maruyama

人種差別的でオバマ大統領を愚弄する内容ともとれる発言をして集中砲火を浴びている自民党の丸山和也参議院議員。議事録からの削除のお願いと発言の釈明を行ったものの、どうやら若干開き直り気味です。

野党は丸山議員の議員辞職決議を提出しましたが、「辞めないよ。なんで辞めにゃならんの?」とでも言いたげな丸山議員ですが、なんかこの人、政治家として以前にすごく大きな問題がある気がする…。

スポンサードリンク

【丸山議員は何が言いたかった?】

問題の発言は2月17日に国会で開かれた参議院憲法審査会で質問に立った丸山議員の「日本がアメリカの51番目の州になることに憲法上どんな問題があるのか」という質問の流れの中で出てきました。

日本がアメリカの51番目の州になる という発想がまず想像の上を行くのでぽかんとしてしまうのですが、もし日本がアメリカの51番目の州になったら集団的自衛権も安保条約も問題ないし拉致問題もおきてなかっただろう。というようなことを言ってます。

滋味井平次老人
途中から話の時系列がごちゃごちゃになってて意味が分からん。これから51番目の州になるとしたら、という話ではないのか?

で、その後アメリカの下院の議員数割合の話が出てきて、キング牧師の公民権運動の話になり、アメリカという国は昔からすれば想像もできなかったダイナミックな変革をしていく国だということの例えとして問題の発言が飛び出しました。

「いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引く、ね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。」

tum子
諸国のダイナミックな変革の例えに使うなら、1918年まで女性に参政権がなかったイギリスとドイツに鉄の女サッチャー首相やメルケル首相が誕生したことを持ってきたほうがインパクトは足らなくても100倍ましだったのに

ふれでぃ
そもそもハワイ生れのオバマはケニア人のインテリだった父親とヨーロッパ人の母親の間に生まれたから奴隷云々とは関係ないし

アメリカにおいての黒人差別問題は、ベトナム戦争の時代には南部の出身かそうじゃないかで黒人同士であっても差別があったと言われるくらいものすごーーーくデリケートな問題です。島国育ちの日本人にはイマイチ肌感覚で理解しきれないんだから、軽々しく口にすべきじゃないと思うんですよね。ましてや国会議員が。

スポンサードリンク

【釈明会見で開き直る】

問題発言の後、丸山議員は件の発言の釈明会見を行ない、「誤解を与える発言があったかも知れない」としました。うん、問題発言の釈明では必ず使われる定型の文言ですわね。

しかし、「先ほどの憲法審査会で、私の意図と違う発言をしてしまったと認識している。どこがまずかったか精査した上で議事録の修正・削除をしたい」とも言っておりまして。

ぷり子
え?どこが悪かったか分からんと?

ふれでぃ
あの発言は下手な翻訳をされたらその場で撃たれても文句が言えないレベルだよ

丸山議員は質問に立った際の発言全体ではなく、一部分だけを取り上げられることに不満を口にしており、「真意と真逆の捉えられ方をしたことがまことに不本意」「怒りを覚える」と開き直り&逆切れな感じです。

発言には責任を持ちましょうというのは誰でも心がけるべきことです。政治家はそのハードルがぐーーんと高く、より責任があるはずなのですが、公的な記録に残らなければなんとかなる みたいな雰囲気を感じます。

なにより、この人はもともと弁護士なのに、こんな言わんとすることがまったく伝わらず炎上してしまう発言を平然としてしまうことが大問題。

正しく捉えない方が悪いと丸山議員は思っているようですが、ストレートに伝わらない話しか出来なかった方がもっと悪いと思う。この人、弁護士時代も法廷でこんな何が言いたいのか伝わらん上に良識を疑うような話をしてたんだろうか。

今回の問題発言の責任をとって、丸山議員は参院憲法審委員を辞任しましたが、野党からの議員辞職勧告決議案の提出については「不条理だ!」と辞職の意思はないことを表明しました。

