなっても死にはしません。玉砕覚悟で言いたいことを言えばいいと思います。言いたいことを言った結果、以前よりずっといい関係になれることだってありますから。

スポンサードリンク

【W不倫】なぜ自分だけこんなに会いたい気持が募って辛いのだろうhttps://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/11/aitai.jpg?fit=500%2C331https://i2.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2015/11/aitai.jpg?resize=150%2C150アイーダしてる側不倫W不倫,会いたい
W不倫はおいしいとこ取りと言われます。確かに客観視すればその通りですが、おいしいとこ取りと言うには辛すぎて気が狂いそう!という人も多いです。 会えない間、24時間相手のことだけを思い続け、家事も仕事も上の空。やたら疑心暗鬼になり、鳴らない携帯片手にイライラしたり悲しくなって、もはや気持はぼろぼろ。でもそこから逃れるために別れることも出来ない。 一体この気持をどうしてくれる?! スポンサードリンク 【なぜ彼が特別なのか】 恋は障害が多いほど燃えると言います。恋心の燃料は障害であると言ってもいい。 結婚までにさしたる苦労のないぬるい恋愛しかしてこなかった人にとっては、会いたいときに会えないどころか電話もメールも自由にできないこの関係は恋心への燃料の過剰供給なので、自分でもコントロールできないくらいにヒートアップしやすいようです。 また、これまで母・妻としての生活が当たり前で自分の中の「女」の部分を意識せずに暮らしていた人にとっては、ダンナさん以外の人と関係を持った(持ちそう)途端にストッパーが外れて「女」がだだ漏れになります。これは非常事態です。 結婚してる身で「女」をだだ漏れにしているのは道徳的にかなり恥ずかしいと感じる人は、その受け皿である相手を「自分を理解してくれる唯一の人」として特別に思いやすいようです。 家にはダンナさんというれっきとした男性がいるのですが、残念なことにダンナさんという種族は「女」を見せるにはあまりに日常に溶け込みすぎていて対象外なんですよね。女性にとっての「女」の部分って、対男性への武器なのかもしれません。ダンナさんはもう手に入っているから狩る必要がない。 ■会いたくてたまらないと思わせるアイテム満載■ 【なぜ彼らはこんなに辛い思いをさせる?】 W不倫の関係に辛さを感じている人の、その辛さの原因はさまざまです。 ・連絡を待つのが辛い 相手の都合待ちの付き合いはひたすら待ってる日々を送らざるを得ないことが多いです。連絡がない間、他の女性と遊んでいるんじゃないかとか、たった一言のメールすら出来ないってことは全然思われてないんじゃないかとキツくなります。 そのクセ会うときには甘い言葉をささやいてくるので、何を考えているんだか分かりません。 連絡の頻度は、相手の性格によります。 会えない間にマメにメールなり電話なりよこしてくる人は、恋してる自分を感じるのが好きな人です。こういう人は頻度が落ちてくる=気持が少し離れて来ている と分かりやすい。 こちらからメールしてもろくに返事をよこさない人は、あなたの気持が自分にちゃんと向いていることを確認できたところでひとまず完結して満足しています。それに返事をしないことであなたが寂しい思いをしているところにまで考えが及んでいません。 ・自分のために時間を作ろうとしてくれない 忙しいと言いながらfacebookを覗いてみると楽しそうに遊んでいる。なんで私のために時間を作ろうとしないんだろう。 男の脳みそは引き出しが一つしかありません。そのため優先順位の付け方が大雑把です。彼には彼なりに、友達づきあいを優先したい事情があるんでしょう。お金もかかることだし。優先順位の1位になれないことは悔しいですが、彼女と会うことが優先順位の1位になる男性はあまり信用できません。のぼせ上がっている状態から冷めるのも早いです。 ・彼の言葉を信じられない 世界で一番好きだ 愛してる。子どもが成人したら一緒になろう。いつも君のことを思っている… 彼はこう言ってくれるけど、他の人にも同じことを言ってるんじゃないかと疑ってしまって辛い。 これは本人の性格の問題です。 自分に自信がなくて彼の言葉や態度で自信の裏打ちをしたいんだけど、信じて裏切られるのが怖いために信じられない。これは、その気持を証明するものが存在しないためにないものねだりをしている状態。それこそ気持の証として指でも詰めてもらわないと納得できないでしょう。 こういう人は自分の根っこにある傷と向き合って克服しないと、疑ってるのが辛くて別れてもまた別の人を見つけて同じことを繰り返します。 スポンサードリンク 【別れるか続けるか】 体調崩したり思いつめて極端な行動に走りそうな人は一度その関係から離れてみたほうがいいだろうと思います。社会的にもね。 辛さと会うことで得られる幸福感を天秤にかけてみて、まだ幸福感の方が重いのであれば、自分の気持を素直に打ち明けてみたほうがいい。 私は相手を信じられなくて慢性的にぐじゃぐじゃしている友人の相談役を長いことしていたことがあります。彼女の場合は母親に認めてもらえてないという根深い思いが巣くっていて、自分を無条件で認めてくれる相手にかなり依存していました。 ただ、依存が強いために捨てられ不安も半端ない。信じて裏切られるのが怖いもんだから、信じられない理由をいつも探してるような感じでした。 お陰で私は朝一番にメールでたたき起こされて、何事だろうかと思ったら「別れようと思う」。その理由は「PTAの会合で○○さんと親しげに話をしてたから私に飽きたんだと思う」等々…。こんなことが毎月あるんですな。もう呆れて真面目に話を聞く気にもならず、こんな返事を返してました。 『さわやかな朝にメールが届き 私はうっすらと目を開ける。小鳥たちが窓の外でささやく。 またですか?』 この友人とお相手は10年近く続きました。私が男だったらこんなめんどくさい女、即座に捨てるわ!とよく言ってましたが、そのうち自分が抱えていた傷に向き合うことができるようになったのでなんとなく会う気がしなくなったらしい。 口が堅くて客観的な意見をくれる友人がいるなら、相談してみるのもいいかもしれません。 ただ、一つだけ言えることは、W不倫は自分を押し殺してまで続ける価値のある関係ではないってことです。いなくなっても死にはしません。玉砕覚悟で言いたいことを言えばいいと思います。言いたいことを言った結果、以前よりずっといい関係になれることだってありますから。 スポンサードリンク