自民党幹事長の谷垣禎一法務大臣に国会内で口頭注意を受けたそうですが、谷垣さんも元は弁護士です。一体なんと言って叱られたのか、ちょっと興味があります。

スポンサードリンク

「奴隷が大統領に」発言の釈明で開き直る丸山和也議員の致命的にアカンところhttps://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/maruyama.jpg?fit=450%2C335https://i1.wp.com/yonimaji.net/wp-content/uploads/2016/02/maruyama.jpg?resize=150%2C150アイーダニュースおじさん,丸山和也,政治,議員
人種差別的でオバマ大統領を愚弄する内容ともとれる発言をして集中砲火を浴びている自民党の丸山和也参議院議員。議事録からの削除のお願いと発言の釈明を行ったものの、どうやら若干開き直り気味です。 野党は丸山議員の議員辞職決議を提出しましたが、「辞めないよ。なんで辞めにゃならんの?」とでも言いたげな丸山議員ですが、なんかこの人、政治家として以前にすごく大きな問題がある気がする…。 スポンサードリンク 【丸山議員は何が言いたかった?】 問題の発言は2月17日に国会で開かれた参議院憲法審査会で質問に立った丸山議員の「日本がアメリカの51番目の州になることに憲法上どんな問題があるのか」という質問の流れの中で出てきました。 日本がアメリカの51番目の州になる という発想がまず想像の上を行くのでぽかんとしてしまうのですが、もし日本がアメリカの51番目の州になったら集団的自衛権も安保条約も問題ないし拉致問題もおきてなかっただろう。というようなことを言ってます。 で、その後アメリカの下院の議員数割合の話が出てきて、キング牧師の公民権運動の話になり、アメリカという国は昔からすれば想像もできなかったダイナミックな変革をしていく国だということの例えとして問題の発言が飛び出しました。 「いまアメリカは黒人が大統領になっているんですよ。黒人の血を引く、ね。これは奴隷ですよ、はっきり言って。」 アメリカにおいての黒人差別問題は、ベトナム戦争の時代には南部の出身かそうじゃないかで黒人同士であっても差別があったと言われるくらいものすごーーーくデリケートな問題です。島国育ちの日本人にはイマイチ肌感覚で理解しきれないんだから、軽々しく口にすべきじゃないと思うんですよね。ましてや国会議員が。 スポンサードリンク 【釈明会見で開き直る】 問題発言の後、丸山議員は件の発言の釈明会見を行ない、「誤解を与える発言があったかも知れない」としました。うん、問題発言の釈明では必ず使われる定型の文言ですわね。 しかし、「先ほどの憲法審査会で、私の意図と違う発言をしてしまったと認識している。どこがまずかったか精査した上で議事録の修正・削除をしたい」とも言っておりまして。 丸山議員は質問に立った際の発言全体ではなく、一部分だけを取り上げられることに不満を口にしており、「真意と真逆の捉えられ方をしたことがまことに不本意」「怒りを覚える」と開き直り&逆切れな感じです。 発言には責任を持ちましょうというのは誰でも心がけるべきことです。政治家はそのハードルがぐーーんと高く、より責任があるはずなのですが、公的な記録に残らなければなんとかなる みたいな雰囲気を感じます。 なにより、この人はもともと弁護士なのに、こんな言わんとすることがまったく伝わらず炎上してしまう発言を平然としてしまうことが大問題。 正しく捉えない方が悪いと丸山議員は思っているようですが、ストレートに伝わらない話しか出来なかった方がもっと悪いと思う。この人、弁護士時代も法廷でこんな何が言いたいのか伝わらん上に良識を疑うような話をしてたんだろうか。 今回の問題発言の責任をとって、丸山議員は参院憲法審委員を辞任しましたが、野党からの議員辞職勧告決議案の提出については「不条理だ!」と辞職の意思はないことを表明しました。 自民党幹事長の谷垣禎一法務大臣に国会内で口頭注意を受けたそうですが、谷垣さんも元は弁護士です。一体なんと言って叱られたのか、ちょっと興味があります。 スポンサードリンク